エントリーシート

2021/1/18

【2種の例文あり】エントリーシートで印象的な自己紹介をする方法

2021/1/18

エントリーシートの自己紹介をうまく書くポイントは、結論から述べて長文になり過ぎないようにまとめることです。
そのためには結論から述べるPREP法を用いることが効果的と言えます。
出身大学や氏名も忘れず、長所や強みとその会社を受ける理由についてのコンパクトな文章に仕上げます。
企業研究をして、会社が求める能力を把握することも重要です。
企業が欲しい人材とマッチした自己紹介を書くことが、選考通過につながります。

 はじめに

就活ではエントリーシートを書く作業があります。

エントリーシートをどのように書くかは、選考評価につながる重要な点です。

いくつかの項目がありますが、その中でもここでは自己紹介についての書き方を紹介します。

自己紹介は基本的なことですが、ポイントを押さえて書かなくてはマイナス評価になる場合もあります。

選考をクリアするための書き方について見ていきましょう。

例文も紹介しますので、参考にしてください。

 エントリーシートとは?

エントリーシートはESとも表記され、履歴書とはまた異なります。

履歴書はメーカーによって多少異なるものの、聞かれる項目は似ており就活生で購入して記入提出することになります。

一方エントリーシートは、企業側で独自にフォーマットを決めているものです。

企業によって質問項目は違いますし、エントリーシートを用意していない企業もあります。

エントリーシートは就活生の人間性を確認するためのものであり、企業とマッチしているかの判断材料になります。

 自己紹介する時のポイント

エントリーシートで自己紹介するときには、だらだらと長くならないように簡潔にまとめることが大切です。

記入スペースは限られていますので、言いたいことを上手にまとめなければなりません。

要点を押さえた書き方のテクニックや分かりやすい文章に仕上げる方法を頭に入れておきましょう。

文章作成の要となるPREP法についてもお伝えします。

結論から書くことで、分かりやすくインパクトのある自己紹介になります。

 要点を押さえて簡潔に

勘違いしやすいのが、自己紹介と自己PRの違いです。

自己紹介ではまず、自身の氏名や出身大学について述べることを忘れてはなりません。

大学名や学部、学科について明記しましょう。

その上で、自己PRを簡潔に書きます。

自身の長所や強みについて、企業が求める人材と重なる部分を書くことで好印象を持ってもらえます。

そのためにも企業研究をすることは欠かせません。

自己PRのほかに書いておきたいのが、その会社を志望する理由です。

履歴書では志望動機にあたる部分ですが、エントリーシートでは働きたい意気込みをアピールすると良いでしょう。

身上紹介と自己PR、そして志望動機の3点をうまくまとめることがポイントです。

 長文にならないようにする

自己紹介を書くときには、小さな字で長文になり過ぎないように気を付けることが大切です。

人事担当者が読むにあたってストレスを感じないように心がけたいものです。

空欄やあまりにも短文での提出は論外ですが、ぎっしりと長文過ぎるのもマイナス評価になることを頭に入れておきましょう。

小さすぎる文字や雑な書き方、さらに読点のない文章はNGです。

文章は「、」「。」をきちんと付けることが基本です。

また内容が変わるときには段落を空けることで読みやすくなります。

誤字脱字がないように、きちんと読み返して提出しなければなりません。

限られたスペースの中で、自身が言いたいことがきちんと書けるように内容を整理することが重要です。

 PREP法で書く

簡潔に要点をまとめた自己紹介を書くためには、PREP法を取り入れるのがおすすめです。

PREP法とは結論から述べる文章構成のことで、この書き方をすることで言いたいことが読み手に伝わりやすくなります。

インパクトもあり、読み手が理解しやすいというメリットもあります。

書いている本人自身も、頭の中で内容を整理しやすいでしょう。

PREP法は、Point(結論)→Reason (結論に至った理由)→Example(エピソード・事例)→Point (結論・まとめ)という文章構成になります。

結論を主張し、その理由を述べた後に裏付けとなるエピソードを話します。

そして最後に再び結論を出してきてまとめるスタイルです。

説得力のある志望動機になるので、積極的に活用したいものです。

 自己紹介の例文

具体的に、自己紹介の例文について見てみましょう。

内容面と文章構成について、良い見本となる例文を二つ紹介します。

例文①は事務職を受ける女性のケース、例文②はチーム営業の仕事を受ける男性の例文を挙げます。

それぞれ400文字を目安にした例文ですが、アピールしたい点をうまくまとめているので参考になるはずです。

 例文①

「〇〇大学文学部国文学科の〇〇です。

大学では古文のゼミに所属し、歴史的な文献などを深く追究し学んでおります。

文学部に入ったのは、子どものときから本を読むことと物書きが好きだったことが大きな理由です。

日記は小学生から高校まで毎日付けており、コツコツ継続力もあります。

文章を書いたりまとめたりする作業が得意で几帳面な性格ですので、それを生かして貴社の事務職を希望しました。

パソコンに関しても、Excel、Word共に使いこなすことが可能です。

また大学ではランニングサークルのマネージャーも任されており、世話好きで気配りのできる性格です。

事務職は職場の方が働きやすい環境を作ることも大切なので、マネージャーで身に付けた気配り力が役立つと思います。

こうした性格と強みを生かし、貴社の事務員として活躍したいです。

企業説明会にも伺い、貴社の和やかな雰囲気が気に入っております。

どうぞよろしくお願いいたします。」

 例文②

「〇〇大学経済学部の〇〇です。

大学ではマーケティングなどを学んでおり、それも生かしながら将来的に人と接する仕事がしたいとずっと思っていました。

自身の力で工夫して売上につなげていく営業職に非常に興味を持っております。

さらに貴社はチーム営業スタイルである点も、私が志望した理由です。

私は中学高校とサッカー部に所属しておりチームスポーツで協調性も学びました。

友人も多く、場を盛り上げる明るさも持っており社交性のある性格です。

協調性や社交性、さらに人と接することができる仕事として、貴社のチーム営業は適職だと考えております。

貴社に入社できれば、ゆくゆくはチームリーダーとして売上ナンバー1の営業マンになることが目標です。

サッカーで鍛えましたので、体力と根性にも自信があります。

人と接する仕事がしたいという夢を叶えることができれば何よりです。

よろしくお願いいたします。」

 まとめ

このように、エントリーシートの自己紹介は「身上」と「自己PR」、「志望動機」の3点を簡潔にまとめることがポイントとなります。

あれもこれもアピールしたい部分がたくさんあるとしても、書き過ぎるのは逆効果です。

企業が求める人材と重なる部分を上手にピックアップして、長文になり過ぎないように心がけましょう。

結論から述べてインパクトのある論理的な自己紹介に仕上げて、選考クリアへとつなげたいものです。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る