キャリアコラム

2020/12/08

【二年生からの就活】二年生から就活を始めよう!最初に始めること。

2020/12/08

二年生からの就活は決して早すぎることはありません。
三年生になってから慌てて就活を始めるよりも二年生から余裕をもって始めたほうが効率的です。
「何から始めたらいいのか分からない」という学生も多いと思いますが、おすすめは自己分析と業界分析です。
また、自分磨きという意味ではセミナーやインターンに参加するのもいいでしょう。
具体的なやり方についてはここで詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

【二年生からの就活】はじめに

まだ大学二年生になったばかりなのに、周りに就職活動を始めた友人がいるのを知って焦りを感じているという学生もいるかもしれません。

一般的に就職活動は三年生の夏休み頃からスタートするというイメージがありますが、二年生のうちからできる就活にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは二年生が就活を行う上でのポイントや、二年生だからこそやっておきたい就活対策を紹介していきます。

早めのスタートで他の学生に差をつけましょう。

【二年生からの就活】二年生での就活は早い?

二年生からの就活と聞いて「まだ早すぎるんじゃない?」と思う学生も多いでしょう。

そもそも、まだどんな仕事に就きたいかということさえ決まっていないという学生がほとんどかもしれません。

また、サークル活動やアルバイトでただでさえ時間が足りないのに、二年生のうちから就職活動を始めてしまうと大学の授業が疎かになって単位を落としてしまうのではないかと不安になることもあると思います。

本当に二年生からの就活は必要なのでしょうか。

就活において早いということはない!!

結論から先に言ってしまえば、就活をスタートさせるにあたって早すぎるということはありません。

三年生になってから始めるよりも二年生のうちからやっておいたほうが格段に有利です。

もちろん、一年生から始めればさらに有利になるでしょう。

というのも、少子化の影響から学生の数が減ってきていることもあり、各企業は優秀な人材を早めに確保したいという思いから青田刈りが盛んに行われている状況があります。

中には二年生の段階で内々定を与える企業もあるので、その時点で就活を始めていないとスタートラインにも立てないということになってしまいます。

少しでも多くのチャンスを得るためにも、二年生からの就活が決して特別ではないということを理解しておきましょう。

【二年生からの就活】何から始める?

「就職活動は二年生から始めるべきだということは理解できたけれど、実際に何から手を付けたらいいのか分からない」という学生も少なくはないでしょう。

ここでは二年生のうちにぜひやっておきたい就活対策について詳しくまとめてあります。

多くの学生はギリギリになってから就活を始めますが、それでは時間的な制約もあって満足な準備はできません。

二年生であればじっくりと取り組むことができるので、ライバルに差をつけるチャンスです。

まずは就活のスケジュールを確認!

二年生から就活を始めたほうがいい大きな理由の一つに、就活スケジュールの変更があります。

これまでの就活スケジュールは経団連の定める「採用選考に関する指針」に基づいていて、・三年生の3月1日から企業説明会などの広報活動解禁

・四年生の6月1日から面接などの採用選考解禁

というのが一般的でした。

しかし、2021年の就活からはこのルールが撤廃になり、政府と大学が手動する形でスケジュールが決められることになっています。

新しいルールではこれまでに比べて企業に対する縛りが緩和されると見られているため、採用活動も前倒しになるというのが専門家の見解です。

このようなルール改正に加えて新型コロナウイルスの影響もあるため、今後の就活スケジュールがどうなるか確認した上で就活を進めていくことが重要になるでしょう。

自己分析をして自分のやりたいことを見つけよう

二年生のうちに済ませておきたい就活対策の一つに「自己分析」があります。

自己分析とは簡単に言えば「自分自身をよく知る」ということです。

自分の得意なことや価値観などを理解することで、「何をしたいのか」ということが明確になり、企業選びに軸ができます。

また、自己分析によって「将来の夢を叶えるためにはこの部分が足りない」ということも理解することができます。

足りない部分を就活本番までに補うことができれば、就活を有利に進めることができるでしょう。

自分のことを客観的に見て特徴や長所・短所を正確に把握するというのはとても難しい作業であり、時間もかかります。

本格的な就職活動が始まってからではなかなかじっくりと取り組むことができないので、ぜひ二年生の段階でやっておきましょう。

様々な業界をしっかり調べてみる

自己分析によって興味のある業界が見つかったら、次にその業界について詳しく調べてみましょう。

新聞やニュースなどで情報を集めることで、その業界を取り巻く環境や将来性、直面している課題などを知ることができます。

業界のことをある程度理解することができたら、今度はその業界の個々の企業についても調べていきましょう。

同じ業界内の企業でも強み・弱みのある分野が異なりますし、ビジネスモデルにも違いがあります。

同業他社にはない、この会社ならではの特徴を理解することは、魅力的な志望動機を作成するためにも欠かせません。

二年生のうちから業界研究、企業研究を行うことで、より深く仕事を理解することができるでしょう。

【二年生からの就活】二年生で出来る就活に役立つことは?

ギリギリになってから就職活動をスタートさせると、企業説明会に出席したり、履歴書やエントリーシートを作成したりと、目の前のことだけに時間を取られがちです。

しかし、本格的に就活がスタートする前の二年生であれば自分磨きをするための時間を確保することができます。

さまざまな体験を通じて仕事に必要なスキルや資格を取得したり、人脈を広げることは就活で大きな武器となるに違いありません。

ここでは二年生でおすすめの就活対策を紹介します。

セミナーなどに参加する

就活セミナーという言葉を聞いたことがあるという学生は多いと思いますが、それがどのようなものか理解している学生はあまり多くないかもしれません。

会社説明会と混同しているという学生もいるでしょう。

企業説明会はあくまでも企業PRの場であるのに対して、就活セミナーは就活のやり方を教わる場です。

自己分析のやり方や業界研究・企業研究のやり方、履歴書・エントリーシートの書き方、さらには面接対策まで、選考をクリアして内定を勝ち取るためのテクニックを知ることができます。

このようなテクニックを知ることで就職活動を有利にすすめることができるので、ぜひ早い段階で参加してみましょう。

セミナーの情報は大学の就職課や就活サイトなどで入手できます。

インターンを始めてみる

インターンには短期インターンと長期インターンの二つの種類があります。

短期インターンは1日~1週間程度の期間実施されるもので広報的な意味合いが強く、学生に会社の仕事内容や職場の雰囲気などを知ってもらい、会社に興味をもってもらうのが主な目的となります。

一方、長期インターンは半年や一年といった長い期間で実施されるのが特徴です。

実施する目的も短期インターンとは異なり、現場で他の社員と一緒に業務にあたって実務経験を積むことが主な目的となります。

長期インターンのほうがより深く企業のことを知ることができるため、進路決定のための重要な判断材料となるでしょう。

時間的な制約の多い長期インターンを体験するならば二年生のうちがおすすめです。

ニュースなどに目を通しておく

新聞やニュースをチェックして多くの情報を得ることも就活では役に立ちます。

新聞やニュースでは自分が興味をもっている業界や企業についてのトピックも扱われるでしょうから、そのようなニュースに目を通しておくことで業界研究や企業研究に役立てることができるでしょう。

面接対策としても効果的です。

就活では時事問題に関する質問が出題されることがよくあります。

自分があまり興味のない分野の質問でもニュースの内容をチェックしていれば何も答えられないというようなことは避けられるでしょう。

最近はSPIなどの適性検査を行う企業がほとんどですが、ニュースや新聞はテスト対策にもおすすめです。

特に普段からあまり本を読まないという学生は語彙力や漢字で不安がありますが、新聞を読んで分からない言葉や漢字をチェックしておくだけでもテスト対策として有効です。

【二年生からの就活】まとめ

2021年度から就職活動のスケジュールが変更されたことに加えて、コロナウイルスの流行で就活のやり方自体もこれまでとは大きく変化していくことが考えられます。

このような状況では、これまでのように三年生から就活を始めたのでは手遅れになってしまう危険性もあるでしょう。

ライバルたちに少しでも差を付けて内定を勝ち取るためにも十分な準備が欠かせません。

できれば二年生の段階から就職活動を始めるようにしましょう。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る