インターンで使うビジネス用語ってありますか?

インターンで使うビジネス用語ってありますか?

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

以下の5つの単語を押さえておきましょう!

アジェンダ ファクト ロジック MECE KPI
 
アジェンダ

元々は予定表を意味する単語です。

これは主に会議・ミーティングの場で用いられることが多く「会議で話し合う項目・目的・時間配分が記入してある会議の進行表」という意味で使用されます。

ファクト

これは英語の直訳通り「事実」という意味です。

誰かが発言したときに「その内容はファクトが取れているか」などのように使われます。

ロジック

「論理」のこと。

「その意見のロジックが分からない」などのように使います。

MECE

Mutually Exclusive and Collectively Exhausiveの略で「漏れ・ダブりなく」といった意味で使われます。

読み方は「ミーシー」です。

KPI

Key Performance Indicaterの略で、企業の目標の達成のために位置づけられた主要な業績評価の項目・指標のことをいいます。

インターンではこのような横文字が多く使われます。

必ず覚える必要はありませんが、覚えておくことで意思疎通を円滑にすることができます。

以下の記事に出てくる横文字は抑えておくことをおすすめします。

【関連記事】何問わかる?インターンでよく使われる横文字クイズ ただし、覚えることができた方には注意点があります。

正しく覚えられているの?

横文字を使ううえで1番やってはいけないことは「間違った使い方をすること」です。

・意味は伝わらない ・カッコ悪く見られる ・企業から低い評価を受ける など、散々な結果になってしまいます。

使いすぎてない?

覚えたからといって、使い過ぎてしまうことに注意しましょう。

横文字を使用する目的は「議論をより円滑にするため」です。

・理解していない相手に使ってしまっていないか? ・そのときに使うことでむしろ議論を止めてしまっていないか? など、相手やタイミングを見極めて使わなければいけません。

【関連記事】

【何問わかる?】インターンでよく使われる横文字クイズ | 記事一覧

就活でよく耳にする横文字 「このクライアントのアセットを考えると…」「いつまでにフィックスする?」など就活中、特にインターンの場になると横文字のビジネス用語が使われる場面が増えてきます。

業界にもよるのですが、外資系のコンサルティングファームや外資系金融機関、IT系企業では比較的

【内定直結】外資系企業・ベンチャー企業のインターンで活躍する学生の3つの特徴 | 記事一覧

インターンで内定直結もしくは有利になる インターンとは、就業体験の場になります。

ただ、企業によっては、内定に直結するインターンを行うところもあります。

インターンシップに参加するのが不安。

緊張をほぐすためのコツとは? | 記事一覧

インターンで緊張するのはプレッシャーや不安が原因 就職活動が始まり、様々な企業のインターンシップに参加をする就活生は多いでしょう。

インターンシップの内容は、企業によって異なります。

実際に会社で働いている社会人の先輩方と一緒に実務的な体験ができるインターンもあれば、会社説明や業務

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます