エントリーシート

2020/10/16

趣味でガクチカはかけるの?意外な強みと例文もあわせて!

2020/10/16

はじめに

 

趣味でガクチカは書けないものかと疑問に思った人もいるのではないでしょうか。

そして、今回は趣味でガクチカを書く際のポイントや注意点を紹介します。

趣味をガクチカに使うことによって、自分を最大限にアピールできる場合もありますので、ガクチカに趣味という組み合わせは、意外に侮れません。

自分の選択肢を広げる意味でも、趣味でのガクチカの作り方を把握しておくと良いでしょう。

必ずしも趣味でガクチカを作らなければならないというわけではありませんが、その方法を知っておくといろいろな意味で役立ってくれるでしょう。

 

趣味でガクチカは書けるの?

 

まずは趣味でガクチカを書くことができるのかを考えてみましょう。

趣味といっても、企業がガクチカに求めていることを満たせるのであれば、趣味を使っても問題ありません。

逆に、趣味では企業が求めていることを満たせない可能性もありますので、その場合は趣味をガクチカに使うのは好ましくありません。

趣味といってもいろいろなものがありますので、その趣味がガクチカで書ける趣味なのかどうかをしっかりと調べてみた方が良いです。

たとえば、ゲームという趣味で協調性やチームワークをアピールするのはなかなか難しいものがあります。

 

「自分」という人となりを伝えられるなら大丈夫

 

ガクチカで趣味はタブーと思ってしまっている学生も多いのではないでしょうか。

しかし、ガクチカで伝えるべきことが守れているなら、趣味を利用しても問題はありません。

まず重要になってくるのが、自分という人となりを伝えることができるのであれば、ガクチカは趣味で書いても問題ありません。

また、趣味というのは意外に自分を表わしているものなので、予想以上にスムーズなガクチカを作成することができる可能性があります。

趣味というのは自分が情熱を感じられるものを示し、どんな人間かを示しやすいものなので、思い切って趣味でガクチカを書くことにチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

また、趣味でガクチカを考えてみることによって、自分自身を発見できることもありますので、それをそのまま使わないにしても、1度くらいは考察してみるのも良いでしょう。

 

企業の求めているものとマッチするか

 

ガクチカには、企業が求めているものをアピールするような意味もあります。

そのため、その趣味が企業が求めているものに合致しているかどうかは重要になってくるでしょう。

合致していなければ何の意味もありませんし、そもそも、ガクチカの意味を理解していない学生という見方をされてしまう可能性があります。

しかし、企業の求めているものとマッチした趣味のガクチカを作成することができれば、それは企業の求めていることをしっかりと理解している学生という見方をしてくれるでしょう。

このように本質の部分を理解していれば、趣味であろうが、部活であろうが、ガクチカは問題ないのです。

 

趣味で書くことのメリットは?

 

次に趣味でガクチカを書くことのメリットを考えてみたいと思います。

趣味でガクチカを書くことのメリットは、自分を伝えやすいというものがあります。

自分をアピールするのが苦手という人も、趣味でガクチカを作成してみれば、自分の伝え方がわかるかもしれません。

また、さまざまな角度から自分を伝えやすいという特徴もあります。

趣味を使ってガクチカを作成することによって、部活や学業でガクチカを作った場合には見せられない自分を相手に見せられる可能性があるのです。

 

「自分」というものを強調しやすい

 

趣味でガクチカを書くことのメリットは、なんといっても自分というものをアピールしやすいことでしょう。

趣味をガクチカに使うことができれば、自分はこういう人間なんだというアピールを企業の人にしやすいです。

その結果、企業が求める人材だった場合は、採用される可能性も高くなるでしょう。

趣味というのは、自分と深く関係しているもので、自分の好きなものも詰まっていますし、自分がどういったことに感動を覚えたり、共感したりするかも詰まっています。

そのため、その人がどんな趣味をしているのかを知れば、その人の多くを知ることができるのです。

そんな意味では、面接という限られた時間で自分を伝えなければならない場で、自分が集約された趣味でガクチカを作るというのは、決して間違っている行為ではありません。

 

さまざまな角度から述べやすい

 

趣味でガクチカを書くことのメリットは、いろいろな角度から述べやすいというものがあります。

多面的に自分をアピールすることができるので、その中に一つでも引っかかるものがあれば、企業は食いついてくれる可能性があるのです。

部活などを利用したガクチカの場合は、アピールできる方面がある程度決まってしまいます。

それに比べると、趣味を使ったガクチカには、ある種の奇抜さやオリジナリティがあると言えるでしょう。

ただし、その多面性が必ずしも企業に評価されるとは限りませんので、出す部分と出さない部分はしっかりと決めておきたいものです。

 

書く際の注意点は?

 

趣味を使用してガクチカを書く際の注意点を紹介します。

趣味を利用してガクチカを書く際にはある程度の起伏が必要なので、失敗や成功の体験があるものが望ましいでしょう。

また、自分の強みが出せるようなエピソードのある趣味である必要があります。

こういったものがなければ、あまり意味のないガクチカになってしまいますので、どのような趣味でも使えるというわけではないことを知っておく必要があるのです。

そして、このことからガクチカに使える趣味の幅はそれほど広くないということがわかるでしょう。

 

失敗・成功体験があるものを選ぶ

 

趣味でガクチカを作成する際の注意点は、失敗談や成功談があるものにしましょう。

失敗や成功の経験がないものを選んでしまうと、どうしても起伏がないものになってしまい、何を伝えたいのかわからないということになってしまいかねません。

失敗体験や成功体験というのは、失敗や成功に直面したときに、どのようなことを考える人間なのか、どんな対応策を取るのかといったことを相手にアピールするためのものになっていますので、これがないのは辛いところです。

そして、多くの趣味には失敗談と成功談がないとも言えるでしょう。

そこで重要になってくるのが、ガクチカで使える趣味なのか、使えない趣味なのかを意識して考えることです。

 

自分の強みが出た具体的なエピソードを選ぶ

 

ガクチカに趣味を利用する場合は、失敗談や成功談のあるものが重要です。

そして、その失敗談や成功談を思い出してみて、自分の強みが出た具体的なエピソードがあるのかどうかを考えてみてください。

こうすることによって、趣味を使って作成したガクチカで自己アピールすることができるのかが決まってきます。

趣味で自分の能力が発揮されて、何かを解決することができた、誰かの役に立った、感動することができたなど、そういったエピソードがある趣味ならガクチカに使いやすいところでしょう。

しかし、自分だけで完結してしまうような趣味は、ガクチカにするのはなかなか大変だと言えるのではないでしょうか。

できることならば、いろいろな物事に発展させることができる趣味を選びたいところです。

 

社会的なマイナスイメージのあるものは避ける

 

これは大前提なのですが、社会的にマイナスイメージのあるようなものはガクチカで避けるべきです。

たとえば、YouTubeなどの動画配信は、企業に良いイメージを与える一方で、悪いイメージを与えてしまう可能性もあります。

こういったものが趣味の場合は、無難にガクチカにするのは避けるべきでしょう。

動画配信を頑張って、お金を稼ぐことができたというガクチカでは、相手にマイナスイメージを抱かれてしまう可能性があるのです。

ただ、その動画配信がなんらかの社会貢献につながっているという明確な答えがあるのならば、ガクチカにしてみるのも良いでしょう。

ガクチカに選ぶ趣味は、かなり安全策でいくべきです。

 

趣味の系統ごとの強み

 

趣味をガクチカで使う場合の系統ごとの強みを紹介します。

体育会系の強みや文学系の強み、レクリエーション系の強みを知っておくことによって、どうやってガクチカを趣味に使えば良いのかを学んでいきましょう。

逆に、その系統の強みをアピールできないような趣味の場合にはガクチカを趣味に利用するのはおすすめできないということになります。

 

体育会系

 

体育会系の趣味がある場合は、サークルと同じようなイメージで使用することができます。

多くの人とのチームワークが重要になってくるスポーツなら、団体行動の重要性をアピールすることができますし、チームワークの高さをアピールすることもできます。

さらに、コツコツと努力を重ねて、何かを達成するといったことをアピールすることもできるでしょう。

本格的に体育会系の趣味を持っているなら、アピールできることはたくさんあるはずなので、これはぜひガクチカに利用したいところです。

ただし、本当に趣味程度にやっているスポーツの場合は、ガクチカにするのはなかなか難しいのかもしれません。

 

文学系

 

文学系の趣味もサークルと同じようなイメージで利用することができるでしょう。

その趣味がきっかけになって、このような企業で働きたくなったというアピールにも使えますし、自分の価値観の幅を広げてくれたというような使い方もできます。

また、自分がどんな人間になりたいかのきっかけになり、その結果、この企業を志望したというアピールも良いのではないでしょうか。

基本的に文学系の趣味をガクチカに利用する場合は、文学系のサークル活動をガクチカにするのと同じような感覚で作成していくと良いです。

また、文学系の趣味で何かにチャレンジしたような経験があれば、それも積極的にガクチカに利用していくべきでしょう。

 

レクリエーション系

 

レクリエーション系の趣味を持っている人は少ないかもしれませんが、趣味で比較的大きなレクリエーションをしているなら、ガクチカに利用できる点は多いです。

レクリエーションを企画するようなことをやっているなら、企業に企画力の強さや成功体験をアピールすることができるでしょう。

また、逆に失敗体験から何を学んだという文章も作成しやすいです。

文学系や体育会系の趣味の場合、企業に納得させるような失敗体験や成功体験を作るのが難しいこともありますが、レクリエーション系の趣味はモロに結果が出やすいので、必ず失敗か成功かの経験はしているでしょう。

また、レクリエーションを成功させるためには、大勢の人の協力が必要です。

そのため、チームワークをアピールすることや協調性をアピールするのにも使えると言えるでしょう。

 

それぞれの系統での例文

 

それぞれの系統の趣味で例文を作成しています。

あくまでも例文なので、自分のガクチカに合わせて、作成するようにしてみましょう。

 

体育会系

 

趣味で草野球をしています。

単に野球をするだけではなく、多くの人とのコミュニケーションを取るために、あえてサークルではなく、あくまでも趣味として野球をすることを選びました。

私は主に試合の申し込みをするのが担当だったのですが、最初はあまり試合を受けてもらうことができなかったのです。

しかし、相手と丁寧なやり取りを続けるうちに、少しずつ試合を受けてもらうことができるようになり、社会における信頼関係の重要性を学びました。

今では、ほかの草野球チームの方から試合を誘ってもらえることも多くなり、草野球を通じていろいろな輪が出来上がったのはとても良い体験となりました。

 

文学系

 

私は漫画同好会のようなものを運営しています。

インターネットやSNSを使って参加者を募っているのですが、月に1回の漫画好きを集めての、議論をとても大切にしています。

日本における漫画というのは、世界的に評価されており、どんな部分が海外の人たちの感性にうったえかけるのか気になっていました。

その理由をこの議論で解明できればと思い、こういった同好会を主催しております。

議論の場では、年上、年下関係なしに、激論が交わされており、人と意見を交わすことの喜びと、人を尊重することの大切さを学んだと思います。

また、基本的にテーマは私が決めておりますが、テーマごとに盛り上がり方が違い、イベント運営の難しさを日々感じています。

 

レクリエーション系

 

私は、地域の若者を集めて、いろいろな施設でイベントをするような趣味を持っています。

音楽が得意なので、音楽が好きな仲間を集めて、楽器を演奏することも多いです。

これまでにいろいろな施設を巡りましたが、感謝してもらうことが多かったです。

そして、この活動を通じて、社会貢献の必要性を学んだことはもちろんですが、何よりも社会貢献の楽しさを学べたことが大きかったと思います。

会社というのは、何かを通じて社会貢献するのが存在価値だと思っておりますので、イベント企画の趣味を通じて学んだことをこの会社で活かせればと思っております。

 

まとめ

 

趣味でガクチカを書けるかどうかの答えが出たのではないでしょうか。

あまり起伏のないような趣味でガクチカを作成するのは難しいです。

ある程度、趣味の種類は限られてきますが、成功体験や失敗体験があったり、趣味を通じて、なんらかの目標ができたりした経験があるならば、ガクチカに趣味を利用してみるのも良いでしょう。

また、あくまでもガクチカというのは、企業に自分をアピールするためのものなので、企業が求めていることに合致させるのが難しい趣味の場合は、あえて趣味をガクチカにするという選択肢を取る必要はありません。

ガクチカに趣味を利用するかどうかは、適材適所と言えるのではないでしょうか。

まずは、自分の趣味がガクチカに使えるのかを踏まえて、面接のカードの一つとして、考えてみるのが良いでしょう。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る