エントリーシート

2020/11/20

ガクチカの内容を考えるときは「プロセス」が大事!

2020/11/20

はじめに

ガクチカの内容を考えるときはプロセスが重要になってきます。

そもそもガクチカというものは、自分の思考のプロセスを相手に理解してもらうためのものです。

この点からもガクチカにおけるプロセスは非常に重要になってくると言えるでしょう。

ここではガクチカに関する基本的な知識から、具体的にどのように組み立てることによって、相手に評価されるガクチカを作成できるのかを紹介していきます。

就活試験において、ガクチカは重要なポイントなので、ぜひ素敵なガクチカを作成できるように工夫してみましょう。

ガクチカって何を書けばいいの?

まずはガクチカに何を書けば良いのか考えてみます。


そもそもガクチカとはなんなのかを知ったうえで、ガクチカを提出すると人事はどこを見ているかも勉強しておきたい
ところです。

それを知ったうえで、過去のエピソードの書き方やプロセスの組み立て方を把握することによって、ガクチカがどんなものなのかの全体像を理解していきましょう。

ガクチカというのは、就活試験では重要になってくるポイントなので、魅力的なエピソードを1つとは言わずに、2つも3つも用意しておきたいところではないでしょうか。

そもそもガクチカって?

そもそもガクチカがなんなのかわからない人もいるかもしれません。


ガクチカというのは、「学生時代にチカラを入れたこと」で、それを短縮したものになっています。

近年の就職試験では重視される内容で、ガクチカを通じてさまざまなことを確認されてしまいます。

そのため、このガクチカの部分で失敗してしまうと、就活生にとって大きな損失になってしまうのです。

学生時代に力を入れたことは、人によってまったく違ってきます。

だからこそ
ガクチカにはさまざまな情報が詰まっていると言えて、人事や担当者はさまざまな学生のガクチカから、自社にとってメリットの大きな人材を探し当てようとしている
のです。

このように考えてみれば、ガクチカが重要なものであることが少しわかったのではないでしょうか。

人事はどこを見てるの?

ガクチカを作成する場合は、人事の気持ちになってみると良いでしょう。

自分が作成するガクチカを人事の気持ちになって審査してみるのです。

ガクチカを見る人たちが何を考えて、何を目当てにしているのかわかれば、ガクチカに書くべきことはしっかりと見えてきますので、これを知っているのと、知っていないのとでは、ガクチカの評価が大きく違ってくるでしょう。


ガクチカを通じて、人事が審査しているのは過去のエピソードでもあります。


また、そのエピソードを通じて、目標や課題に対してどのような姿勢で取り組む人間なのかを見られています。

さらに、論理的思考や人間性についても評価されているので、これを知れば、ガクチカがどれだけたくさんの情報を持っているか知れるでしょう。

それを知ればガクチカを軽視するということはないはずです。

過去のエピソード

ガクチカというのは基本的に過去のエピソードです。

過去のエピソードに対する向き合い方を評価して、その人間がどんな人間なのかが見られているのです。

たとえば、過去にどんな体験をしてきた人間なのかということも人事にとっては重要な要素になります。

大学生という時期は、とても伸びる時期なので、この時代にさまざまな経験をしていることは非常に重要です。

大学生時代と社会人時代に同じエピソードを体験したとして、受け取り方はずいぶん変わってくるでしょう。

そして、よく言われるのがエピソードの強さというもので、強いエピソードを体験した学生ならば、当然、評価は高まってくるでしょう。


また、エピソードを体験することによって、どんな行動をしたのかも重要になってきます。

これはコミット力と言われるものになっていて、特定のイベントに対して、どういう考え方で取り組むのか、どのような目標を設定するのかを知れば、その人の人間性がかなりわかってきます。

人事はガクチカを通じて、こうした部分を確認しているので、それを踏まえたうえでガクチカを作成するようにしましょう。

プロセスの組み立て方

過去エピソードの力も重要になってきますが、そのエピソードに対して、どのようなプロセスを組むのかも重要になってきます。


どんな強力なエピソードを体験していても、そのエピソードを人生に活かすことができない人間なのであれば、あまり評価はされません。

しかし、エピソードからさまざまなものを汲み取って、人が一学ぶ間に十学べるようなプロセスを組み立てられる人間ならば、大きく評価される可能性があるでしょう。

ここで重要になってくるのが、目標や課題に対して、どのようなプロセスで取り組む人間なのかということをしっかりとアピールすることなのです。

こういった部分を読み解くことによって、その人の論理的思考や人間性を評価したいと考えているのが人事です。

このことからも、単純にエピソードを体験したという体験談ではいけないことがわかります。

それに対して
どんな考えを持ったのか、どのような行動を起こしたのかこそが人事がガクチカに求めていることだと言えるのです。

また、ここでは論理的思考だけではなく、人間性も評価されることになるので、自分らしさを忘れないことも重要でしょう。

どんなエピソードでもPREPで

どんなガクチカにしようかの選択肢については、いろいろあります。

人によってガクチカは違ってくるでしょう。

しかし、どんなガクチカであっても共通する書き方があります。

それがPREP法というものになっていて、これに当てはめてガクチカを作成することによって、相手に自分をアピールしやすいガクチカを作成することができるのです。


PREP法というのは、元々わかりやすい文章で相手に伝えるためのものなので、そこに素敵なエピソードを当てはめることによって、質の高いガクチカを完成させることができます。

Point

結論の意味を持っています。

これはわかりやすい文章を書いたり、伝えたりするうえで、非常に重要なポイントになってくるのです。

書くときも話すときも結論から伝えるようにすると、相手の理解が各段に深まります。

たとえば、学生時代に英会話に力を入れたとすれば、「私が学生時代に力を入れたのは英会話です」というようになるでしょう。

結論から相手に伝えるようにすれば、相手に伝えたいことが明確になり、PREP法の場合は、最終的にも結論をアピールする二段構えなので、より相手に伝えたいことが明確になります。

また、結論から話、そこから少しずつ掘り下げていくようにすれば、話す側としても、とても相手に伝えやすいのです。

Reason

上で述べた結論に対して、理由や背景の意味を持っています。

学生時代に英会話を頑張ったという結論があって、なぜその結論に達したのか、もしくはなぜそれを頑張ろうと思ったのかを説明していく段階です。

英語の成績が上がったので、英会話を頑張ったという結論に達したとも言えますし、グローバルスタンダードである英語を学んで、国際競争に負けないようにした、というのも英語を学ぶ結論に達した筋道でしょう。

なんらかの結論、行動には必ず理由が伴うものであり、結論の後に理由や背景を述べるのは当たり前のことで、とてもわかりやすいです。

Example

ここは具体例やエピソードが当てはまります。

結論を述べて、理由や背景を述べましたが、それをさらに補完するのが具体例やエピソードです。

たとえば、英会話を頑張ったガクチカの場合は、英会話を頑張ったという結論を述べて、英語の成績が上がったからという理由があります。

そして、それを補完するものがあるとすれば、TOEICの成績が高まった、大学の英語のテストで高い点数を取れるようになったというのが具体例と言えるでしょう。

また、グローバルスタンダードである英語を学んで、国際競争に負けないようにしたいのが理由ならば、そのような考えに至ったエピソードを紹介すると良いです。

大学の教授が事あるごとに国際競争の重要性を説いていたというのでも良いですし、両親からそのように言われ続けたというのでも良いでしょう。

もちろん、述べた理由に対して納得できるような具体例やエピソードでなければなりません。

Point

PREP法では、最後を結論で締めます。

最初と同じですが、再び結論を述べることによって、相手により結論を印象づけることができるのです。

また、仮に相手にいまいち内容が伝わっていない場合であっても、再び結論で締めることによって、相手にある程度の納得感を与えるという効果もあります。

このような意味では、最後に結論で締めるという選択肢は、とても安全で無難な方法になります。

ただし、最初とまったく同じようなことを述べてしまうと、少し不自然な文章になってしまいますので、ここは経験を通じて得たものを紹介するのも良いですし、経験を通じて学んだものを紹介するのも良いでしょう。

こうすることによってオリジナリティが高められるとともに、自然な終わり方でガクチカをしめることができるようになるのです。

今回紹介したPREP法は、なんらかの相手に伝えたいエピソードがある場合には、どんな事柄であっても使える方法になりますので、社会人の基本テクニックということで覚えておくのも良いでしょう。

まとめ

ガクチカの内容を考える際にはプロセスが重要だということがわかったはずです。

そして、その重要性が集約されているのが最後に紹介したPREP法だと言えるでしょう。

この方法は、物語のプロセスを重視して、相手にわかりやすいように順序良く伝える方法になっています。

これをマスターすることによって、ガクチカではかなり有利になるはずです。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る