エントリーシート

2020/11/17

あなたのガクチカ、アピール不足かも!接客のアルバイトで就活を勝ち抜く!!

2020/11/17

はじめに

今回は接客のアルバイトをガクチカとして採用する場合の注意点を紹介します。

接客のアルバイトは、多くの学生がガクチカとして利用する事柄なので、アピール不足になることやマンネリ化しやすいです。

そのため、魅力的なガクチカにするためにはどのような部分に注意すれば良いかを紹介していきます。

これらのポイントを踏まえて、就活を勝ち抜けるような魅力的なガクチカを作成しましょう。

ガクチカでアルバイトはありきたり?

ガクチカでアルバイトは定番といえば定番ですが、ありきたりと言えば、ありきたりです。

ただし、アルバイトで学ぶことは人それぞれ違っているはずで、自分だけしかできないような経験をしている場合はそれをしっかりと伝えることができれば、相手に好印象を与えられる可能性があります。

ガクチカは、エピソードも重要ですが、そのエピソードから何を学んだかのほうが重要になってきますので、アルバイトのガクチカも料理の仕方次第だと言えるでしょう。

魅力的に料理できる材料が揃っているのならば、アルバイトをガクチカにしてもなんら問題がありません。

差別化するために

ガクチカでアルバイトを選択する人はたくさんいますので、そのエピソードを差別化することがポイントになってきます。

差別化を図ることによってオリジナリティが発生し、自分しか体験できないような魅力的なエピソードになってくれるのです。

逆に、アルバイトのガクチカでやってはいけないのが、アルバイトをしてきたということを伝えるようなエピソードです。

この場合は、完全にありきたりな内容になってしまいますので、相手に何を伝えたいかを理解してもらうことは難しくなります。

大切なのは、アルバイトで何をして、何を思い、何を得たのかなどです。

また、アルバイトで何かを達成したのか実現したことがあるなら、そのエピソードを含めてみるのも良いでしょう。

ありがちなミス

アルバイトのガクチカを作る際のありがちなミスを紹介します。

ガクチカを自己PRと勘違いしてしまう学生はいまだに多くなっています。

ガクチカは自己PRとは違いますので十分に注意しましょう。

また、当たり前のことを伝えてしまうのもガクチカではNGになっています。

せっかく貴重なアピールの場をくださっているので、当たり前のことを伝えてしまうと、そのチャンスを無駄にしたも同然なのです。

ミス①

ガクチカを自己PRと混同してしまうと、相手に好印象を与えるのが難しくなってしまいます。

また、アルバイトのガクチカに限らず、自己PRと混同してしまうケースは多くなっていますので、今一度自己PRとガクチカの違いを考えてみる必要があるでしょう。

「○○という強みが身につきました」などとガクチカに書く人がいますが、これは力を入れたこととは別問題になってしまい、身についたかどうかは他者評価になってしまうのです。

この点を踏まえておかなければ、そもそもガクチカの意味を理解していないと思われてしまうので注意しましょう。

問いの意味を理解しないというのは、社会人として基礎能力の部分を疑われてしまう可能性があります。

ミス②

ガクチカでよくやってしまいがちなのが、当たり前のことを伝えてしまうものです。

特にアルバイトのガクチカでは注意する必要があるでしょう。

アルバイトのガクチカというのは、エピソードそのものがありきたりなものなので、そこで当たり前のことを伝えてしまうと、本当にごく普通のありきたりな内容になってしまうのです。

たとえば、アルバイトの場合は、アルバイト先に迷惑がかからにように一生懸命働きました、またはクレームにならないように意識しましたなどはアルバイトにとってはごく普通に当たり前の内容となってしまうでしょう。

また、遅刻をしないように早めの出勤を心がけることや1日も休まずに働くことができたなども社会人にとっては当たり前の内容になっています。

書きにくいからといって、このような内容にしてしまうと、まったく意味のないガクチカになってしまう可能性があります。

接客のアルバイトを魅力的に伝えるためのpoint

接客のアルバイトを例にして、魅力的に伝えるためのポイントを紹介します。

通常業務だけだとありきたりになってしまうので、プラスアルファを記載することも重要になってくるでしょう。

また、なぜプラスアルファをしたのかの理由も明確にしておきたいところです。

これを明確にすることによって、機転が利き、気配りのできる人というイメージを与えることができるでしょう。

通常業務に+α

アルバイトのガクチカがありきたりな内容になってしまう一番のケースは、通常業務について延々と語ってしまうというものです。

元々がありきたりなガクチカになりやすいので、通常業務を語るだけは絶対に避けたいところでしょう。

たとえば、ただのホール業務だけではなく、プラスアルファの何かを加えてやることが重要です。

気持ち良くお店を利用してもらうために、お客様が声を上げる前に注文を取りに行ったなど、具体的なプラスアルファを明確にすることによって、相手にアピールしやすくなります。

他にも、ホールの連携を向上させるために、チーフやマネージャーに気になった点を相談したなども良いでしょう。

接客のアルバイトの場合は、プラスアルファで積極性をアピールすることが、ガクチカで好印象を与えることにつながってくるのです。

なぜ+αをしたのか

接客のアルバイトをガクチカにする場合、プラスアルファを語るのが重要です。

そして、そのプラスアルファをなぜしたのかも重要になってくるでしょう。

理由が伴っていなければ、聞いている人は意味がわかりません。

たとえば、接客をしていて、家族連れでくるお客様が多かったことに気づき、小さいお子さんを持つ親御さんでも食事を楽しめる工夫をしたなどが挙げられるでしょう。

この能力は、自分で改善すべき点を模索して、目標を達成し、問題点を改善するために行動できる人間ということをアピールできます。

そして、その結果、どのように変わったかを述べることができれば、相手に評価をしてもらえる可能性が高いです。

特に企業では自分から問題点に気づき、行動できる人間が評価されますので、接客のアルバイトのガクチカでは、そういったことを伝えるような工夫しましょう。

漠然と学生生活を送るとガクチカに困る

ガクチカを作成し始めると気づくかと思われますが、漠然と学生生活を送る学生は、ガクチカの作成時に本当に困ることになります。

学生生活を送っているのですから、なんらかのエピソードはあるはずですが、漠然と学生生活を送ってしまうと、そのエピソード自体を覚えていないということもあるのです。

大学生活は、就活を見据えたうえで生活をするのがポイントなので、このエピソードはガクチカに使えそうだなど、普段から意識して生活することによって、ガクチカをスムーズに作成できるようになります。

また、普段印象的な出来事があった場合には、ガクチカのために日記などにメモしておくと良いです。

そうすれば、さまざまなエピソードを書くことができるでしょう。

まとめ

接客のアルバイトでガクチカを作成する場合の注意点がわかったのではないでしょうか。

接客のアルバイトは、工夫をしなければアピール不足なりがちです。

それを踏まえたうえで、ガクチカを作成することができれば、魅力的なガクチカを作成できるはずです。

アルバイトで何を学んだかを意識して、就活を勝ち抜きましょう。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る