ページのトップへ戻る

ウェブテスト

2019/8/05

【選考対策】性格検査で押さえるべきポイント

2019/8/05

Webテストの対策で見落としがちな性格診断。
しかし選考の合否に関わる大事な部分であることを知っていましたか?
今回は、性格検査の評価ポイント・対策ポイントについてまとめました。ここを踏まえてWebテストに臨んでいただきたいです。

 

そもそも性格検査とは?

 

性格検査(=personality test)とは、パーソナリティを把握するための心理検査であり、選考の際に取り入れられている適性検査の一種です。

就活では多くの企業が用いています。
自社の仕事に向いている性格か、また面接だけでは見抜くことができないパーソナリティの部分を把握するために用いられます。

能力検査の対策をしている学生は多いですが、性格検査まで対策をしている学生は少ないです。

「性格診断には、正解なんてない。」
「性格診断に良い、悪いなんてない。」
「対策なんてしなくていい。」

そんなことはありません。

Webテストの難易度トップレベルの外資系企業に通過したにも関わらず、同じテスト結果を同業界の日系企業の選考に利用して落ちてしまったということもあります。

落ちた要因は、日系企業と外資系企業で求められる性格が異なるからです。

一言で「チームで働くこと」と「個人で働くこと」のどちらが得意であるかという点になります。

日系企業では 協調性や人当たりの良さが重視されます。
飲みニケーションという言葉があるように、仕事とプライベートを分けずに働くことや、成果はチームで出していくという特徴があります。

一方、外資系企業は 成果主義と個人主義の傾向が強いです。
実力に見合った評価がされる環境が用意されているので、個人の能力に自信を持ち、今後も圧倒的な実績を残していこうとする人が多いです。
日系企業としては、どんなに個人で優秀な人材だとしても、チームワークが苦手な人は入社させづらくなります。

これは極端な話ですが、性格検査の重要性が分かるのではないでしょうか。

 

 

性格検査の目的は?

 

性格検査には3つの目的があります。

・企業との相性を測る
・スクリーニング
・面接の材料にする

 

企業との相性を測る

活躍している社員と性格・傾向が似ているかを診断し、企業との相性を測る目的で行います。

企業によりますが、社員を対象に性格診断を行っています。
社内で性格と傾向のデータを集めると、ある程度の傾向が見えてきます。
社内で成果を出している社員と近い性格・傾向を持った学生が入社後成果を出す可能性が高いと判断され、選考を通過することができます。

分かりやすく説明します。

活躍している(社員A)がいたとします。
人事は、(社員A)がもう1人欲しいと考えます。
しかし、(社員A)という人はその人しかいません。
その人に近い性格・傾向を持った学生を、(社員A)に近い能力を持った人材、いわゆる疑似(社員A)として、採用したいと考えます。

優秀な社員を分析することが必要になります。
しかし、嘘をついて優秀な社員に合わせにいくことは良くありません。
ここでは、企業と学生のマッチ度が選考基準となります。
優秀な人材であるかというスクリーニングと異なり、自社にあった人材であるかという部分を判別するものになるので、ごまかさないことが大切です。

 

スクリーニング

ネットで企業に出願できるようになって以来、知名度のある大企業により多くの就職希望の学生が集まり、企業側も選考に時間がかかるようになってしまいました。
企業が選考を効率的に進めるためにも、スクリーニング目的で用います。

ここで、ビッグファイブ理論について説明します。
性格とは、個人に内在する特徴や傾向の違いです。
性格の違いを最も的確に正しくとらえることのできる軸として、5つに分類されています。(参照:ビックファイブ理論)

・開放性 ー 知的好奇心
・誠実性 ー 自己統制力やまじめさ
・外向性 ー 社交性や活動性
・協調性 ー 利他性や協調性
・神経症傾向 ー ストレス耐性

適性検査の多くで、この5つの軸が見られています。

適性検査をスクリーニングで用いるということは、企業側が正解を持っているということです。
正解を基準に、優劣をつけていることになります。
企業分析を行うことが大切になるでしょう。

 

面接の材料にする

性格検査を含むWebテストの選考を通過すると、次は面接が始まります。
適性検査の結果を確認しながら、面接は進められることが多いです。
面接では、ESと併せてその人の性格に一貫性があるか見られます。
矛盾点があると嘘をついている可能性があるとして、印象が悪くなってしまいます。
自己分析を通じて、自分の人間性を理解した上で、それぞれが矛盾しないように答えることが大切です。

 

 

【種類別】性格検査の質問例・回答例を一挙紹介

 

質問の種類


①職種に合わせて回答したい質問

「コンサルなどロジカルシンキングが必要な職種」の場合

Q.物事を深く考えすぎる傾向がある
A.「あてはまる」が良い
→考えることが苦手な人はコンサルなどの職種に向いていない


②企業の風土に合わせて回答したい質問

「結果重視の企業」の場合

Q.思いやりがないのはよくないor不合理であるのはよくない
A.「不合理であるのはよくない」を選択する
→結果を出すことが重視されているため、合理性を持って臨むことが大切


③正解が決まっている質問

Q.嘘をよくつくほうだ
A.「いいえ」を選択
→嘘をよくつく人は採用される可能性が低い


④バランスの取れた回答が望ましい質問

Q.落ち込みやすい方だ
A.「どちらかといえばあてはまる」「どちらかといえばあてはまらない」が良い
→「あてはまる」責任感がある一方で、失敗したときに落ち込みすぎる印象
→「あてはまらない」落ち込まないことで楽観的であるが、責任感がないという印象

 

回答の種類

・2択
「はい」or「いいえ」 / 「Aに近い」or「Bに近い」

・4択
「あてはまる」「どちらかといえばあてはまる」「どちらかといえばあてはまらない」「あてはまらない」

(「どちらともいえない」が入る場合もある)

 

 

性格検査でみられる4つの評価ポイント

 

行動特性

考えることや運動することが好きか嫌いか、内向的か外向的か、持続的に取り組めるか否か等を判断する分野

ex)ひとつのことに取り組んでいる時に他に興味があることができたら、そっちを優先的に取り組む / まずは目の前のことをやる

 

意欲

目標に取り組む意欲や、行動することそのものに対する意欲を確認する分野

ex)やりたいことがあったら、まず行動する / まず考える

 

情緒

自分の感情をコントロールできるかを判断する分野

ex)イライラしたとき、感情が顔に出てしまう / 自分の中で抑える

 

ライスケール

学生が嘘をついていないかを見るために「大きく見せよう」「上手くごまかそう」とする傾向が強いか確認する分野

ex)私は友達との約束を破ったことはない はい / いいえ

「これまで~したことはない」と断定している形で出題されます。
受験者の虚偽を測るものです。就活では信用があるかが重要視されています。一貫性を意識して素直に回答していくことで、人柄をアピールすることができます。

 

 

性格検査で落ちる人の3つの特徴

回答に矛盾がある

回答に矛盾があると通過しにくくなります。
「諦めが悪いほうだ」という質問に対して「はい」と答えたのにも関わらず、「何事にも粘り強く取り組む」という質問で「いいえ」と答えると回答に矛盾が生じていることになります。
自分に正直に嘘などをつかないようにしましょう。

また、企業・自己分析ができていないと性格検査の通過は難しくなります。

・企業がどういう人材が欲しいのか
・私はどういう人間であるのか

分析を十分に行ったうえで臨むようにしましょう。

 

時間をかけすぎる

最後まで回答できない学生が多いです。
1問1問考えてしまう気持ちはありますが、最後まで回答しきるというのは大切です。
そのために、事前に問題に対して答えを想定しておくことが大切です。

 

性格が極端

例えば、柔軟性を問われる問題があったとします。
極端に「自分の意見を曲げない」という回答ばかりだと、企業によっては一緒に働くことができるのか不安な印象を与えてしまうでしょう。

 

 

性格検査の対策ポイント

 

一貫性を持って答える

性格検査はすべて異なる問題が出てくるわけではありません。
一回のテストで似た質問が複数出てくることも珍しくないのです。
ここで一貫性がなければ、出てくる結果は信頼のできないものとなります。

 

素早く答える

性格検査の多くは、200問以上で構成されています。
時間切れで最後まで回答できなかったと後悔する学生が非常に多いです。
一貫性など、回答の内容・質も重要となりますが、最後まで答えることは基本になります。
時間内に全問答えることを優先して、考え込まずに答えていきましょう。
最後まで回答できたという精神的な余裕を生むことにも繋がります。

 

企業が求める人材像を理解する

企業が求める人物像を把握しておきましょう。
その人物像に近い性格検査の結果であれば、選考通過となるでしょう。

日系企業であれば、協調性
外資系企業であれば、行動力
ベンチャー企業であれば、発想力

分かりやすい例ですが、このような印象を与えることができたら良い性格検査であったといえます。
ただ、その企業ごとに自分の性格を変えるようなことはやめましょう。
もし通過したとしても面接で見破られるか、もし通過しても入社してからがしんどいことになる可能性があります。

 

面接の受け答えだと思って回答する

あまり極端すぎる回答は質問によっては好まれるものではありません。
それを見抜くポイントはその質問を面と向かって面接官からされた時に自分であればどう答えるかということを念頭におくことです。
少しぼかした回答のほうがいいというのはなんとなく分かりますよね。

 

 

「正直に答えること」が一番

 

正直に答えることが最も重要です。
性格検査の目的の1つとして、ミスマッチを防ぐことがあります。
そこで嘘をついてしまうと、企業にとっても、学生にとっても、不幸なミスマッチが起こります。
正直に答えることを前提として、対策ポイントを意識しましょう。
そのためにも、自己分析をしっかり行うことが不可欠です。

「〇〇業界に魅力を感じていたけれど、自分の性格的には、〇〇業界の方が活躍できるのではないだろうか。」

自分を見つめ直すことで、キャリアの選択肢は広がります。

 

 

 

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

FOLLOW US

就活に役立つ情報を発信中!

  • line
  • twitter
  • facebook

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmeeLINE@

line

digmeeSNS

  • line
  • twitter
  • facebook

ページのトップへ戻る