エントリーシート

2019/9/07

広告業界の内定につながる志望動機とは?書くための4つのポイント

2019/9/07

就活生から人気の高い広告業界。
広告業界を目指す学生のうち「なぜ広告業界を志望しますか?」「この企業に就職したい理由はなですか?」などの質問に答えられる人はどれほどいるでしょう。

この記事では、広告業界への志望動機を書く際に考えるべき4つのポイントを解説します。
志望動機の文章構成の考え方を理解し、内定を目指しましょう。

 

広告業界の内定に一歩近づく志望動機

 

広告業界は、就活生から人気の高い業界の一つです。

就活生は広告業界に対して「給料が高いイメージがある」「クリエイティブな仕事ができる」などの印象があるため、毎年多くの学生が選考を受けます。

そのため、広告業界で内定を勝ち取ることはもちろん、エントリーシート選考を突破することも簡単ではありません。

 

広告業界の内定を獲得するためには、まずは志望動機の書き方が重要なポイントとなります。

ありきたりな志望動機では他の学生に埋もれてしまうため、採用担当者の印象に残らない可能性が高いです。

志望動機を書く際には、他の学生と差別化することで担当者からの印象にも残りやすく、広告業界や業務への意欲的な姿勢を示すことができるでしょう。

この記事では、内定に繋がりやすい志望動機を書くための基本的な4つのポイントを紹介します。

 

 

なぜ広告業界を志望するのかを明確にする

 

まず志望動機を考える際に大切なポイントは「広告業界を志望する理由を明確にする」ことです。

 

ただの憧れやイメージで志望動機を書いてしまうと、採用担当者からは業界研究をできていない就活生という印象を持たれてしまいます。

業界の特色や魅力を理解した上で、他の業界ではなく広告業界を志望する理由を、より具体的で説得力が増す切り口で明確にしておきましょう。

そのためには、広告業界の表面的な部分のみではなく、実際の業務の泥臭さや大変さを知る必要があります。

 

その上で「世の中に良いものを広げる仕事」「自分が作成したものが多くの人に影響を与える」など、広告業界だからこそできる仕事と絡めて志望動機を作るようにしましょう。

広告業界を志望する理由が明確に伝えられるようになれば、他の就活生と差別化でき、採用担当者の印象に残りやすくなります。

 

 

その企業を選んだ理由も考える

 

広告業界を志望する理由を明確にできれば、次は「その企業を選ぶ理由」も考える必要があります。

広告業界の中にも多くの企業があるため、その中からなぜその会社を選んだかを説明することが求められます。

例えば「その企業が取り組んでいる事業に携わりたい」「その企業でしかチャレンジできないことがある」など、理由が明確になるほど深みのあるESになり、採用担当者に良い印象を与えることができます。

 

そのためには、それぞれの企業が取り組む事業や業務の内容などを入念に調べておくことが必要です。

まだ仕事をした経験のない就活生には、 実際に企業で働いてからの具体的なイメージを持つことができるのかが重要になってきます。

企業研究を進めるためには、インターンへの参加して実際の業務の体験や社員と関わる機会を設けることや、企業が株主に対して経営情報を報告するためのIR資料を読み込むなどの方法があります。

 

ネットの情報や友人との会話以外で正しい情報を収集し、自分の頭で整理して言語化しておきましょう。

広告業界では情報の処理能力や言語化能力も求められるので、ESや面接で適性をアピールすることにも繋がります。

 

 

入社後のキャリアビジョンを明確にする

 

広告業界の志望動機を考える際に重要なことは「入社後のキャリアビジョンを明確にする」ことです。

実際に広告企業に入社した後、 自分がどんな仕事をしたいのかを明確にし、将来のキャリアビジョンを描いておくことが求められます。

そうすることで他の就活生と差別化でき、広告の仕事に対する熱意を採用担当者に伝えられるでしょう。

 

例えば、テレビCMに興味がある場合は「なぜテレビのCMなのか」「どういうCMを作成したいか」という具体的なイメージを伝えることが大切です。

また、その仕事を進める中で自分はどのようにありたいのかを伝えることができれば、更に明確な志望動機になります。

広告の仕事はイメージを相手に伝える力が重要な要素の一つなので、広告業界への適性を担当者に示すことにも繋がるのです。

 

それに加えて、広告の仕事を経験することでどう成長していきたいのかを伝え、将来のキャリアプランまで描くことができていれば中身のある志望動機であると感じられます。

まずは自分が将来どのような人生を歩みたいのかを考えて、その上でなぜ広告業界を選ぶのかを伝えられるように自己分析をしていきましょう。

 

 

広告業界で求められる資質をアピールする

 

志望動機を考える時には「なぜ広告業界を志望するのか」だけではなく「広告企業にどのように貢献できるか」をアピールすることが重要です。

まずは、広告業界が求める人材の3つの特徴を紹介します。

 

地道な努力ができる体力

 

広告業界に華やかな印象を持っている就活生は多いですが、そのイメージとは裏腹に地道で大変なことも多くあります。

仕事の成果自体は自分の作成したものが多くの人に届けられるため、華やかで魅力的に映りますが、その成果を出すために長い時間と多くの労力がかけられているのです。

そのため、 広告業界には地道な努力に耐えられる体力がある人が求められています。

 

学生時代に部活をしていた人ならコツコツ練習を積み重ねたことや、研究や勉強に力を入れていた人なら成果が出るまで地道に努力したストーリーを伝えるようにしましょう。

実際に行動した事実を伝えることで、広告業界への適性を採用担当者に示すことが出来ます。

 

独創的なアイデア

 

広告業界では、営業職でもクリエイティブ職であっても、アイデアを出すことを求められます。

多くの人に注目される成果をあげるためには、他の人にはない視点で物事を見ることが必要です。

そのため、自分の主観だけに縛られず自由な発想を持つことが大切であり、誰かのアイデアを真似したり過去の事例を焼き直しではいけません。

 

志望動機では、常に独創的なアイデアを出すことができるとアピールすることが重要です。

学生時代のサークル活動で自分が出したアイデアが採用されたことや、アルバイトで取り組んだ新企画などのストーリーがあれば積極的に使っていきましょう。

 

チャンスを掴む行動力

 

広告業界は激務なことも多く、常に時代の流れを追う仕事でもあります。

そのため仕事への態度や性格が受動的な場合、仕事のスピードや時代の流れに置いていかれてしまう可能性が高いです。

日々スピードを求められる広告業界において、 自分から仕事のチャンスを掴みにいける行動力を持つ人が求められます。

 

時代の最先端に立っていち早く行動できることをアピールするために、部活やバイト先での能動的・主体的な行動をしたストーリーを志望動機に記述することで、広告業界で求められる人材像に近づくことができるでしょう。

 

 

広告業界の就活ならdigmee

 

広告業界の志望動機を考えるときに大切なポイントは「広告業界を志望する理由」「その企業を選ぶ理由」「入社後のキャリアプラン」「広告業界との適正」を明確にすることです。

 

それぞれのポイントを意識して志望動機を考えることで、他の就活生と差別化して採用担当者に良い印象を与えることができるでしょう。

まずは、広告業界の特徴などを知るために業界研究や企業研究を行ってみましょう。

 

digmeeでは、業界研究はもちろん自己分析やインターンの情報などの就活生に役立つ情報を発信しています。

気軽に利用してみてください!

 

 

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る