エントリーシート

2021/1/22

評価されるESにおけるアルバイト経験の書き方はこれ!注意点・例文をふまえてESを完成させよう

2021/1/22

アルバイト歴の項目は、企業が就活生の人間性や能力を知るためのものと言えます。
それゆえに、企業が必要とする能力にマッチする回答にすることが高評価のポイントです。
具体的なエピソードとアルバイト経験から身に付いたスキルや学びをしっかりアピールすることが大事です。
アルバイトをしていない人は、ほかに頑張っていたことを書いてポジティブな回答にすれば問題ありません。

 はじめに

エントリーシートには、アルバイト経験について書く項目が設けられているケースも見られます。

アルバイトについて書くときは、どういった点に留意すれば良いのでしょうか。

企業がアルバイト経験を聞く意図を知ることで、より内容の濃い回答ができます。

またアルバイトの職種についても、好印象につながる書き方があるのでマスターしたいものです。

職種別の例文も挙げているので、参考にしてください。

そもそもアルバイト経験はESで有効なの?

ESにおいてアルバイト経験を書くことは有効です。

アルバイト経験は重要な社会経験になるため、自身の大きなスキルとなります。

これまでもたくさんの人がアルバイト経験をESに書いてきました。

企業側は履歴書だけでは人材を把握することができません。

そこで企業側は、応募者の能力の見極めのためにES を大学生に作らせるのです。

なので応募者側はESを通して自分のスキルや能力をアピールするのです。

こういった流れから、アルバイト経験はESで大きな力を発揮します。

 

 企業がアルバイト歴を聞く意図

アルバイト歴についての質問にはどういった意図があるのでしょうか。

企業としては、採用した際に長く活躍してくれる人材であるかどうかが気になるところです。

アルバイト歴を聞くことで、その人の人間性や社会性などを見極める材料になるでしょう。

アルバイト経験があれば、ある程度の社会人としてのマナーや常識も身に付いているとみなすこともできます。

具体的に、エントリーシートにアルバイト歴の欄を設けた理由について見ていきましょう。

 社会経験の有無を知るため

どんなアルバイトであっても、社会に出て働いた経験があれば仕事の大変さやお金を稼ぐことの難しさを知ることができます。

働くことは楽しいことばかりでなく厳しさもあることを身を持って体感することができるのです。

アルバイト経験がある人は、仕事をするにあたっての責任というものを理解していると判断できます。

またアルバイトをすることで、社会人に必要な身だしなみや常識も身に付くことでしょう。

まったくアルバイト経験がない人よりも社会性があるとみなすことができるはずです。

つまりアルバイト歴についての質問は、その人の社会経験の有無を知るためにあると言えるのです。

企業は、社会人として恥ずかしくない人物を採用したいと考えています。

 社風に合うかを見るため

企業が必要とする能力は、当然のことながらそれぞれの会社によって異なります。

孤独に強く一人で黙々と働ける人が欲しい会社もあれば、チームで協調性を持って働ける人物を求めているところもあります。

大切なのは、自社にマッチした人材を見つけることです。

エントリーシートにアルバイト歴を設けることで、その人物がどのような仕事に携わってきたのかが分かります。

アルバイトといえども仕事のジャンルはさまざまです。

接客や工場勤務、家庭教師などどんなアルバイトをしたのかによって、その人の性格や能力が見えてくるでしょう。

そして企業は、その人の人間性が自社に合うかどうかを判断したいわけです。

優れた能力を持っていても、社風に合わなければ続かない可能性もあります。

企業も慎重に人物を見定めて、内定を出したいのです。

 根気強さを知るため

アルバイトは正社員よりも気楽かもしれませんが、それでも責任を持って与えられた仕事を果たさなければなりません。

仕事をしていく中で何らかの壁や問題にぶつかることもあるでしょう。

そうした際に、自分なりに考えて工夫して乗り切る強さは、入社後に必要になります。

どんなアルバイトをしたのか、そしてそこでの挫折や失敗体験を聞くことで、その人のストレス耐性や根気強さが見えてきます。

仕事で何かあったときの対応の仕方や向き合い方を企業は知りたいわけです。

回答するときは良いことばかりでなく挫折体験も書いて、どう乗り越えたかを具体的に話すようにしましょう。

前向きな乗り越え方は、高く評価してもらえるはずです。

アルバイト経験で評価されるポイント

成功・失敗体験を具体的に書く

企業側は、応募者のESのアルバイト歴からアルバイトの経験から何を得たのかを知りたいと考えています。

例えば「接客する上で必要なことが○○であると学んだ」「工夫することの大切さを実感した」といった、技術的、あるいは精神的な成長や学びについてです。

こういったことをより具体的に述べていきましょう。

また成功・失敗の原因を考え、そこから何を学び、何を行動したのかまで考えるとより良いESとなっていきます。

可能であれば、志望する業界や業種に活かせる学びを挙げるようにすると、よりよい評価が得られる可能性が高いです。

 

志望動機とマッチさせる

自分がその企業に応募する動機と、自分の経験がマッチしていればより説得力のあるESになっていきます。

そこで、自分が学んできたこと、それにより感じたことなどと、企業の志望動機やはいいてからのビジョンとマッチしていればそれだけ考えて仕事に取り組める学生であるとわかります。

できるだけ、経験と志望動機はマッチさせましょう!

 職種別の例文

さまざまなアルバイトの職種がある中で、人気の仕事についていくつかの例文を挙げます。

学生は、居酒屋やカフェなどの飲食店やコンビニエンスストアでアルバイトをしている人が多いです。

また得意な科目を生かして、塾講師をしている人もいるのではないでしょうか。

ここでは飲食店とコンビニエンスストア、さらに塾講師に関する例文を紹介します。

書き方や内容について参考にしてください。

 飲食店

「私はカフェのホールで接客業のアルバイトをした経験があります。

友達からも親しみやすいと言われる性格で、人見知りもしません。

笑顔でお客様と接することができる仕事がしたかったので、カフェのアルバイトを選びました。

駅前の忙しい店でしたので、モーニングやランチの時間はバタバタでしたがどんな多忙なときでも笑顔でにこやかに接客しました。

そうするとお客様から、私の笑顔を見たくて通っていると言っていただいたのです。

その話が店長の耳にも届き、スマイル賞をいただきました。

またクレーム対応においても、丁重に詫びて落ち着いて対処する方法を学びました。

貴社の接客サービスも、どんなときでも自慢の笑顔と丁寧な対応を生かして頑張りたいです。」

この例文は、接客業のアルバイトを通して笑顔や丁寧な対応ができる姿が浮かんできます。

飲食店のアルバイトは多くの就活生がしているので、ありきたりの内容にならないようにしましょう。

具体的な出来事を誠実に書くことがポイントです。

 コンビニエンスストア

「私は、コンビニエンスストアでのアルバイトを2年間続けております。

夜勤に入る日もあり、学業と並行して頑張ることができると思い始めました。

コンビニエンスストアで身に付いたのは、敬語の使い方と時間の使い方です。

お客様にはもちろんですし、先輩や上司にも正しい敬語を使えるようになりました。

また夜勤をすることで、スケジュール管理が習慣付いて以前よりも時間を上手に使えるようになったことも成長だと思います。

健康管理をしっかり行うことも身に付きました。

コンビニエンスストアで学んだことはとても基本的なことですが、貴社の営業職ではお客様との第一印象が重要だと考えます。

営業マンは時間の使い方も大切ですし、アルバイトでの学びを生かして営業成績ナンバー1の営業マンを目指したいです。」

コンビニエンスストアでの仕事は、社会全般で役立つベースとなる内容が多い仕事です。

その中で入社後に生かせそうな学びをアピールするようにしましょう。

受ける会社が求めている能力と重なる部分を話したいものです。

 塾講師

「私は大学では英文学を学んでおり、それを生かしたいと塾講師のアルバイトをしております。

対象は小中学生ですが、講師をすることでよりいっそう英語力を磨くことができました。

さらに、授業を盛り上げるための工夫が必要であり、企画力やアイデアも身に付きました。

なかなか成績が伸びずやる気をなくしている子どもがいたのですが、その子は音楽が好きでしたので英語の歌を使って授業を試みたのです。

そうするとどんどんモチベーションが上がり、覚えも良くなりテストでも90点以上を取れるようになりました。

貴社では新プロジェクトに向けてのメンバーを募集されているとのことなので、塾講師で得た企画力を生かして良いアイデアを提供したいです。」

塾講師のアルバイトは指導力だけでなく、例文のようにアイデアや企画力、ユニークな発想力なども企業に生かすことができます。

幅広い能力が身に付くアルバイトと言えます。

楽しいエピソードを書いて、人事担当者にインパクトを持ってもらいましょう。

ESでアルバイト経験を書く際によくある質問

複数のアルバイト経験がある場合は?

複数のアルバイト経験があるからといって、複数のアルバイトを話す必要はありません

複数のアルバイト経験がある人は、まずは自分でそれぞれのアルバイトに関して、自分が学んだこと、企業で活かせそうなことを考えてみましょう。

その後、1番深掘りでき、企業にアピールできる能力が身についたアルバイトに関して、ESを進めていきましょう。

また複数で迷ってしまう場合には、ESで複数の文章を考えてみましょう

求めれられている人材は企業ごとに違うため、複数のアルバイト経験を持ち、アピールできる能力が変われば、選考に通る可能性が広がります。

1つに絞り、複数案があるなら考えておいて損することはないでしょう。

 アルバイト経験がない人は?

中にはアルバイトをしたことがない人もいるはずです。

その場合、エントリーシートに「経験なし」の一言のみを書くことは避けたいものです。

経験がない場合は、なぜアルバイトをしなかったのか、その理由について明記しましょう。

たとえば部活動が忙しくてできなかった人もいるでしょう。

留学していたり、何か資格を取るための勉強に必死でできなかったりと、いろいろな理由があるのではないでしょうか。

いずれにせよ、ポジティブな回答にすることが大切です。

100文字で書くといった制限がある場合は?

100文字という少ない範囲でESのアルバイト経験についてまとめなければいけない時があります。

そういった場合には、どう取り組んだか、もしくは自分が成長できたことなどの構成要素の中から自分が書きやすいものを絞って書くようにしましょう。

自分の主張を簡潔にわかりやすく伝えることを意識して、自分の良さをアピールしてみてください。

 まとめ

エントリーシートのアルバイト経験欄は、受ける企業が求める能力にリンクするような書き方をするのが望ましいと分かりました。

実際に、アルバイトで選んだ仕事と受ける仕事が似ている人が多いのではないでしょうか。

アルバイトの経験を入社後に生かせるように、しっかりアピールしましょう。

具体的なエピソードを用いるとともに、そこからの学びや成長を明確にすることも高評価につながります。

アルバイト歴の項目は、企業が就活生の人間性や能力を知るためのものと言えます。

それゆえに、企業が必要とする能力にマッチする回答にすることが高評価のポイントです。

具体的なエピソードとアルバイト経験から身に付いたスキルや学びをしっかりアピールすることが大事です。

アルバイトをしていない人は、ほかに頑張っていたことを書いてポジティブな回答にすれば問題ありません。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る