エントリーシート

2020/11/20

【これで完璧】長期インターンをガクチカで最大限にアピール!

2020/11/20

はじめに

長期インターンは、とても有利な経験をしたと言えます。

そのため、ガクチカにおいても有利に働く可能性が高いでしょう。

しかし、学生の中には、せっかく貴重な長期インターンという経験をしたのに、それを活かせない人もいるのです。

これは長期インターンでの貴重な経験を伝える訓練を怠ってしまっているからだと言えるでしょう。

素敵な経験を相手に共感してもらうためには、それを伝えるだけの能力が必要です。

今回は素敵な体験をそのままガクチカにするための方法をポイントにして、長期インターンのガクチカの作成方法を紹介していきます。

5W1HとPREP法を組み合わせて利用していますので、ぜひガクチカを作成する前にご覧になってみてください。

長期インターンは有利な経験


長期インターンは、必ず参加できるというわけではありませんが、参加することができれば貴重な経験値を得ることができますので、積極的に狙っていきたいところでしょう。

また、長期インターンは、何が有利なのかを知っておくことも重要ですし、短期インターンとの違いを知ることも大切です。

特に、短期インターンとの違いは重要で、長期インターンはかなりの時間をかけて取り組むものだからです。

くれぐれも、ここで時間を浪費してしまうといったことは避けたいところでしょう。

何が有利?

長期インターンが気になっているのならば、何が有利なのかを把握しておきたいところです。

長期インターンは数が少なく、競争率も高いですが、学生時代からビジネスを現場で体験することができる数少ないチャンスと言えるでしょう。

また、短期インターンとは違い、実際に戦力として貢献することになりますので、社会人とは何か、働くとは何かを得やすいのです。


多くの学生に言えることですが、自分が考えていた働くと、実際に社会人になってから働くのとでは、かなり状況が違い、違和感があると言えるでしょう。

自分が理想の会社だと思っていた場所であっても、実際に働いてみると、まったく理想とはかけ離れていたということも多いのです。

だからこそ、実際にビジネスの現場で自分を磨ける長期インターンという制度は、貴重な経験と言えるでしょう。

短期インターンとの違い

長期インターンと短期インターンの違いについても理解しておきたいところです。

長期と短期の違いを理解していなければ、得られるものも得られなくなります。

特に長期インターンに勘違いして参加すると、失うものがかなり大きいので、しっかりと短期インターンとの違いを把握しておきましょう。

まず、簡単にわけると、
短期インターンは採用目的で提供されることが多いです。

逆に、
長期インターンは、採用目的兼戦力としての契約を意味する場合が多くなります。

実際に企業の中で働くことになりますので、当然、企業はあなたのことを戦力として考えるのです。

しかし、これはあくまでも大まかに短期インターンと長期インターンの違いをまとめただけなので、場合によっては例外もあると言えるでしょう。

まったく違った意味合いで、それぞれのインターンが実施されることもあるので注意してください。

どう伝えるべき?

学生の中には、せっかく素敵な経験をしているのに、ガクチカでアピールできない人がいます。

素敵な経験をどう伝えるかには注目すべきで、それによって就活の内容もまるで変わってくるからです。


せっかくの魅力的な経験を余すことなく伝えるためには、5W1Hを意識するのもおすすめです。

これは社会人として基本のスキルですが、意外なことにできていない人も多くなっています。

今回は、5W1Hに沿ったガクチカでのアピール方法を詳細に紹介していきますので、ぜひ確認してみてください。

5W1Hを意識

ガクチカでは5W1Hが重要になってきます。

まず、whoの部分はあなた自身のことを紹介することになるので必要ないでしょう。

whenの割合は補足程度に留めていくことがポイントで、whereは少し定義を変えて、実際の場所や企業名というよりは、どのような業界でという定義に変えると書きやすいでしょう。

また、whatは魅力を伝えるためには必須の部分になりますので、しっかりと強調することが重要です。

whyでは差別化を図り、howは一番重要な部分だと言えます。

whoは割愛


ガクチカにおいては、whoは割愛しても問題ありません。

誰がしたかというのは、自分がしたことなのは当然です。

また、主語が会社になってしまう学生も多いので、この点は間違わないように注意したいところでしょう。

ガクチカは、自分はどんな人間なのかを知ってもらうかが重要になってくるので、自分についての魅力を思う存分に伝えられるエピソードを話すようにしてください。

そうすることによって、相手に魅力的な人間であることを印象づけることができます。

whenは補足程度


whenもガクチカにおいてはそれほど重要ではありません。

いつ何をしたのかというよりも、その体験を通じて何を得られたかのほうが重要になってくるので、それがいつかはあまり重視されないのです。

そのため、ガクチカの場合は、whenは補足程度に留めておくのがおすすめになります。

ただし、whenを補足的に入れることによって、聞き手にイメージしてもらいやすくする効用がありますので、まったくなしというわけにはいかないでしょう。

また、期間は重視される傾向がありますので、しっかりと盛り込むことが重要です。

どの企業でどのくらいの期間長期インターンをしたかというのは、そこで習得することができる能力だったり、習得した能力の証明だったりの部分でもありますので、決して軽視することはできません。

ただし、
あくまでも補足程度に使うのがセオリーなので、あまりにも時間を使い過ぎて、他の部分が疎かになってしまうのは避けたい
ところでしょう。

whereは少し定義を変えて

whereは、少し定義を変えて運用するのがおすすめです。

ガクチカで重要になってくるのは、実際の場所や企業名よりも、どのような業界でといったことです。

そのため、どのような業界でという意味に変えて運用することによって、素敵なガクチカになる可能性が高くなってきます。


どのような業界でというのは、自身の目的意識にも大きく関係する部分になりますので、これがしっかりとしていなければ、ブレているという印象を与えがちです。

当然、自分がその業界に持っている熱意も重要になってきますので、その業界について熱く語れるようなものを選ぶことが重要になってきます。

whatがないと魅力が伝わらない

whatの部分はガクチカの魅力を最大限に高めるために重要な要素だと言えるでしょう。

何をしたかを伝えることができなければ、長期インターンの魅力は伝えられません。

ただ、長期インターンをしたという経験だけ伝えられても、相手はあなたを評価のしようがないのです。


そのため、長期インターンに参加して何をしたかをしっかりとアピールすることによって、相手に長期インターンの魅力を伝えられるようにしましょう。

また、ただ伝えるだけではなく、しっかりと強調することが大切になってきます。

普通に伝える場合と強調して伝える場合では、相手が抱く印象がまったく異なってきますので、強調してください。

さらに、whatの部分は、相手の注目を引きつける場面でもありますので、そこからの展開に起伏があるような事柄を採用することも重要であるという点を忘れてはなりません。

whyで差別化を

whyは差別化を図る部分と言えます。

差別化を図るということは、オリジナリティを追求する場面でもありますので、ガクチカにおいては非常に重要です。

採用担当の人は、同じようなガクチカに飽き飽きしていますので、ここでしっかりと差別化を図ることによって、興味を抱かせることもできるのです。

いろいろな活用方法が考えられて、なぜ長期インターンに参加することになったのかも重要ですし、そもそもこの業界を選んだ理由についてもしっかりと説明します。

さらに、なぜその会社を選んだのかというのもガクチカでは重要な部分だと言えるでしょう。


個性的なガクチカを目指しているのならば、なぜの部分は非常に重要なので、力を入れるようにしてください。

howが最重要

ガクチカにおいては、howの部分が最重要だと言えるでしょう。


リアルなビジネスに触れる一番のメリットは目標を達成するプロセスを知れるということなのです。

そのため、何をどのようにしたのかをしっかりと伝えることが大切だと言えます。

この部分は、特定の物事に対して、あなたがどのように行動して、何を思っているのかを伝える部分でもありますので、企業側からすると、最も知りたい部分にあたると言えます。

長期インターンから学んだことが、企業側が意図する部分と食い違ってしまうと、せっかくの魅力的な体験も台無しになってしまいますので、相手の意図を理解したうえで、何をどのようにしたのかを伝えてみてください。

伝える順番

長期インターンをガクチカで伝える場合、5W1Hが重要だと学びました。

しかし、内容も重要なのですが、伝える順番も重要になってきます。

伝える順番がしっかりとしていなければ、せっかくの素敵な体験もいまいち相手に理解されないといったことがあるのです。

ガクチカのエピソード力自体は非常に高いものの、それを伝える術を持たないせいで、合格まで到達できなかったという学生はたくさんいますので、魅力的なエピソードを作ることに注力するだけではなく、そのエピソードを相手に理解してもらうための工夫もしましょう。


そして、そのようなエピソードの伝え方をするためには、PREP法がおすすめです。

Point

PREP法に5W1Hを照らし合わせてみると、Pointはwhereとwhenの部分だと言えます。

この部分は結論にあたり、PREP法では相手に印象づけるため非常に重要になってきます。

長期インターンのガクチカを作成する場合は、ある程度内容は決まっていて、「私が学生時代に力を入れたことは大学2年時から現在まで行っているweb広告業界での長期インターンシップです。」といった内容になるでしょう。

長期インターンを頑張ったということは決まっているので、
どの業界で何を頑張ったのかという部分が重要になってきます。

また、どのくらいの期間インターンをしていたかという部分も重視される傾向がありますので、しっかりと加えるようにしてください。

Reason

Reasonはwhyの部分で、理由になってきます。

長期インターンを頑張った理由を述べることになり、「始めたキッカケは、将来ビジネスにおいて活かせるスキルを学生のうちに身につけようと思ったからです。」といった内容になってくるでしょう。

これは、相手に自分の考え方を伝える部分でもありますので、ガクチカでは非常に重要です。

ガクチカでは、企業側があなたの思考方法に興味を持っていますので、このアピールポイントを逃すのはもったいないです。

また、将来の役に立つという理由の他にも、インターン先の社風に感銘を受け、ぜひその会社で働いてみたいと思うようになったという理由もあり得ます。

人それぞれにいろいろな想いがあるかと思いますので、例に囚われることなく、自分の考えをしっかりと伝えることが重要になってくるでしょう。

Example

Exampleは具体例を挙げます。

なぜそう思ったのかを補足するような意味合いにすることが重要で、whatとhowを同時に利用するのがおすすめです。

「私は、自社メディアをSEO検索で上位表示させるための記事企画から作成の仕事を任せてもらっていました。その中で、ターゲットを定義することとターゲットにとって有益な記事を提供することで苦労しました」というような使い方をすると良いでしょう。

この部分もガクチカにおいては非常に重要で、課題に対してどのように行動する人間なのかを見られるからです。

目標を設定して、課題に対して取り組む論理的な思考をアピールすることも重要になってきますし、失敗や挫折に対して、どのように行動する人間なのかをアピールすることも重要になってくるでしょう。

Point

最後に再び結論をアピールします。

最初とまったく同じことを述べるわけにもいかないので、ここは長期インターンをしたことによって、得たものなどを例にして、話をまとめるようにしましょう。

長期インターンで得られたものはたくさんあるはずなので、いろいろと思い返してみて、どのエピソードを利用するのが締めるのにふさわしいかを考えてみると良いです。

しっかりと締めることによって、不思議なもので、全体が締まったように感じます。

その意味でも最後の結論は非常に重要になってくると言えるでしょう。

まとめ

長期インターンを使ってガクチカを作成する方法や魅力的な体験を相手に共感してもらえるように伝える方法を理解したのではないでしょうか。

まず、長期インターンを経験している時点で、他の就活生と比べると、アドバンテージがあると自信を持って良いです。

そのため、今度はそれをどのように相手に伝えるかに注力すべきなのです。

長期インターンでの魅力的な体験を、相手にしっかりと伝えることができれば、企業は好印象を持ってくれる可能性は高いので、経験やエピソードを料理する術を学んでおきたいところです。

そして、そのためには、PREP法や5W1Hが重要になってきます。

ぜひ、今回紹介したことを利用して、素敵なガクチカを作成してみると良いでしょう。

 

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る