エントリーシート

2020/12/05

就活の軸を「人」にするのはアリ!注意点を踏まえて人を軸にした企業選びの決め方を解説!

2020/12/05

就活の軸として「人」を選んでも大丈夫です。
ただし、人を選り好みしたり、対人能力がない人といい印象を与えられない可能性もあります。
自分がどういった人間環境が好きなのか分析し、OB訪問をしてリアルな環境を知って、企業の人間環境のどのような点に魅力を感じたかをアピールできるようにすることが大切です。

【「人」を軸にする】はじめに

「人」を就活の軸にすることはできるのでしょうか

就活の軸は入社したい企業を選ぶ基準となり、エントリーシートや面接の志望動機などでアピールする材料ともなるものです。

内定獲得にも影響する就活の軸に「人」をおいていいのか、また、「人」を就活の軸にした場合にどのような点に気を付けるべきかを見ていきましょう。

【「人」を軸にする】就活の軸は「人」でいいの?

そもそも、就活の軸を「人」にすることは問題ないのでしょうか。

「人」というと漠然とした印象がありますし、「人」から派生する意味合いは幅広いので、就活の軸としてうまく伝わるか不安になるかもしれません。

また、「人」は直接、仕事と関係しないイメージがあり、就活の軸としてふさわしくないのではと心配する方もいることでしょう。

そのため、就活の軸は「人」でいいのかが問題となります。

もちろん大丈夫!


「人」は仕事と直接関係しないように思えますが、仕事を進めていく上でも「人」との関わり合いは重要な要素といえます。

ビジネスを行っていく上では、一緒に働く同僚や上司、取引先、顧客との関係をもつからです。

企業にとっても、会社経営で重要な三大要素は人・物・金です。

中でも人材を人財と称して、人こそが企業の持続的成長を遂げる大切な要素と位置付けられるため、「人」を就活の軸にしても問題はありません。

特に今の時代は少子高齢化で人材が不足しており、企業も「人」を重んじ、採用にも積極的に取り組んでいます。

あとはどのような理由で「人」を就活の軸として選んだのかや、それをもとにどのようなアピールをするかです。

離職する理由にもなりえる「人」は見逃せない要素

少子高齢化でどの業界でも人材が不足している時代であり、人材の確保と定着は企業にとって大きな課題となっています。

かつては終身雇用制度のもと、新卒で入社した人は定年まで勤め上げるのが当たり前でした。

ですが、時代が変わり、転職も当たり前になる一方、ブラック企業問題やセクハラ、パワハラなどの問題が表面化したり、ストレスを抱えてメンタルヘルスを病み、離職する人なども増えてきました。

近年は特に若手を採用してもすぐに辞めてしまうケースが増えています。

その理由として職場の人間関係を挙げたり、顧客や取引先などとの人間関係を挙げるケースも少なくありません。

そのため、その企業の「人」に魅力を感じた、自分と合う、この企業なら働きやすいと考えることは志望動機として成り立たないものではありません。

人を軸にするなら、他の人と差別化する必要がある

就活の軸を人にしたいと考えている人は少なくありません。

さらにも、就活の軸を「人」だけにしても、アピールとしては弱く、伝え方によってはいい印象を与えることができません。

人付き合いがうまくできない人なのではと思われたり、自分は棚に上げて相手の人の良し悪しに頼る人なのではと思われかねません。

人の性格や自分との相性で人を選り好みするとなれば、同僚との関係性や取引先や顧客との対応でも不安が残ります。

協調性がない、チームワークができないなどと思われては、採用されません。

そのため、就活の軸として「人」を据える場合にはマイナス思考ではなく、
人との関わり合いについてプラス思考の理由を挙げるとともに、プラスアルファの要素も用意しておくことが望ましいです。

【「人」を軸にする】軸にした場合の考え方

では、就活の軸に「人」を据える場合、どのように考えていけば、企業に理解してもらうことができ、企業へのアピールとして成り立つのでしょうか。


就活の軸に「人」を挙げる場合、業種や職種、その人の考え方により、何に重きをおくかは異なるはずです。

接客業やサービス業、医療や介護など人との接点が多い業種や職種であれば、人とのコミュニケーションが好きといったアピールの仕方が考えられます。

一方で、職場での人間関係が気に入ったことを企業選びの判断材料とする場合は、どのように考えていけばいいのでしょうか。

自分がどういった人間環境が好きなのか分析する

人とのコミュニケーションを重視するのか、職場や仕事に関連する人との人間関係のよさを重視するのかなど、就活の軸に「人」を挙げる場合でも、それぞれ「人」の意味合いは異なるはずです。


そこで、漠然と「人」を軸にするのではなく、自分がどういった人間環境が好きなのかしっかり分析することからスタートしましょう。

和気あいあいとした穏やかな雰囲気だと安心して仕事に取り組める、体育会系の職場のほうがモチベーションが上がる、個を重んじて裁量を与えてくれる職場のほうが自分の能力を発揮できる、お互い尊重し合える関係性が理想など、いろいろとあるはずです。

これまでの自分の経験を踏まえ、どのような人間環境なら能力を発揮し、活躍していくことができるのか、入社後の貢献を見据えて分析しましょう。

OB訪問をしてリアルな環境を知る

職場の人間環境によって自分の能力の発揮のされ方が異なると考える方や、職場の人間環境が企業選びに大きく影響を与えると考える場合に、それを就活の軸として、その企業を選んだ理由に位置付ける場合、それを根拠づける必要があります。

企業の実情を知らず、企業の採用サイトの人事担当者のメッセージから自分に合うと思ったとか、社員インタビューを見て人間環境がよさそうだと思ったとか、過去にパワハラやセクハラ問題が発生していないからとの理由や、育児休業や有休が取りやすいと書いてあったのでお互いをカバーし合える人間環境だと思ったという理由づけでは、いずれも見聞にすぎず、説得力に欠けます

実際に企業見学をしたり、インターンとして働いた経験や、OB訪問をしてリアルな環境をリサーチすることで、自分の実体験として人間環境に魅力を感じたことをアピール材料にするのが望ましいです。

尊敬できる人を探す

職場内の人で、訪問の際、もしくは訪問する前から何らかの情報手段で尊敬できる人が職場内にいて、その人とともに働きたいと考える人もいると思います。

そんな人は、尊敬できる上司や経営者がいるからその人の下で働きたい!という強い思いをもって企業を志望しているということを、素直にそれを話してみましょう。

その場合は、その人のどんなところ、何を尊敬して、また自分はどうなりたいのかというように具体的に、軸となる人と自分とをすり合わせながらせつ目営していく必要があります。

尊敬できる人も十分に軸となりうるので、深掘りしていきましょう。

【「人」を軸にする】軸にしたときの例文紹介

例文1:チームワーク

私の企業選びの軸は、人とのつながりが強く、またチームワークを大切にされている企業かどうかです。

そう考える理由は、チームワークがよければ望ましい結果を出せると経験から学んだからです。

中学、高校時代を通してサッカー部に所属していましたが、強くなるためにはチームワークが欠かせません。

中学3年生のときサッカーがうまい部員が入部しましたが、自分本位だったためチームの和が乱れ、試合に負け続けてしまったことがあります。

私たちは話し合い、チームワークの大切さを確認して絆を強めることを約束しました。

その結果、チームは再び勝ち続けることができたのです。私は部活動での6年間の経験を通し、人間関係やチームワークの大切さを学びました。

御社はチームワークの良さが業界でも有名であり、この会社なら自分の能力を発揮して仕事に貢献できると考え、志望いたしました。

 

例文2:尊敬する人

 

私は御社のインターンシップでメンターを勤めていただいたAさんとの対話の中で御社の志望が固まりました。

インターンシップ中に、Aさんは「常に先輩や優秀な同期から刺激を受けて日々の仕事に取り組んでいる」というお話をしてくださいました。

私はこれまで、この仕事の経験なく、仕事内容に関して大きな不安を感じていました。

しかし、Aさんの常に第三者から学び続ける姿勢とその姿勢を認め課題を与え続ける御社の人材成長にかける思いをどの企業よりも強く感じ取ることができ、私もいち早くその環境で仕事がしたいと考えるようになりました。

入社後は常に能動的に学び、会社に貢献していきたいです。

まとめ

「人」を就活の軸にしても問題はありません。

ただし、漠然と「人」を挙げても意味合いが広すぎ、説得力に欠けます。

人を選り好みしたり、対人関係がうまくいかないのではと思われ、いい印象を与えられない場合もあります。

そのため、自分がどういった人間環境が好きなのかしっかり分析することが大切です。

OB訪問をしてリアルな環境を知り、人間環境にいかに魅力を感じたかを就活の軸に据えることができれば、説得力も高めることができます。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る