エントリーシート

2020/11/17

【例文付き】ガクチカとしてアルバイトでの新人教育を話すのってあり?なし?

2020/11/17

はじめに

ガクチカをアルバイトでの新人教育にしようと思っている人もいるかもしれません。

しかし、新人教育をガクチカにしていいものなのか迷っているという人もいるでしょう。

今回は、そんなアルバイトにおける新人教育のガクチカの作り方を紹介します。

そもそも、新人教育をガクチカにしても良いものなのかについても紹介しますし、ガクチカにする場合にはどのような組み立て方をすれば良いのかも紹介していきます。

アルバイトでの新人教育の経験を上手に利用して、企業にアピールしてみると良いでしょう。

ガクチカで新人教育ってあり?なし?

ガクチカで新人教育がありかなしか迷っている人もいるのではないでしょうか。

そして、新人教育をガクチカにしようとしている人は、ラッキーだと言えるでしょう。

新人教育というのは、学生時代になかなか体験できることではありません。

本来は、社会人になってから体験することになりますので、貴重な経験をしたと自信を持っても良いです。

基本的に新人教育というのはある程度の立場にならなければ、任せてもらえません。

このことからも、あなたがいた場所で一定以上の地位を持っていたということが明確です。

また、リーダーには若手を育てる素質が求められる部分もありますので、そういった機会に触れたことのあるというだけでもメリットは大きいと言えるでしょう。

新人教育をガクチカにすることによって、前向きな姿勢で捉えてもらうことができるはずです。

伝えるときのポイント

新人教育のガクチカは、とても良いです。

そのため、せっかくのエピソードを台無しにしてしまわないためにも、しっかりと伝えることが重要になってきます。

伝えるときの注意点を把握して、アピールできるようにしておきましょう。

また、伝えたほうが良い内容もありますので、メリハリのあるガクチカを目指したいところです。

どんなに良いエピソードでもあって、それは伝え方次第と言えますので、良いエピソードをより良いエピソードに変えられる工夫をしましょう。

伝えるときの注意点

新人教育のガクチカを伝えるときの注意点は、新人教育としてやったことを淡々と述べるだけにしないことが重要です。

これをやってしまうと、せっかくの良いエピソードも淡泊なエピソードに変わってしまいます。

また、相手は新人教育をしたエピソードを知りたいというわけではありません。

正確には、新人エピソードから何を学んだのか、そして、それがどのように自分の役に立ったのかを知りたいと思っています。

さらに、新人教育をするにあたって苦労したことや目標、工夫したことなどもエピソードに盛り込みたいところです。

こういった部分を知ることによって、あなたという人間を試しているのがガクチカになりますので、淡々とエピソードを語るだけでは、相手に何かをわかってもらうということは難しくなります。

何かに活きることを伝える場合には、それがその会社に入ってからも役立つことであれば、相手もより想像しやすくなるのでおすすめです。

伝えたほうが良い内容

新人教育のガクチカを作成するなら5W1Hを意識すると良いでしょう。

誰がというのは、あなた自身が新人教育に携わったので、気にする必要はありません。

また、いつというのもそれほど意識する必要はないでしょう。

しかし、期間が重要になってくる可能性がありますので、どのくらいの期間で新人教育をしたのかをエピソードに盛り込みたいところです。

どこでについては、どのような業界で、どのような仕事で新人教育に携わったかは重要な情報になってきますので、ぜひ入れましょう。

なぜ新人教育に携わったかも非常に重要な部分になりますので、詳細に説明してみてください。

そして、どのように新人教育をしたのかというのはエピソードのキモと言える部分で、相手側もこの部分の詳細を1番知りたいと思っているのです。

そのため、この部分から自分の良さをアピールできるように考えてみると良いでしょう。

5W1Hは、ガクチカを伝えるときに役立つ、基本形とも言えますので、構想段階で5W1Hを意識しながら作成してみてはいかがでしょうか。

例文

ここでは新人教育のガクチカの例文を紹介します。

新人教育を行うことで得られた成果や結果にフォーカスしたものと新人教育を行うプロセスやその難しさについて学んだことにフォーカスした内容の2種類を紹介しますので、それぞれの状況に合わせて使い分けてみてください。

また、フォーカスポイントによって、同じ題材でも内容がまったく違ってくることに気づくはずです。

例文①

私は中華料理屋の厨房で新人教育の携わったことがあります。

1年間アルバイトをしていましたが、その後は新人教育を任されました。

私が新人のときにも先輩方が丁寧に仕事を教えてくれましたので、同じように教えれば新人教育は達成できると思っていました。

しかし、私が教わったのと同じように教えても、なかなか仕事を覚えられない新人がいます。

ここで学んだのが、同じような教え方をしても、人それぞれ物事の捉え方が違うというものです。

価値観や着眼点の差で、同じように捉えない新人もたくさんいるのです。

これまで多様性についてあまり考えることはありませんでしたが、新人に作業を教えるようになってから、人々の多様性というものに興味が出るようになりました。

そして、アルバイトで新人教育をすることによって、複数の視点から物事を捉えられるようになったのです。

特に、教えられる人、サービスを提供される人、という目線から物事を見られるようになったのは大きかったと思います。

例文②

私は中華料理屋で新人教育を任されました。

これまでいろいろな人の新人教育に携わり、年上もいましたし、私と同じような学生もいました。

新人教育で特に難しいと思ったのが、年上を教えるときです。

以前は、あくまでも私の方が先輩にあたるので、上の立場として接していましたが、あるとき、そのことに機嫌を悪くしてしまった人がいたのです。

そのことから学んだのが、年下が年上を教えることの難しさと、その場合の配慮の重要性になります。

相手のプライドを傷付けないように、教えることが大切だと学びました。

今までは相手の立場について考えることはありませんでしたが、新人教育をするようになり、教えられる側の立場をしっかりと考えるようになったのは大きかったです。

その結果、接客の際の顧客目線ということもよく理解でいるようになったのです。

まとめ

ガクチカでアルバイトの新人教育を語れば、有利になる可能性があることがわかったのではないでしょうか。

確実に有利になるとは言えませんが、新人教育という経験は誰もができることではありませんので、その点は評価してもらえる可能性が高いです。

ただし、いくら良いエピソードだからといっても、伝え方を間違えると台無しになってしまいますので、どうやればより良いエピソードとして昇華することができるのかを考えて、作成してみてください。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る