エントリーシート

2020/12/04

エントリーシートに万年筆を使うメリットは?ボールペンとの違い解説

2020/12/04

万年筆を使用してエントリーシートを作成することは間違いではありません。
エントリーシートで使用できる筆記用具に決まりはありませんが、万年筆やボールペンを使用すると美しい仕上がりを実感できます。
エントリーシートは、黒インクの筆記用具を使用して書くことが基本です。
ところが水性ボールペンや消せるボールペンは、文字が消えたり水滴で滲んでしまうこともあるので、エントリーシートを作成する際に使用するのは不向きと言えるでしょう。

はじめに

一般的にエントリーシートを書く時にボールペンを使用する方が多いようです。

そのため、万年筆を使ってエントリーシートを書いていいのか悩んでしまう方も少なくありません。

そこでエントリーシートに万年筆は使えるのか、また使った時にどのようなメリットがあるのかについて本記事で解説していきたいと思います。

ライバルに差を付けて、よりいいエントリーシートに仕上げたい方必見の情報をお届けしますので、ぜひ参考にしてください。

万年筆は使える?

まずはじめに正解を述べてしまうと
エントリーシートに万年筆を使用することは可能です。

エントリーシートは、基本的に何を使用して書いても問題ありません。

さらにもっと重要なのは
、内容が分かりやすく記載されているかという点です。

使用する筆記用具によって文字の見た目や太さには大きな違いがあるため、きれいに仕上がることを意識して使用する筆記用具を選んでみるといいでしょう。


万年筆を使用した場合、文字が見やすくなり、採用担当者に大きく印象付けることができるといったメリットがあります。

ボールペンで書いた時とは見た目に違いがあるため、他の就活生のエントリーシートよりも目にとどまりやすくなります。

一方で万年筆を使い慣れていないと適切な力加減が分からず、文字が滲んでしまうことがあるので、使用する前には使い方をマスターする必要があるでしょう。

万年筆を使うメリット

万年筆を使用すると就活を成功へと導く嬉しいメリットがあることをご存じでしょうか。

実は、万年筆を使用するときれいな文字を書くことができ、採用確率をアップすることも夢ではありません。

きれいな字を書ける

万年筆は、使い方に多少のコツがありますが、使い慣れてしまうと文字をきれいに書くことができます。

美しい文字を書きたいのであれば万年筆を使うべき!と断言する方も少なくありません。

万年筆を実際に使用してみると美文字の基本である「止め・跳ね・払い」をスムーズに表現することができ、美しい文字を書きやすくなります。

万年筆を使いこなしてエントリーシートを作成すると美しさを実感できることでしょう。

万年筆を使うデメリット

次に万年筆を使用するデメリットを確認していきましょう。

万年筆を使用するとメリットを実感できるだけでなく、時にデメリットだと感じてしまうこともあるかもしれません。

事前に万年筆を使うデメリットにも目を向けておくと、実際に使用する時も安心して使用できます。

使うのにコツがいる

これまでに万年筆を使用したことがないと人によっては使いづらいと感じてしまうこともあるでしょう。

まず万年筆を使用する前には、万年筆を使うにはインクを吸い上げたり、インクを装着する必要があります。

さらに美しい文字を万年筆を使って書くには、正しい持ち方で書くこともポイントです。

ボールペンとは違い、万年筆はやや寝かせるようにしてペン先を動かします。

また、ペン先をひねってしまうと文字がずれてしまい美しい文字になりません。

万年筆は、使い方が難しいので、
実際にエントリーシートを書き始める前に何度か練習した上で使用するといいでしょう。

他に使える筆記用具は?

ここからは、万年筆のほかにどのような筆記用具がエントリーシートを書く際に合っているのかを解説していきます。

自分に合った筆記用具を見つけて早速エントリーシートを書いてみましょう。

ボールペン

多くの就活生が使用している筆記用具といえば、ボールペンです。

ボールペンは、使い慣れている方が多く、実際にエントリーシートにも使用することができます。


ボールペンでエントリーシートをきれいに仕上げたいのであれば、色は黒で0.5mmのボールペンを選んでみるといいでしょう。

エントリーシートは、原則として黒インクで書きますが、0.5mmの太さを選ぶことで見やすい仕上がりになるといったメリットがあります。

もし、万年筆を使うことに抵抗があるという方は、使い慣れたボールペンでエントリーシートを作成してみてはいかがでしょうか。

使わない方がいいのは?

エントリーシートの作成時には、使用しないほうがいい筆記用具があります。

ここからは、エントリーシートの仕上がりを美しくするために使用しないほうがいい筆記用具を紹介していきますので、参考にしてみてください。

消せるボールペン

書き間違った時に簡単に消せると話題の消せるボールペンをご存じでしょうか。

誰でも手軽に使用でき、間違い箇所を消せるのがメリットですが、エントリーシートでは、消せるボールペンの使用は控えましょう。


消せるボールペンは、エントリーシートなどの正式な書類で使用することはNGです。

熱で色が消える特殊なインクのため、万が一、温度が高い場所で保管されてしまうと文字が消えてしまう可能性もあります。

また、こすれたり手の熱で滲んでしまうリスクもあるため、エントリーシートを書く際には消せるボールペンは使用しないようにしましょう。

水性ボールペン

水性ボールペンを使用してエントリーシートを作成する就活生が増えています。

しかし、水性ボールペンは、使い心地がよく軽い力加減で美しい文字が書けるといった特性があるのですが、
油性ボールペンと比べて滲みやすいというデメリットがあります。

水性ボールペンは、水に濡れてしまうと滲みを避けることはできません。

万が一、採用担当者の手元に届く前に雨や水滴に濡れてしまうと滲んで文字が見えなくなってしまう可能性もあります。

せっかく時間をかけて一生懸命エントリーシートを作成したのに文字が滲んで伝えたいことを伝えることができなかったなど、残念な結果にならないよう水性ボールペンは、エントリーシートを書く際には避けるべきでしょう。

まとめ

今回は、エントリーシートに万年筆を使用して書くメリットやデメリットをご紹介しました。

万年筆は、正しい使い方について知識として終わらせずに、使うことに慣れてしまえば手軽に使用することができます。

また、実際に万年筆を使用して文字を書いてみると美しい文字を書けるのを実感できます。

美しい文字で書かれたエントリーシートは、採用担当者の目にもとどまりやすくなるので、積極的に使用してみるといいでしょう。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る