エントリーシート

2020/10/16

履歴書にガクチカを書く際の注意点!さらに魅了的に見せるために実践しよう!

2020/10/16

はじめに

 

就活の3大質問をご存知でしょうか。

1つ目は「自己PR」、2つ目が「志望動機」、そして3つ目がここで紹介する「ガクチカ」です。

つまり、ガクチカはほぼすべての企業で学生を選考する基準として使われているわけで、しっかりとした回答を用意しておけば就職活動を有利に進められるということになります。

ここではガクチカを聞かれたときの正しい書き方について詳しく解説していきます。

ポイントをしっかりと押さえて書類選考を確実にクリアしましょう。

 

「ガクチカ」って何?

 

これから就職活動を始めるという学生の中には「ガクチカ」という言葉を聞いたことがないという人もいるでしょう。

また、聞いたことはあるけど意味はよくわからないという学生もいるかも知れません。

「ガクチカ」とは「学生時代に特に力を入れて取り組んだこと」という意味の就職用語です。

企業が「ガクチカ」という言葉を使うことはないですが、「学生時代に頑張ったことはなんですか?」「学生時代に最も熱中したのはどんなことですか?」といった質問が出たら、ガクチカを聞かれているということになります。

 

「学生時代力を入れたところ」

 

「あなたが学生時代に力を入れて取り組んだことを教えて下さい」と突然聞かれても、多くの学生はすぐに答えることができないでしょう。

中には「自分には学生時代に頑張ったことなどない」という学生もいると思います。

ガクチカを聞かれたときに、何か大きなエピソードを話さなければならいと考えてしまう学生が多いですが、そんなことはありません。

アルバイトで経験したことでも良いですし、サークルや部の活動に関するでもかまわないのです。

ごく身近なエピソードでも深堀りしていけば、貴重な経験が見つかるかもしれません。

何も思い当たることがないという場合には友人や家族などに相談してみるのも良いでしょう。

自分でガクチカとして使えないネタだと思い込んでいるだけということもあるからです。

 

履歴書に書く際の注意点

 

ガクチカは採用選考の重要な資料となるもので、しっかりとした内容のガクチカを書くことができれば採用担当者から高評価を得られるでしょう。

また、内容だけでなく書き方も採用担当者の評価を左右することがあります。

履歴書の書き方には一定のルールがあるので、そのルールをきちんと守ることで社会人として最低限のマナーが身についているという評価がもらえます。

逆にルール違反があれば評価を下げることになるので、履歴書の書き方についてもしっかりと理解しておきましょう。

 

文字数が多くなりすぎないようにしよう

 

多くの企業は履歴書にガクチカを記入する欄を設けていますが、スペースの都合から文字数に制限を設けているのが一般的です。

制限文字数は企業によってさまざまですが、100字・200字と比較的短いものもあれば、400字・500字と長いものもあります。

このように文字数に指定がある場合は、絶対にその文字数を超えてはいけません。

たとえアピールしたいことがたくさんあったとしても、文字数の制限を超えてしまえば、採用担当者からは「ルールを守ることができない学生だ」と思われてしまうからです。

ただし、文字数が少なければ少ないで熱意がないと思われてしまうので、少なくても指定された文字数の80%以上、できれば文字数ギリギリになるように調整するのが理想でしょう。

 

できるだけ文字はきれいに

 

これはガクチカに限ったことではありませんが、履歴書を記入する際は丁寧にきれいな字で書くようにしましょう。

どんなに素晴らしい内容の文章が書かれていても、字が汚くて採用担当者が読むことができないのでは意味がありません。

字が下手な学生もいるでしょうが、うまい・下手を気にする必要はないでしょう。

たとえ字が下手でも丁寧で読みやすい文字を心がければ、文字を理由に評価が悪くなるということはありません。

もう1つ、履歴書を書くうえで注意しなければならないのは、誤字脱字の問題です。

履歴書を書いていて字を間違ってしまったときに修正液や修正テープを使うのはNGです。

誤字脱字があれば原則的に書き直すようにしましょう。

 

魅力的なガクチカの書き方

 

採用担当者が面接や書類選考でなぜガクチカについて質問するのかといえば、ガクチカを聞くことでその学生の物事への取り組み方や価値観といったことを詳しく知ることができるからです。

また、物事への取り組み方や価値観がわかれば、将来仕事でどのような活躍ができるのかということも具体的に見えてきます。

このように、魅力的なガクチカを書くことは内定への近道と言っても過言ではないほど重要なことです。

では、魅力的なガクチカを書くにはどうしたら良いのでしょうか。

 

気づき→仮説→実行を意識しよう

 

ガクチカを書くときに「私は学生時代に英語力の向上を目指して英会話サークルに所属し、TOEICで800点を獲得することができました」というように成果だけに焦点を当ててしまう学生が多いのですが、これはNGです。

ガクチカと自己PRは違うので、大切なのは成果そのものでなく、「成果に至るまでのプロセス」です。

先ほども説明したように採用担当者がガクチカの質問で知りたいのは物事への取り組み方や価値観なので、どのようにして成果を出すことに成功したのかについて詳しく説明するようにします。

このとき、「気づき→仮説→実行」という3つのプロセスを意識すると文章の流れが把握しやすくなるので、ガクチカをより魅力的なものにできるでしょう。

 

気づき

 

「気づき」というのは言い換えれば現状分析ということになります。

現在の自分の立ち位置や置かれている環境などを分析し、抱えている問題や課題を見つけ出すための1つの手法です。

たとえば上記のTOEICの例で言えば、「なぜ私はTOEICで600点しか取れないのだろう」「なぜ英会話の勉強をしているのに英語の成績が上がらないのだろう」といったことになります。

つまり、「気づき」は「どうすればTOEICで800点を取ることができるのか」、そのアクションを起こすためのきっかけとなったエピソードということになります。

そして、成果に至るまでのモチベーションがどこにあるのかを説明することにもなるわけです。

 

仮説

 

「仮説」とは問題の原因がどこにあるのかを予想し、その原因を取り除くための方法を探っていくプロセスです。

「英語の成績が上がらないのはどこに問題があると考えたのか」、そして「問題解決のためにどうすべきなのか」といったことになります。

具体的には「学習時間が足りていないので、これまで以上に学習時間を確保すれば成績が上がるのではないか」「学習時間は足りているが効率が良くないので、より集中できる環境を整えれば良いのではないか」「学習方法そのものが間違っているのではないか、テキスト中心の学習ではなく英会話スクールなどで実践的な英語を身につけるべきでないだろうか」といった具合です。

このように仮説を書くことで、課題を克服しようとしたときにどのような行動を取る人間なのかということを示すことができます。

 

実行

 

「実行」は文字通り、「仮説」で立てたプランを優先度の高い順に実践していき、課題を解決するというプロセスになります。

学習時間の不足が一番の原因だと考えるならば学習時間を増やすということになりますし、学習方法が間違っていることが根本原因だと思うならば学習方法を変更して、実際に課題が改善されているのかをチェックしていきます。

ガクチカに「実行」の部分を書く場合、文字数に余裕があるならば成功体験だけでなく失敗体験を書いてもかまいません。

たとえば、「最初は学習時間を増やしてみたがうまくいかなかったので、次に学習法を変えたら成績が良くなった」ということを書けば、「この学生は失敗の経験から学ぶことのできる人間だ」という評価につながることもあるからです。

 

ガクチカのテンプレートを知ろう

 

ガクチカをより魅力的なものとするためには、文章の構成にも注意しなければなりません。

限られた文字数の中で少しでもインパクトを与えるためには、冒頭に結論を持ってくるのがセオリーです。

最初に結論を持ってくることで伝えたいことがダイレクトに伝わりますし、採用担当者を文章に引き込むことができるからです。

結論の後に「気づき」「仮説」「実行」を続けます。

そして、最後にもう一度結論を繰り返すというのがガクチカを書くときの基本的なテンプレートとなります。

 

例①

 

私が学生時代に最も力を入れていたことはITベンチャー企業における長期のインターンシップです。

マーケティング業界に興味があった私は学生インターンのリーダーとしてウェブサイトの制作業務を任されていました。

主な仕事内容は化粧品に関するアフィリエイトサイトを作成し、その記事を読んで興味を持ったユーザーを商品購入してもらうというものです。

最初の3ヶ月ほどはなかなかユーザーを獲得することができませんでしたが、その原因が記事の文字数不足と更新頻度にあると考え、それまで1記事平均2,000字だったものを倍の4,000字にし、更新頻度も週1回だったものを3日に1回に早めたところ、ユーザーからの反応が良くなったことが手に取るようにわかりました。

改善した翌月のアクセスはそれまで10倍以上に跳ね上がり、商品の売上にも直結するようになりました。

業務をスタートさせて半年経過した頃からは当初の目標であった月間売上100万円も達成し、マーケティングにとってユーザー満足度がどれほど大切なのかを身を以て経験した次第です。

この経験を活かして御社でも頑張りたいと考えています。

 

例②

 

私が学生時代に最も力を入れたのは家庭教師のアルバイトです。

勉強の苦手な生徒で偏差値は40ほどでしたが、1年間の学習の結果、第一志望である偏差値60の高校に合格させてあげることができました。

非常に引っ込み思案な性格の生徒で、最初の頃はほとんど会話のない状態でした。

「何かわからないことはある?」と聞いても首を振るだけで、勉強にも集中できていないと感じたのです。

そこで、少しでも積極的に勉強に参加してもらうために、まずはコミュニケーションを取ることに力を入れました。

生徒はアニメが趣味だったので、好きなアニメの感想などをなどを話しているうちにだんだんと心を開いてくれるようになりました。

信頼関係が出来上がったことで精神的に安心したのか、コミュニケーションもうまくいくようになり、それが学習意欲にも反映されるようになったのです。

それが結果にも現れるようになり、みるみる成績が上がっていくのを見てとても嬉しく感じました。

仕事で結果を出すには信頼関係が大切だということを学べた貴重な体験でした。

この経験を御社でも活かしていきたいと思っています。

 

まとめ

 

学生時代に力を注いだこと「ガクチカ」は就活で必ず聞かれる質問です。

選考の評価にも直結するので、履歴書にガクチカを書くときはルールに従い、文字数がオーバーしたりしないように注意しましょう。

魅力的なガクチカを書くためには文章の構成にも意識しましょう。

最初に結論を書くようにして、その後に課題を発見するプロセスである「気づき」・問題の原因を探るプロセスである「仮説」・実際に問題解決にあたる「実行」と続けると読みやすく、説得力のある文章になります。

 

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る