エントリーシート

2020/10/16

アルバイト経験を強みに!ガクチカの例文と「ウケ」のいい書き方!

2020/10/16

 はじめに

 

ガクチカは、面接やエントリーシートで企業が必ずと言って良いほど重視する要素です。

一見、「学生時代に努力したことは何ですか」という質問は簡単なようにも思えますが、実際には奥が深いため決して手が抜けません。

特にアルバイトをテーマにしたガクチカは、業種に合わせた工夫が必要です。

そこで今回は、アルバイトのガクチカについて押さえておくべき注意点と具体的な作成方法を踏まえたうえで、お手本となる例文をご紹介します。

 

 アルバイト経験でガクチカを書く注意点

 

高評価のガクチカと低評価のガクチカに、決定的な違いがあるのをご存知でしょうか。

そもそも、企業がガクチカを重視している理由は下記の3点を見極めようとしているからです。

・経験を通して何を学んだのか

・モチベーションの源泉や価値観といった人間性

・入社後の業務に役立つ経験をしているか

この段落では、上記のポイントすべてに対してポジティブな印象を与えるガクチカを準備するために、把握しておくべき3つの注意点について解説します。

 

 アルバイト内容だけを言わない

 

ガクチカの失敗例として代表的なのが、アルバイトの業務内容や成果だけで完結しているケースです。

確かに、「学生時代に頑張ったこと」という質問に答えるので、経験したアルバイトの豊富さや見栄えのする成果をアピールしたくなるのも当然でしょう。

しかし、下記のNG例のように表面的な情報だけを箇条書きにしたガクチカでは、肝心の「努力した様子」や「何を学んだか」がまったく伝わりません。

・飲食店のホール担当としてアルバイトし、たった2ヶ月でチーフに抜擢された

・家庭教師のアルバイトで成果が認められ、テストの度に報酬がアップした

つまり、ガクチカで採用担当者に好感を与えるにはアルバイトの経験値や自慢話ではなく、「どのような努力によって成功し、そこから何を学んだのか」をアピールすべきなのです。

 

 具体的なエピソードを使う

 

アルバイトを題材にしたガクチカには、「ほかの人と似たようなエピソードになってしまう」という難点があります。

特に下記のような表現はほとんどの面接官が聞き飽きているほど、ありきたりで記憶すら残りません。

・お店が混み合う時間帯でも、常に笑顔で丁寧に対応する接客スキルを学びました。

・クレームを対処した経験から、リスク管理のスキルが身につきました。

・チームワークの重要性を学び、コミュニケーション能力が向上しました。

一方、上記に「なぜそのアルバイトを選んだのか」「どんな効果を狙って対処法を選んだのか」という点を加えるだけで、より具体的かつ印象的なガクチカに仕上がります。

準備したガクチカが月並みに思えたら、自分ならではの価値観や考え方をプラスしてみましょう。

 

 実際の数字を多く使う

 

ガクチカのテーマにアルバイトを選んだ場合、よく聞くのが「自分の努力が売上に貢献した」というフレーズです。

確かに、自分のアイディアや行動が売上アップにつながったという事実は効果的なアピールポイントですが、言い回しには注意しなければなりません。

下記のように、「すごく」や「とても」といった人によって定義が違う曖昧な単語ではなく、実際の数字をできるだけ多く使いましょう。

・NG:○○によって売上が「すごく」アップしました。

・OK:○○によって売上が、「半年」で「20%」もアップしました。

曖昧な単語をリアルな数字に置き換えるだけで印象がガラリと変わり、客観的でわかりやすい文章になります。

その結果、面接官がイメージしやすくなるのはもちろん、より説得力のあるガクチカに仕上がるのです。

 

 魅力的なガクチカにするために

 

エピソードが似てしまうアルバイトをテーマにしたガクチカだからこそ、ライバルよりも魅力的に仕上げるには工夫が必要です。

評価の高いガクチカは、説明が端的でシンプルながら必要なポイントはすべて網羅しています。

つまり最も重視すべきは、いかに採用担当者から見てわかりやすく具体的にイメージできるかどうかなのです。

 

 気づき→仮説→実行を意識しよう

 

一口に「魅力的なガクチカ」といっても、「何から始めたら良いのかわからない」「具体的な手順が知りたい」という方も多いでしょう。

そんなときは、ガクチカを考えるときの基本的な3つのプロセスに注目してみましょう。

ステップ1. 気づき:職場の問題点

ステップ2. 仮説:問題点の原因を推測する

ステップ3. 実行:改善へ向けての行動

上記のプロセスに沿って考案することで、論理的でわかりやすいガクチカになるのはもちろん効率的に準備することできます。

特に「アルバイト経験はあるが、これといったアピールポイントが思い浮かばない」という方に、おすすめしたいスキームです。

 

 気づき

 

最初に取り掛かるのは「気づき」のプロセスです。

そもそも、内定を勝ち取った人のガクチカにはいくつかの共通点、つまり特徴的なパターンがあります。

中でも代表的なのが「いかに問題を解決して成果を上げたのか」というストーリーを盛り込んでいるという点です。

飲食店であろうと建設作業系であろうと、アルバイト業務の問題点に「気づき」がなければ「成功ストーリー」が成立しません。

もちろん嘘をつく必要はありませんが、下記の例を参考に当時の状況を思い返してみましょう。

・飲食店:売上が急激に悪化した/リピーターが増えない/お客様が不満そうにしていた

・塾講師・家庭教師:生徒の成績が上がらない/授業に集中していない

・事務作業系:時間内に仕事が終わらない/単純ミスによる修正が多く作業が二度手間になる

・建設作業系:常に人手が足りない/アルバイトがすぐに辞めてしまう

 

 仮説

 

次に、問題点の原因について立てた「仮説」についてまとめます。

ここでは、スタディケースとして塾講師のアルバイトについて取り上げてみましょう。

授業中に無駄口が多く集中していない生徒が多かった場合、下記のような仮説が成り立ちます。

・授業の内容が退屈で、興味が持てない

・説明がわかりづらくて、要点がまとまっていない

・教科書をなぞっているだけで、学校の授業と変わらない

・家庭環境や友人関係など、授業以外の面で問題がある

 

 実行

 

続いて記述するのは、仮説から思いついた解決策を実行するプロセスです。

ただし、実際に行った「行動」について記述する前に「なぜその解決策を選んだのか」という経緯を忘れてはいけません。

たとえば、授業そのものに問題があると仮説を立てた場合は、下記の経緯が解決策を導き出した根拠になります。

・うまくいっているクラスの講師と自分の授業とでは何が違うのか、徹底的に分析した

・アンケート調査を行い、生徒からリクエストを募った

つまり、「問題を解決するために試行錯誤した」ポイントをアピールするのです。

そのうえで、実際に取った行動について解説します。

・本人があきらめていたので、わかりやすいイラストを作り、例え話のレパートリーを増やして興味を引いた

・授業のスピードについてこられない生徒には、実際より低学年のノートを自作した

・打ち解けない生徒には、講師としてではなく相談相手として接して信頼を得るところからやり直した

最後に、この経験から何を学んだのか、身についたスキルについて記述して完成です。

 

 職種別の例文

 

ここからは、4種類のアルバイトそれぞれについて見本となるガクチカの例文をご紹介します。

これまで解説してきたポイントが盛り込まれていますので、ぜひ参考にしてください。

 

 飲食店

 

私が学生時代に最も努力したのは、大学1年から4年までの約3年半続けたカフェでのアルバイトです。

将来ホテルマンとして働くのが目標だったので、コミュニケーション能力のスキルアップにつながるよう、幅広い年齢層が集まっている個人経営のカフェを選びました。

常に混み合っている人気のカフェでしたが、実際に働いて見ると客層の幅広さに対してメニュー数が少なく、いつも同じランチをオーダーしてるお客様がほとんどだったのです。

そこで、調理時間が短くて済むサンドイッチとアイスクリームのバリエーションを増やすことを提案しました。

このままでは、いつかお客様に飽きられてしまうと感じたからです。

その結果、半年後には顧客単価が前年比より200円ほどアップし、足が遠のいていたお客様も戻ってきてくれました。

この経験から現状に満足するのではなく、工夫次第でいくらでも改善の余地があると学べたことが最大の収穫でした。

 

 塾講師・家庭教師

 

私が大学時代に最も力を入れたのは、小学生を対象とした塾講師のアルバイトです。

実は、私には中学受験に失敗した苦い経験があります。

当時、立ち直るのに力を貸してくれた先生のように、将来は子ども相手の仕事に就きたいと思っていたのも、塾講師を選んだ大きな理由です。

受け持ちのクラスに勉強嫌いな生徒がいたのですが、実際に話してみると会話が論理的だったため、学力ではなく別の問題を抱えていると感じました。

じっくりと時間をかけて話し合ってみると学校の友人関係に悩んでいると打ち明けてくれたのです。

そこで、塾には別の学校の生徒も通っているので友達を作る絶好のチャンスだとアドバイスしたところ、次第に授業にも集中してくれるようになり、夏季講習の最後のテストでは50人中40番台だった成績が20番台まで上がり、「先生のおかげだよ」と嬉しい言葉までかけてくれました。

私はこの経験から、子どもだからこそ相手の立場に立って親身にサポートする大切さを学びました。

 

 事務作業系

 

私が大学時代に最も努力したのは、事務のアルバイトです。

当時は具体的な将来のビジョンはありませんでしたが、どの仕事に就いても役立つパソコンスキルだけは身につけておくべきだと思い、事務のアルバイトを選びました。

始める前は、内向的な私の性格に合っているように思えましたが、実際に働いてみると意外と機転を利かせる必要がある仕事だとはじめて気づきました。

営業社員をサポートする場合はどの書類が必要になるのかを想定して準備しなければなりませんし、どんなに忙しくても正確性が求められます。

そこで自分なりにマニュアルを作ってみたところ、効率的に業務が進むようになり、3ヶ月後には正社員と変わらない仕事量がこなせるようになりました。

このアルバイトの経験から、与えられた仕事をこなすだけでなく、日々改善することでスキルアップにつながると実感できました。

 

 建設作業系

 

私が大学時代に最も努力したのは、建設作業のアルバイトです。

将来、建築事務所で設計の仕事に就くのが目標だったので、現場のスキルが学べる建設作業のアルバイトを選びました。

実際の現場が理解できていなければ、どんなに優れた図面も「絵に描いた餅」で終わってしまうと思ったからです。

建設作業のアルバイトを始めてみると、体力云々よりもコミュニケーション能力の方が重要だとはじめて気づきました。

とはいえ、最初の頃は誰にも相手にされなかったため、自分に落ち度があるのかと正直かなり悩みました。

なんとかしなければと意を決して先輩に相談したところ、「危険な現場でよく知らない相手を信用しろと言う方が無理な話」と突き放されてしまったのです。

そこで仕事以外の付き合いを深めてみたところ、最初は返事もしてくれなかった先輩にも少しずつ信頼してもらえるようになり、2ヶ月ほど経った頃には格段にチーム作業が円滑になりました。

私がこのアルバイトで得た最大の収穫は、設計の仕事は計算やデザインだけでなく、現場の作業員も含めた関係者全員の努力とチームワークによって成り立っている、という基本が学べたことです。

 

 まとめ

 

企業の採用担当者がアルバイトに関するガクチカで知りたがっているのは、「アルバイトを通じて何を悩み、どんな解決方法によって対処し、結果的に何を学んだか」です。

本記事でご紹介した作成プロセスを参考に、あなたの「価値観」と「思考」を盛り込んだ世界で一つだけのガクチカを目指しましょう。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る