エントリーシート

2020/12/05

【自己成長は軸になる?】就活の軸を「成長」としてしまうのは危険?より魅力的な自分にしよう!

2020/12/05

「自己成長」を就活の軸とする就活生は多いため、志望動機としては弱いです。
説得力ある志望動機にするためには、なぜ成長したいのかを明確にし、成長する場所がその企業でなければならない理由を具体的に語れるようにすることがポイントです。
自分の目標を叶えるため、その企業特有の仕組みを利用した具体的な成長計画をアピールできると、志望動機としての魅力が増します。

はじめに

「自己成長」を就活の軸に選ぶことはありなのでしょうか。

成長という言葉の響きはよく、入社後の成長を目指すのはいいことのように思えます。

企業選びの基準として「自己成長」を就活の軸にしていいのか、それとも避けたほうがいいのかを詳しく分析していきます。

その上で、就活の軸に成長を挙げる際に気を付けたいポイントについても理解していきましょう。

【自己成長は軸になる?】成長を軸にしていいの?

自己成長は就活の軸としてふさわしいのでしょうか。

成長という言葉の響きはよく、学生から社会人となり、入社して成長を遂げていくというのは、企業の人事担当者や面接担当者にいい印象を与えるようにも思えます。

では、なぜ「自己成長」を就活の軸にすることがいいのか否かが、一つのテーマとして議論されることになるのでしょうか。

その理由は正直なところ、その企業を選んだ志望動機としては弱い側面があるからです。

その具体的な理由を詳しく見ていきましょう。

正直、志望動機としては弱い…

なぜ、「自己成長」は志望動機として弱いのでしょうか。

成長という言葉のイメージはよく、自己成長を遂げたいというのは志望動機としてふさわしいように思えます。

にもかかわらず、志望動機として弱いと言われるのは、いくつか理由が挙げられます。

一つの理由は、「自己成長」を志望動機に挙げる学生が多く、他の就活生との差別化につながらないためです。

エントリーシートの段階で「自己成長」や「成長」を志望動機に掲げる就活生ばかりであれば、誰も同じかと思われ、その時点で選考落ちする可能性も少なくありません。

もう一つの理由は学生から社会人になり、仕事ができる人材として成長していくのは、ある意味当たり前のことです。

その企業でなくとも、ビジネスパーソンとして成長していくことが当然に求められるので、その企業を選んだ志望動機としては弱いといえます。

「なぜ」成長したいのかを明確にしよう

学生を卒業し、社会人となって仕事ができる人材、業績に貢献できる人材へと成長を遂げていくのはある意味当たり前の前提であり、いつまでも新卒のままで成長ができなくては困ります。

就活の軸として「自己成長」を掲げるなら、なぜ成長したいのか、成長したい具体的な理由を明確にすることが必要です。

単に一人前に仕事ができるようになりたい、活躍できるようになりたいとアピールするのではなく、その企業で成長を遂げることで何を得たいのか、何を目指しているのかを具体的にアピールできるようにしましょう。

その企業でなければいけない理由が大事

新卒の新入社員が成長を遂げていくことは、どの企業でもすべての新卒に対して期待されていることであり、成長するのは当然の前提となります。

いつまでも一人では仕事ができないままでは困りますし、新人が相応の成長を遂げるのは当たり前の話です。

つまり、入社して成長をするのは、どの企業でもできるわけで、その企業を志望した志望動機として弱いと言われるのは、新卒はどこでも成長できるからに他なりません。

そのため、自己成長を就活の軸にしたいなら、自己成長を遂げる場がその企業でならなければいけない理由を明確にすることが大事です。

なぜ、その企業で成長を遂げたいのか、その企業でどのように成長していきたいのかを具体的にし、その企業で成長することで何を得たいのかを明確にしましょう。

【自己成長は軸になる?】自己分析をしよう!

就活の軸として、単純に自己成長を遂げたい、成長したいといえば通ると思っていた方は、なぜその企業で成長したいのかを具体的に考えなくてはなりません。

これといった志望動機がないために、就活の軸として「自己成長」を挙げておけばいいと簡単に考えていたなら、はじめから考え直す必要があります。

なぜ、その企業で成長したいかを考えるために自己分析を行いましょう。

過去の経験や将来目指したいことを棚卸し、成長したい理由と成長する場としてその企業を選ぶ理由を検討することが大切です。

なぜ成長したいのか考える

なぜ、成長したいのかを自己分析を通じて考えましょう。

単に社会人として一人前になるとか、仕事ができるようになるではいけません。

それではどの企業でもできることであり、その企業でなくてはならない理由に欠けるからです。

なぜ、成長したいのかは、あくまでも志望する企業においてです。

就活の軸というのは企業選びの基準となるものですので、その企業でなければ自己成長ができない具体的な理由やエピソードが求められます。

これまでの経験を棚卸し、その経験をもとに入社後にどう成長して、何を目指したいのかをしっかり考えましょう。

その企業で〇〇になることを目指しているので、こういうふうに成長したいなど、具体的に説明できることが大切です。

【自己成長は軸になる?】成長を軸にして魅力的にするコツは?

「自己成長」や「成長」というキーワードは多くの就活生が就活の軸や志望動機として挙げる代表格です。

他の就活生の中に埋もれて選考落ちをしないように、他の人との差別化を図る必要があります。

企業の選考担当者にインパクトを与え、他の就活生とは違うとよい印象をつけるために成長を軸に魅力的にアピールすることが必要です。

他の就活生と差別化が図れる、志望動機は成長を軸にして魅力的にするコツをご紹介します。

その企業特有の仕組みなどを持ち出す

その企業での成長を目指し、成長するにはその企業でなければならないわけですから、それを具体的に語れなくてはなりません。

ただ、「御社でないと成長できないのです。」と主張しても納得してはもらえないからです。

他社とは異なるキャリアプラン制度がある、独立支援制度がある、社内ベンチャー制度や社内公募制度があるなど、他の企業とは異なる仕組みを利用して成長を遂げたいといったアピールが一つの方法です。

制度や仕組みをただ持ち出すだけでは足りません。

自分がそれにどうして魅力を感じ、その仕組みをどのように活用して成長していきたいのかを具体的にアピールできるようにしましょう。

たとえば、将来は社内ベンチャー制度を利用して、社長になって〇〇の分野で事業を運営したいといった内容です。

成長を具体的に計画しておく

その企業の仕組みを利用して自分の目標を叶えるために成長をしたいとアピールする場合に、そのためにはどのような行動をとればいいのか具体的な計画もアピールできると、より魅力的な志望動機となります。

そこまで考えているなら、入社後に活躍が期待できそう、自社への入社意欲が高そう、仕事へのモチベーションが高いと判断してもらえます。

社内ベンチャーの社長になるためには、どのような成長計画を立てて臨むのかなどを具体的に語れるようにしましょう。

将来はその企業をリードしたいと考え、経営幹部になる目標をもっているから〇〇を行いながらキャリアアップを目指したい、海外拠点の支店長になるために、こういう活躍をしたいなど、その企業に根差した成長計画を考えてみましょう。

まとめ

「自己成長」を就活の軸に選ぶ就活生は多いため、単純に成長したいとアピールしても差別化できず、インパクトも弱いです。

「自己成長」を就活の軸にするなら、なぜ成長したいのかを明確にし、成長する場所がその企業でなければならない理由を具体的に伝えましょう。

その企業特有の仕組みなどに焦点を当て、その仕組みを利用した明確な目標と、具体的な成長計画をアピールできると、志望動機としての説得力を高めることができます。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る