エントリーシート

2020/12/04

【ガクチカ】秘書検定取得でガクチカは書ける?例文を見て他と差を付けよう!

2020/12/04

秘書検定は高卒・短大卒・専門卒でも取得している就活に定番の資格であり、資格取得そのものは珍しいことではなく、他の就活生との差別化につながりません。
秘書検定取得をガクチカにするには、なぜ取得することにしたのかを将来の仕事や入社後の貢献に結びつけた理由をアピールすることが大切です。
その上で、困難な課題を乗り越え、成果にこだわって目標を達成したエピソードを紹介するとともに、入社後にいかに貢献できるかをアピールしましょう。

はじめに

学生時代に力を入れたことをアピールするガクチカにおいて、秘書検定の取得はアピール材料になるでしょうか。

秘書検定を取得するために受験勉強を頑張ったエピソード、秘書検定を取得するために努力したことがガクチカとして成り立つのか、この人を採用したいと思わせることができるかについて検討していきます。

秘書検定はどこでアピールできる?

ガクチカで秘書検定を取得したことをアピール材料にしたい場合、そもそもどのような点がアピールポイントになるのでしょうか。

勘違いしたくないのは秘書検定を取得したという結果は、アピール材料にはならないことです。

検定に受かった、検定に受かるために勉強を頑張ったといったことはアピール材料にはなりません。

秘書検定を取得したことをガクチカでアピール材料にするとすれば、秘書検定を取得したことで身についた知識やスキルです。

秘書検定においては社会人としての礼儀や常識をはじめ、ビジネスパーソンとしてのマナーや電話の受け方や書類の書き方や送り方、メールの書き方や送り方、来客対応、上司への報連相の仕方、急なトラブルへの対応の仕方などビジネスの基本ノウハウを学ぶことができます。

新入社員研修などで学ぶ基本的な事項を既に習得しており、秘書として必要な最低限の対応の仕方を学んでいることがアピールポイントにできます。

秘書検定取得でガクチカは書ける?

では、秘書検定を取得したという結果そのもので、選考に通るガクチカを書けるでしょうか。

ガクチカは学生時代に何に力を入れたかを紹介するもので、その学生の興味や関心を知り、どのような努力ができる学生なのか、どのような点でモチベーションが高まるかを企業はチェックする材料にしています。

そのため、単に過去のエピソードや実績を伝えるだけでは足りず、ガクチカを入社後にどう生かせるかまでアピールできなくてはなりません。

秘書検定取得がそれに当てはまるかが問題となります。

それだけでは無理!?

秘書検定取得という結果だけでは、ガクチカのアピール材料にはなりません。

検定に受かった、検定に受かるために勉強時間がとれるように時間をうまく作ったといった事実だけでは無理があります。

なぜかといえば、ガクチカは学生時代のエピソードや実績を伝えるだけでなく、実績を通して自分を知ってもらうことが目的だからです。

秘書検定を取得したことでどのような成長を遂げ、入社後にどのように役立てるようになったかをアピールすることが求められます。

秘書検定取得のためにどのような努力をしたのか、努力の仕方を紹介して自分を知ってもらうとともに、その努力を通じて何を得て、入社後にどう生かせるかをアピールする必要があります。

「なぜ」取得したのかをきちんと述べよう

秘書検定取得でアピールできるガクチカを書くためには、なぜ取得したのか理由を明確にすることも大切です。

ビジネススキルとして最低限必要だから、みんなが取得しているから、チャレンジしやすそうだったからではなく、入社後に活用できることを意識して取得したことがより具体的になる理由が求められます。

さらに志望する企業や職種、実際に携わりたい業務をあらかじめイメージし、そのために必要な知識やスキルが身につくから取得を目指すことにしたなど、入社後の自分の姿をイメージし、それに向けて具体的な計画を立て、目標を達成するための計画の一環として秘書検定にチャレンジしたことをアピールできるとベストです。

秘書検定取得は珍しい?

秘書検定を取得したこと自体がガクチカのアピールポイントになると勘違いしてしまう方は、秘書検定を取得するのはすごいこと、素晴らしいことだと思われているかもしれません。

確かに資格を取得するために知識やスキルを学ぼうとする意識や意欲、その取り組みは評価に値し、それによってビジネスに必要なマナーや知識、スキルを身につけたことは一定の価値があります。

ですが、秘書検定は難しい資格ではなく、社会人としての素養を身につけるための定番の資格です。

就活をする上でも人気の資格であり、大学生だけでなく、高卒や短大卒、専門卒の方でも普通に取得できる資格であるため、希少性もなければ、他の就活生と大きな差別化が図れる資格ではありません。

そのため、資格を取得した実績そのものではなく、なぜ、秘書検定を取得しようと思ったのか目的と身に着けたこと、それを入社後にいかに生かそうとしているかが重要になります。

秘書検定を生かしたガクチカ例文

では、どのように秘書検定取得をガクチカでアピールすればいいのか、具体的な例文をみていきましょう。

秘書検定取得をアピールする上では、次の点を踏まえることがポイントです。

困難な課題を乗り越えたり、目標達成に向けて継続力があることをアピールすること、成果にこだわって目標を達成できることをアピールすること、入社後に必要なスキルがあることをアピールすることです。

こうした点を盛り込みながら、他の就活生と差別化できるガクチカを書いていきましょう。

例文

私が学生時代に力を入れたことは、秘書検定1級の資格取得です。

将来、どのような仕事がしたいか考え、企業の業績アップを支える営業事務の仕事に興味をもちました。

営業事務として即戦力となるために、必要となるマナーや対応力が身につくと考え、秘書検定の勉強をすることにしたのです。

1級取得に向けて計画を立て、3級のテキストを読み込んだあと、2級の勉強を始め、大学1年時に3級を飛ばして2級を取得しました。

大学2年時に準1級を取得し、3年時に1級合格を果たしました。

準1級からは筆記試験に加えて面接試験もあり、実践的な対応力が求められます。

面接対策ではそれで受からないと指摘を受けました。

報告と応対の二つの課題を解決することばかりに集中してしまい、当然に求められる面接室での態度や振る舞いができていないと指摘されたのです。

テキストで学んだ知識を応用するだけでなく、社会人として求められる立ち居振る舞いや配慮を実践的に学び直し、面接に臨みました。

その結果、秘書検定に合格しただけでなく、成績優秀者として日本秘書クラブ会長賞をいただくことができたのです。

資格取得の過程で学んだことを活かし、御社で誰に対しても恥ずかしくない対応をとり、営業職を支える力になりたいと思っています。

まとめ

秘書検定は多くの就活生がチャレンジする人気の資格であり、資格取得をしたことだけではガクチカとしてのアピール材料としては弱いです。

なぜ、秘書検定を目指すことにしたのかを、将来やりたい仕事や入社後にいかに役立てられるかと結びつけた理由を明確にすることが必要です。

その目的を達成するためにどのような努力をし、どのような困難を乗り越え、結果を出すに至ったのかのエピソードを紹介するとともに、その経験やスキルを入社後にどう生かせるかをアピールしましょう。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る