エントリーシート

2020/10/16

塾講師経験で魅力的なガクチカを書こう!例文もあわせて確認!

2020/10/16

はじめに

 

大学生活の中で塾講師の経験がある人は多いのではないでしょうか。

大学生がするアルバイトの中でも、効率的にお給料をもらえる仕事なので、多くの人が率先して取り組む仕事でもあります。

そして、この塾講師の経験をガクチカに利用できないかを考えるのが今回のテーマです。

そもそも塾講師でガクチカを書くことができるのか、塾講師でガクチカを書くことによって、得られるメリットは何か、さらに注意点などについても紹介していきます。

また、書く場合はどのような文章法を利用すれば良いのかも紹介していきます。

 

塾講師経験でガクチカは書ける?

 

ここでは塾講師経験でガクチカを書くことができるのかを検証します。

塾講師は、多くの学生がアルバイトで経験があると思いますので、ガクチカで利用することができれば、メリットは大きいのではないでしょうか。

そして、実際に塾講師の経験をガクチカに利用している人もいます。

また、塾講師だからこその強みもありますので、メリットを把握したうえで、ガクチカに利用してみると良いです。

そうすれば、就職試験を有利に戦えるかもしれません。

 

十分に書ける!

 

まず塾講師の経験をガクチカにすることができるかの質問ですが、まったく問題ないと言えるでしょう。

エピソード的にも十分に書けるといえて、塾講師をやっていれば、生徒とのエピソードがたくさんあるのではないでしょうか。

この中から思い入れ深く、自分をアピールできるようなエピソードをチョイスすることができれば、素敵なガクチカを作成することができるでしょう。

塾講師の経験をガクチカにする場合は、逆にエピソードが多すぎて困ってしまうかもしれません。

そのため、就職を希望する企業をしっかりと見据えたうえで、どのエピソードを抜き出すのかを考える必要があるでしょう。

また、注意点なども事前にしっかりと確認しておきたいところです。

 

塾講師経験で書ける強みは?

 

塾講師でガクチカを書くことができるとわかっても、強みがわからないなら意味がありません。

そのため、塾講師でガクチカを作成することによって得られる強みについて確認してみたいと思います。

まず相手の立場になることに慣れているというのは塾講師の大きな強みです。

さらに、常に実行と改善の繰り返しをしているというのも、社員として働くのに役立ってくれるでしょう。

さらに、問題解決能力をアピールすることができるので、頼もしい人材であることを印象づけられる可能性があります。

このように塾講師のガクチカでは、自分のさまざまな能力をアピールすることができるチャンスがあります。

 

相手の立場になることに慣れている

 

塾講師経験でガクチカを書くメリットは、相手の立場になることに慣れているというものです。

相手の立場になることに慣れているというのは、企業にとっては非常に重要です。

なぜなら、企業の商品はほぼすべてが顧客のためにあるからです。

相手のために何が重要なのかを考えて、どう相手の欲求を満たすのかを常に考えるのが塾講師と言えるので、この部分をアピールできるのは大きなポイントでしょう。

特に、商品開発やカスタマーサポートなど、相手の気持ちを汲み取ることが重要になってくる仕事では大きく評価される可能性があるのではないでしょうか。

どちらにしても、多かれ少なかれ社会人のほぼすべてに求められる能力なので、塾講師のガクチカでこれらをアピールできるのは強みであり、メリットです。

 

常に実行と改善の繰り返し

 

塾講師でガクチカに取り組める強みは、常に実行と改善の繰り返しをしているという点です。

塾講師は、常に実行をして、失敗したら改善策を模索、そして再び実行を繰り返す仕事なのです。

また、これらは自分のためではなく、生徒のためにやるものなので、相手の立場にたった実行と改善を繰り返すことができます。

こうした経験をしている人は、失敗に強く、失敗から成功への道筋を見つけるのにも慣れています。

こうした基礎的な能力は、社会人として働いていくのに非常に重要な要素になっていますので、ガクチカでぜひアピールすべき部分でしょう。

実行と改善を繰り返すというのは、どの仕事にも言えることなので、基本的にはどんな企業の就職試験においてもポジティブな材料として受け取ってもらえる可能性があります。

 

問題解決能力のアピール

 

塾講師というのは、生徒の成績を上げるというなかなか難しい目標を持った仕事です。

これを達成するためには、問題解決の連続でしょう。

生徒が特定の科目が苦手なら、そこを集中的に取り組むのも対策です。

また、生徒の苦手な部分をしっかりと見極めるのも問題解決行動の一つになります。

こうして、さまざまな問題解決をクリアして、生徒の成績を上げ、志望校に合格させるというのが塾講師の役目になっているのです。

そのため、塾講師をガクチカに利用した場合、問題解決能力の高い人間というアピールができます。

問題解決能力というのは、どのような企業でも重視されますし、特に人の上に立つ立場になったときには非常に重視されるのです。

そのため、将来の幹部候補を見据えた選考試験での評価につながるとも言えるのではないでしょうか。

 

書く際の注意点

 

塾講師を利用してガクチカを作成する場合のメリットはわかったかと思われます。

しかし、メリットだけでは不十分で、書く際の注意点も踏まえておきたいところでしょう。

せっかく素敵なエピソードがたくさんある塾講師のガクチカであっても、そのエピソードをピンポイントに使わず、あまり企業に響かないようなアピールをしてしまうと、評価されないどころか、逆にマイナスになってしまうこともあります。

特に業務内容をただ言うだけといったアピールは無意味なので、失敗パターンに陥ってしまわないように注意してください。

 

ほかの人とあまり内容が被らないようする

 

これはそのほかのガクチカにも言えますが、あまりほかの人と内容が被らないようにしてください。

選考試験に携わる人たちは、学生のガクチカを五万と見てきた人たちです。

そのため、似通った内容のガクチカにうんざりしているかもしれません。

こういったガクチカを書いてしまうと、とにかく記憶に残りにくいので、選考試験では致命的だと言えるでしょう。

基本的にガクチカを作成する際には、オリジナリティを重視する必要がありますので、ほかの人とあまり被らないように注意してください。

大前提として、塾講師という仕事を利用してガクチカを作成する人はたくさんいるということです。

これを踏まえたうえでガクチカを作成しなければ、どうしても他人と内容が被ったガクチカになりがちです。

 

実際の数字をできるだけ織り交ぜる

 

塾講師の仕事をガクチカにするなら、詳細な数字を織り交ぜるようにしてみてはいかがでしょう。

塾講師は、詳細な数字を出しやすい仕事だと言えます。

ガクチカでは、数字を交えることによって、相手への説得力が高まります。

塾講師という仕事は、生徒の成績アップが目的なので、200点から400点に上がったというような数字をとても出しやすいです。

また、どこの学校のどのくらいの合格者を出したといった数字も提示することができますので、数字から実力や実績をアピールするのは簡単でしょう。

こうした数字をうまく織り交ぜることによって、相手に実績をアピールすることができます。

ただし、数字自慢だけにはならないように注意してください。

 

業務内容をただ言うだけにならない

 

塾講師のガクチカを作成してやりがちな失敗は、業務内容をただ言うというものです。

業務内容をただ言うだけでは、報告書のようなものになってしまいます。

ガクチカというのは、自分が塾講師であることをアピールするものではなく、塾講師という仕事を通じて、自分にどのような変化があったのかをアピールする場なのです。

また、自分が何者なのかということをアピールする場でもありますので、単に業務内容を述べているだけでは、相手に響かないのです。

これではまったくガクチカの意図を理解していないということになってしまいますので、注意しましょう。

また、塾講師のアルバイト経験などをガクチカにする学生は多いと思われますので、業務内容を書いた個性のないガクチカにしてしまうと、失うものが大きすぎます。

 

STAR法で書く

 

塾講師のガクチカを作成するならSTAR法を利用するのもおすすめです。

STAR法は、目標を立てて、実行に移すような仕事の場合、とても使いやすい文章法になっています。

塾講師にはピッタリの方法になりますので、具体的に当てはめてガクチカを作成してみます。

例:「私は塾講師をしていたのですが、担当になったのが数学が得意ではない生徒が多いクラスでした。

そのとき、私はクラス平均を20点上げることを目標としました。

そのために一人ひとりの苦手分野や得意分野を分析し、問題集を作成したのです。

毎日それをコツコツやらせていった結果、それぞれの苦手分野のテストで平均30点近くも上げられたのです。」

 

S(Situation 状況)

 

Sの部分は、どのような状況だったのかを記載します。

塾講師で言うならば、あまり勉強が得意ではない生徒がたくさんいるクラスを受け持ったなどです。

また、その逆の優秀な進学校に通っているようなエリートが利用する塾のクラスを担当したというのも一つの状況と言えるでしょう。

このSの部分は物語に起伏をもたらすためには重要です。

あまり無難な状況を設定してしまうと、今後の話の広がりがなくなってしまいますので、どうしても平坦なエピソードになってしまいがちです。

物語の起点でもありますので、どの状況を選ぶかはとても重要になってくるでしょう。

 

T(Target&Task 目標・任務)

 

Tは目標や任務の部分が該当します。

塾講師を例に出してみると、成績の低かった生徒たちを都内有数の大学に合格させるのが目標というのも当てはまっているでしょう。

また、生徒たちの成績を○○点上げるというのも目標に該当するでしょう。

ここではこれから進むべき道を明確に示していきます。

 

A(Action 行動・実行)

 

Aは、状況を把握して、それを改善する目標を立てます。

そして、実際に行動や実行に移す段階だと言えるでしょう。

単純に行動しただけではなく、目標に向かってどのような行動をしたのかを詳細に書いていきます。

塾講師の仕事なら、生徒の弱点を把握して、それを補うための強化講習を行ったのも対策に入るでしょう。

また、特別夏季講習や冬期講習を実行するというのも一つの行動です。

 

R(result 結果)

 

最後のRは、目標に向かって行動したら、どのような結果がもたらされたのかというものを紹介します。

塾講師ならとてもわかりやすく、合格は無理だといわれていた大学に生徒が合格した、生徒の平均点が200点アップしたなど、数字を交えることによって、具体的な結果を示すことができます。

このようにSTAR法は塾講師のような目標を設定して行動に移す仕事にはピッタリの文章法と言えるので、ぜひ訓練して使いこなせるようになるでしょう。

 

まとめ

 

このようなものが塾講師のガクチカを作成するためのポイントになっています。

塾講師の経験がある大学生は多いかと思われますので、ガクチカを何にするか悩んでいるならば、塾講師にしてみるのも良いでしょう。

注意点を守ってメリットを発揮できるような書き方をすれば、自分という人間を企業にしっかりとアピールすることができるはずです。

その結果、合格につながっていくでしょう。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る