エントリーシート

2021/1/15

【3種の例文あり】アルバイトをガクチカとしてアピールする方法!

2021/1/15

ガクチカの題材にアルバイトを選ぶ学生は少なくありません。
それだけに、ありきたりの内容では企業側の目を惹くことは難しくなります。
ガクチカが問われる理由は、企業が人物像や価値観、自社とのマッチングを見るためです。
応募先企業も意識しつつ、自分なりの考えや工夫がきちんと伝わるガクチカにすることで、魅力的な内容となるでしょう。

 はじめに

ガクチカの題材にアルバイトを挙げる学生は多いですが、社会人と同じように働いて金銭を得る経験ですので、もちろん適性の高い題材と言えます。

ただし、アルバイト自体は特別なものではありませんし、単に経験したことだけを述べても魅力あるガクチカにはなりません。

近年ではほとんどの企業で問われる質問なので、ぜひ質の高い文章を作成しましょう。

ここではアルバイトを題材とした、魅力的なガクチカの書き方を解説します。

 ガクチカとは?

すでにご存じの通り、ガクチカは学生時代に力を注いだことです。

その経験で培ったスキルやノウハウが企業にも生かせるのではないかという期待と、貴重な学生時代の時間を何に費やしたかで人物像を探るのが企業側の狙いです。

その学生がどのようなことを考え、どのような価値観を大事にしているかが垣間見えるため、あらゆる企業が設問に据えていることも理解できるでしょう。

それだけに、企業にとっていかに魅力あるガクチカにするかがとても大切になります。

 ガクチカの書き方

ガクチカの書き方は、本質的な部分とテクニック的な部分にポイントがあります。

まず本質的な部分では、自分が何をもってそれに打ち込んだか、自分の意思や目的を明確にすることが挙げられます。

実際にはとくに目標を掲げて行ったことではないかもしれませんし、特別な意気込みがあったわけでもないかもしれません。

でも結果として学生時代の時間の多くをそのことに費やしてきた事実があるなら、そこには何かしら自分なりの考えやモチベーションがあったことになります。

そこを自覚して認識するだけでもガクチカはとても魅力的なものになりますので、ぜひ自分の気持ちに向き合ってみてください。

そしてテクニック的な部分に関しては、多くのアドバイスにもあるように、端的に分かりやすく、結論から書くことを意識することが大切です。

最初に質問に対する答え、次にその根拠、説得力を持たせるエピソードで構成するだけで、相手に理解してもらいやすいガクチカがつくれます。

アルバイトをガクチカにする時のポイント

冒頭でも触れましたが、アルバイト自体はさほど目新しい経験ではありません。

中には特殊なアルバイトもあるかもしれませんが、いずれにせよ企業側が聞きたいのはアルバイトの内容ではないのであまり関係はないでしょう。

アルバイトをガクチカにするときにライバルに差をつけるポイントは、自分の言葉で自分の意思をしっかり表明することです。

人柄、価値観、考え方や主張がきちんと伝わるように意識すれば、数ある応募の中でも埋もれないオリジナリティを引き出すことができるでしょう。

どのような工夫をしたか

同じアルバイトでも、何も考えず言われたことを言われた通りに時間内でこなすだけの人と、自分なりに考えて工夫して働いた人では得るものが変わります。

そもそも頭も使わず作業していただけではとてもガクチカとは言えませんから、違う題材に切り替えたほうが得策です。

どんなアルバイトにも頭を使って工夫するポイントはありますし、日々改善すべきことがあります。

もちろん事業に大きな影響を与えるほどすごいことがアルバイトにできるわけはありませんので、企業側もそんな大きなことを求めているわけではありません。

立場は違っても働いて対価を得ることは社会人の行為そのものですので、そこで何を考え、何を身に付けたかを書くようにしてください。

 ありきたりにならないようにする

アルバイトは多くの学生が経験していますし、ガクチカにもよく登場する内容です。

それだけに、ほかの人とほとんど同じ内容になってしまうような、ありきたりの文章にしない工夫が最も重要です。

たとえば「接客業でコミュニケーション能力が身に付きました」などという文章は、おそらく誰もが山ほど見かける内容ですし、どこかで聞いたような話に感じるでしょう。

それが事実だったとしても、企業側はうんざりしているのが本音です。

同じことでも、「同年代のお客様でも、適切にコミュニケーションを取ることで、まったく異なるニーズを引き出せるスキルが身に付きました」といういうほうがよほど目に留まります。

 アルバイトで得たことの仕事への活かし方

アルバイト経験は、応募先企業や希望職種によってはそのまま生かせる部分が多いものです。

せっかくアルバイトから得たことがあるなら、それを相手企業で生かせることをアピールしない手はありません。

そのものズバリでなくても構いませんので、なんとか自分の経験を相手企業にマッチさせる工夫をしてみてください。

たとえば、お惣菜を詰めるアルバイト経験を食品業界にそのままつなげることは簡単です。

ただそのほかにも、効率的に詰められるツールの開発や、自然に還るエコパッケージ素材の開発にだってつなげることが可能でしょう。

同じアルバイトでも、働きながら常に頭も働かせることで、仕事へ生かせる道はいくらでも見つかります。

せっかくの自分の経験ですので、あらためてよく考えてみてください。

 アルバイトのガクチカ例文

ガクチカは学生時代に最も時間を費やしたことでもありますので、アルバイトは適合しやすい内容です。

ただし、単発のアルバイトをいくつもこなしているような内容よりは、一つの仕事を長く続けた内容のほうが企業への訴求力は高くなると認識しましょう。

説得力を持たせるためにはなるべく数字を入れたほうがよいですが、適当な数字がない場合は勤めた期間を入れるのも一つのテクニックです。

企業は真面目に長く働いてくれる人材を欲していますので、継続は力なりを表明するのもよい手段です。

 例文(スーパーマーケット)

私が学生時代に一番力を入れたのは、スーパーマーケットの生鮮食品売り場でのアルバイトです。

もともと野菜が大好きで、引退したら自分の畑を持ちたいという夢があります。

近年は、まったく生鮮物を取り扱わないスーパーマーケットの出店などのニュースを聞き、生鮮食品販売に対する課題意識も強くなりました。

私は野菜の価値や未来の食のあり方などを研究するため、大学では食品産業論のゼミを取っています。

最終的には、実際にスーパーマーケットで多くのお客様が、喜んで野菜を買いたくなる売り場を提供し続けることが重要だと学べたのは大きな成果です。

大学3年の終わりには、アルバイトで貯めた20万円を資金に、念願の野菜ソムリエ資格も取得しました。

貴社においては、アルバイトで培った消費者研究のノウハウを生かし、業績向上に貢献できればと考えています。

 例文(飲食店)

私が大学時代で最も力を入れたのは、カレー屋でのアルバイトです。

大学に入学してすぐに始め、4年生の春までずっと継続して働いてきました。

このアルバイトで一番勉強になったのは、文化の違いをどうやって乗り越えていくかのノウハウです。

この店の店長はインド出身の方で、日本に本格的な南インド料理を広めようと来日し、日本のカレーのおいしさに心打たれて通常のカレー屋を開いた方です。

日本語が得意ではなかったため最初はうまく指示が聞き取れず、怒られたこともしばしばありました。

それでもこのアルバイトに打ち込んだ理由は、新しい環境に身を置き、常にチャレンジ精神を燃やす店長から意欲と精神的タフネスを学びたいと考えたからです。

おかげさまでこの3年ちょっとの間に、強いストレス耐性とグローバル精神を身に付けることができました。

たまに納得のいかないことで注意されることもありましたが、「文化の違いはリスペクトすべき」と自分に言い聞かせ、消化するメンタルケア能力があります。

こうした精神的タフネスは、きっと貴社の事業に貢献できると考えております。

 例文(コンビニエンスストア)

私が大学時代に力を注いだのは、コンビニエンスストアでのアルバイトです。

大学1年の夏から始めましたが、常に人手不足で非常に忙しいため、可能な限り卒業までは続ける予定です。

仕事はレジ打ちや商品陳列だけでなく、外掃除やエアコンのフィルター掃除などもあるため、勤務時間は短いものの厳しい面もあります。

それでも私が打ち込めた理由は、職場にとてもよい仲間たちがいてくれたからです。

二人体制では厳しい広さの店舗のため、ほかのアルバイト仲間とも連携し、チームとしてお互いにフォローし合える体制を築けました。

地方から出てきて一人暮らしを始めた私にとって、誰も知らない土地で徐々に顔見知りが増えていくことは、とても大きな励みです。

商店街の中にあるためほかの店舗の方々とも顔見知りになり、街ですれ違ったときに声をかけてくださる優しさには、心が温まります。

貴社に入社してからも、職場の方々とのチームワークを大切に、厳しい仕事にも真剣に向き合い、たくさんの方々に優しさをお返ししたいと思っています。

 まとめ

ガクチカでアルバイトを書く場合は、ありきたりの内容にならないようオリジナリティを出しましょう。

何を伝えたいのかを明確にして、結論を最初に述べることが大切です。

説得力を持たせるためには具体的なエピソードを盛り込み、なぜ自分が打ち込んだのかも明確に伝えることが大切です。

相手に分かるように端的に述べながらも、自分らしいガクチカを目指してください。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る