エントリーシート

2020/11/10

【エントリーシートSOS】エントリーシートの提出期限は?忘れてしまったらどうなる?

2020/11/10

はじめに

エントリーシートの提出期限について考えてみます。

エントリーシートを期限内に出すというのは、就活生にとっては基本中の基本です。

しかし、それでも期限が過ぎて出し忘れてしまう人がいます。

エントリーシートは各企業が設定するものになりますので、各企業の案内に沿って、提出期限を確認しておくことが重要です。

エントリーシートの締め切りっていつ?

エントリーシートを書き始めたものの、エントリーシートの締め切りがわからずに焦った経験を持っているのではないでしょうか。

エントリーシートの締め切りは、3月から4月くらいと言われています。

しかし、これはあくまでも一例であって、
企業によっては全然違う日程を指定してくることもある
のです。

そのため、具体的な提出期限は企業の情報を確認するしかないと言えるでしょう。

基本的には3~4月

エントリーシートの締め切りは基本的に3月から4月くらいになっています。

しかし、これはあくまでも目安なので、しっかりと自分が試験を受けることになる企業の詳細情報を確認しておきましょう。

エントリーシートというのは、企業が個別に作成したものになっていますので、
企業の数だけルールがある
ようなものです。

だからこそ3月から4月というのはあくまでも目安ということを忘れずに、企業からの情報を確認して判断するようにしてください。

企業によって全然違うことがあるので確認!

エントリーシートは、それぞれの企業が独自に定めたものです。

形式も企業によって微妙な違いがあるので、企業によってはエントリーシートの提出期限がまったく違っていることもあるのです。

エントリーシートの提出期限が過ぎてしまうというのは、致命的になってしまいますので、あくまでも企業からの情報を確認して、提出期限を守るようにしましょう。

提出期限が過ぎたらどうなる?

就活生にとって、エントリーシートの提出期限が過ぎてしまうというのは、致命的な事柄ではないでしょうか。

ここでは提出期限が過ぎてしまった場合にどうなってしまうのかを確認してみます。


エントリーシートの提出期限には、二次提出と呼ばれるものもありますが、これに出しても望みは薄いと言えるでしょう。

そのため、基本的には一次提出のときに遅れないように提出することが重要になってくるのです。

エントリーシートの提出期限を守るというのは、就活生にとって基本中の基本と言えますので、くれぐれも提出期限に間に合わないという状況は避けたいところでしょう。

二次提出に回しても望みは薄い…

エントリーシートは、二次提出に出しても望みは薄い可能性が高いです。

エントリーシートには、何段階かの提出期限を設けて、一次提出や二次提出といった具合に分かれていることがあります。

しかし、エントリーシートには、なるべく早く出したほうが良いという鉄則がありますので、一次提出に出し忘れてしまうと、二次提出にはチャンスが残っていない可能性も高いのです。

このような暗黙の了解を守れない学生については、熱意がないのではないかと思われてしまう可能性があります。なので余計なところで評価を落とさないためにも、エントリーシートは一次提出のときに出すようにしましょう。


二次提出に回してしまうと、一次面接で得られるはずだった早期提出のメリットも得られなくなってしまいます。

基本的には一次できちんと出そう

エントリーシートの鉄則は、基本的には一次でしっかりと出そうというものです。

これは当たり前のことなのですが、意外に一次提出のときに忘れてしまい、チャンスを伸ばしてしまう学生もいるのです。


企業によっては、一次提出と二次提出ではまったく意味が違ってくることも珍しくはない
ので、必ず一次提出に間に合わせるようにしましょう。

また、内容をより良いものに仕上げたいから二次提出に回すという人もいるかもしれませんが、この場合も二次提出に回すことによりデメリットのほうが大きくなりがちなので注意してください。

エントリーシートは内容を充実させるのは当たり前なのですが、それ以前の問題として早期提出がポイントになってくるのです。

ギリギリに出すのは避けよう

エントリーシートは早期提出が基本になってきます。

そのため、
一次提出であっても、ギリギリに出すような学生は印象が悪くなってしまう可能性
があります。

こういったタイミングは意外に採用担当が気にしているものです。

もちろん、まったく関係ない可能性もありますし、優秀な学生がいたとしたならば、エントリーシートが多少期限ギリギリであっても、採用される可能性は高いでしょう。

しかし、エントリーシートをギリギリに提出することによって印象が悪くなる可能性があるとするならば、その可能性をゼロにするためにも、早めの提出を心がけるべきです。


就活試験においては、余計なことで評価を落としてしまうのを避けたい
ところでしょう。

もしも忘れてしまったら…

ここではエントリーシートの提出を忘れてしまったらという状況について考えてみたいと思います。

まず、大前提として就活生としてエントリーシートを忘れてしまうのは、致命的な問題です。

そのため、一気に望みは薄くなってしまうと考えるべきでしょう。

それを踏まえたうえで、どのようにして対処すれば良いのかを考えてみます。

正当な理由を説明してみる

まずエントリーシートの提出を忘れてしまって時点で、望みは薄いと言えるでしょう。

しかし、ほとんどの場合は無理とわかっていても、何かできることがないか取り組んでみたいという人もいるかもしれません。

その場合には、1%に賭けてみるのも良いかもしれません。

そのための方法としては、
ダメ元で正当な理由があるなら説明してみるのも良いでしょう。

しかし、その他の多くの人が提出期限を守れている状況においては、正当な理由を説明するのは難しくなっています。

自然災害などの影響によって、大多数の人たちがエントリーシートを提出できないような状況ならば、企業側も考えるかと思われますが、個人的な理由で提出に遅れた場合には、自分は正当な理由だと思っていても、企業側は正当な理由を考えてくれない可能性があるのです。

このように、エントリーシートを遅れて提出してしまうというのは、非常に厳しい状況だと言えるでしょう。

他の企業のESにかける時間にする


エントリーシートの提出を忘れてしまったのならば、思い切ってあきらめてしまうのも良いかもしれません。

ものは考えようで、エントリーシートの提出を忘れてしまったことによって失ってしまったものに取り組む時間が空いたとも考えられるのです。

そのため、その時間を他の企業のエントリーシートを作成する時間にしてみるのも良いでしょう。

エントリーシートは本気で作成しようとすると、それなりの時間がかかりますので、今回提出が遅れてしまった分、じっくりとエントリーシートを作り込んで、次の企業にかけるというのも立派な選択肢のうちの一つです。


無駄に悪あがきをするよりも、建設的な思考で、次のチャンスを最大限に活かすというのも大切ではないでしょうか。

まとめ

エントリーシートの提出期限についてわかったのではないでしょうか。

各企業、エントリーシートの提出期限に関しては厳しい意見を持っていますので、狙っている企業があるのならば、詳細な情報をしっかりと確認して、必ず期限内に提出できるようにしておいてください。

また、期限ギリギリに出すよりも、早期提出を心がけるようにすれば、企業の印象が良くなる可能性もありますし、提出に間に合わないといったことも避けることができます。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る