業界分析

2021/1/22

広告業界を目指すならまずこれを読め!!広告業界徹底解剖

2021/1/22

広告業界は広告主が代理店に頼みその後代理店は制作会社や広告掲載媒体に交渉しに行くという仕組みになっています。
人気高い広告代理店の仕事としては、広告戦略の立案をし、広告掲載媒体との交渉を行います。
実際に映像や広告を作るのは、制作会社が請け負うことがほとんどです。
それぞれにメリットとデメリットがありますが、自分がやりたいものを決めておくといいで

【広告業界とは】はじめに

広告は身近なものでもあるので、自分も将来は広告業界で働きたいと思っている学生の方も多いのではないでしょうか。

就活でも人気が高く競争倍率が高いのも、この広告業界です。

テレビのコマーシャルだけでなく、最近ではYouTubeなどでも出てきますし、雑誌やコンビニエンスストア、駅の中などさまざまなところで目にする方も多いでしょう。

今回は大人気の広告業界について詳しく説明していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

【広告業界とは】広告業界はどうなってるの?

広告業界で一つの広告ができていく仕組みとしては、まず広告主が代理店に頼みます。

自分たちの商品をヒットさせるような広告を作ってほしいとお願いし、今度はその要望を聞き代理店が制作会社や広告掲載媒体に交渉しに行く形になっています。

広告業界と言ってもいくつかに分かれていて、広告主、広告を制作する広告制作会社、広告が掲載されるメディア媒体、仲介の仕事を請け負う広告代理店の4つです。

自分が具体的に広告業界に携わる時に、アイデアを出して制作したいのか、人と人をつなぎ良いものを作る広告代理店で働きたいのかしっかりと考えて、希望する職種を目指しましょう。

広告代理店の仕事

広告業界の仕事の中でも実は一番人気が高いのは、この広告代理店の仕事です。

どんなふうに見込み客などにアプローチしていくか広告の戦略を立案し、皆に見てもらえるように広告掲載媒体の交渉なども行っていきます。

広告媒体も一つものに限らず、より多くの人に見てもらえるように、新聞、テレビコマーシャル、雑誌、最近ではネットを見て買い物をする方も多いのでWebメディアとも交渉をしているのです。

クライアントの広告活動を代理で行いながら結果が出せるように、出稿などもサポートしていきます。

広告代理店と言ってもいくつかに分かれていて、専門広告代理店、総合広告代理店、ハウスエージェンシーがありますので覚えておきましょう。

広告戦略の立案

文字数の指定がなかったため作成しておりません

広告を掲載する媒体との交渉

文字数の指定がなかったため作成しておりません

制作会社の仕事

実際にクライアントの人が喜び、見ている消費者がこの商品やサービスが欲しいと思うような広告を制作します。

まずはどんなものがクライアントの商品やサービスに合っているのか企画を考え、要望をしっかりと取り入れながら制作を開始していきます。

この時依頼されたのが広告代理店の場合は、そこの担当者と一緒に二人三脚でヒットする広告の案を出し合い情報なども集めていくことが必要です。

考えてクライアントからもOKが出たら、今度は本格的に制作をしキャッチコピーやデザインを依頼します。

この時とくに依頼をしなくてもすべて自分たちでイメージ通りに仕上げられそうな時には、頼まずにすべて行います。

【広告業界とは】広告業界のメリット・デメリット

こちらではどんなメリットとデメリットがあるのかご紹介していきます。

業界のイメージや雰囲気をざっくりと捉えてみてください。

代理店のメリット

これまで自分がテレビコマーシャルを見て、駅を歩いていた時に見たような広告を始め、スケールの大きな広告作りにも携われる可能性があります。

思わずわくわくしてしまいそうな仕事なども経験ができますので、やりがいを感じられるでしょう。

さまざまな業界や業種の方と関われるので、その点も楽しい部分です。

代理店のデメリット

話をもらっても考えていくうちにクライアントと話しが合わなければ、広告を作れるところまで進まないかもしれません。

頼むからには結果を出さなければいけないので、本当に自分たちが作った広告が結果を出しているのか数値化してレポートもしなければならないのです。

社内外との折り合いもつけながら仕事を進めていかなければならないので、大変さもある仕事です。

制作会社のメリット

実際に働くことで、どんなふうに広告を制作していくかのスキルを学ぶことができますので、入社したばかりのころは大変でも勉強になるでしょう。

何もないところからヒットを生み出すためにあらゆる工夫を行うやりがいもありますし、形になって結果が伴った時の達成感も大きいです。

自分たちが制作した広告がきっかけに商品に人気が出て、さらにシリーズ化されたりバージョンアップしたものなどが出てきたりしたら嬉しくなってしまうでしょう。

制作作会社のデメリット

依頼に沿って結果が求められてしまうので、自分はこんなふうなアイデアで作っていきたと思っても却下される場合もあります。

どんなに良いと思っていたものでも、クライアントからするとイマイチだと思ってしまうケースもあるのです。

そのため作りたいものが作れないかもしれないというデメリットはありますので、覚悟してアイデアを出していきましょう。

【広告業界とは】広告業界に向いてる人

好きだし皆に人気があるからやりたい、華やかでかっこいいから広告業界で働きたいと思っている方もいるでしょう。

しかしその気持ちだけでは、実際に働いてから後悔してしまうかもしれません。

こちらではどんな人が向いているか、詳しく紹介していきます。

広告代理店に向いてる人

広告代理店で働く際に、こういった性格だったら向いているというのがいくつかあります。

自分は当てはまっているのか、チェックしてみましょう。

コミュニケーション能力がある

働いたら思った以上にさまざまな方と接しなければならないですし、時に意見が合わない時などは折り合いをつけるために橋渡しをしなければなりません。

クライアントである広告主の方ともしっかりとコミュニケーションを取り、どんな広告にしていきたいのかを的確にヒアリングして実行しなければなりません。

一方制作会社の方にも協力してもらう場合、クライアントの話を分かりやすく伝えて作ってもらわなければならないので、一緒に話をして決めることも多々あります。

人同士の関わり合いが大変多い職場でもありますので、誰とでも感じ良く話せるコミュニケーションは必要です。

時代の流れに敏感な人

昔はやっても許されていたものも、今は厳しく見られてしまうものもあります。

時代の雰囲気や流れに敏感で、こういったものは受け入れられる、逆に反感を買いやすいなどとジャッジし、そういった見えないルールなどにも気が付く力がある方は向いています。

とくに最近では皆意見を簡単に言いやすい時代にもなっていて、SNSで許されないと思われた広告は叩かれてしまう場合もあるのです。

せっかく皆で協力して作った広告が、反感を買ってしまい数日しか流せずにお蔵入りになったとしたら悲しいですしクライアントにも迷惑をかけてしまいます。

消費者がどのようなものを求めているのか、トレンドなどにも関心が高い方はピッタリな仕事でしょう。

制作会社に向いてる人

制作会社に関しても、合う人とそうではない人がいます。

アイデア力があっても、他に力が足りないと仕事が合わないと感じてすぐに辞めたくなってしまうかもしれません。

自分に合っているのか見て、長く働きたいと思うか判断しましょう。

粘り強く頑張れる人

制作に関しては依頼を受けてすぐに作り終わりということはほぼなく、締め切りに追われながらも同じ作業などをします。

クライアントの要望されたことをすべて詰め込みながらも、さらに消費者やターゲット層に関心興味を持ってもらえる広告を作らなければなりません。

何回もやり直しになってしまったり、考えても考えても良い案が浮かばなかったりして苦しくなることもあります。

そんな時でも気持ちを入れ替えて、前向きに考えながら粘り強く頑張れる人は向いているでしょう。

勉強や部活、アルバイトなどで挫折しそうになっても粘り強く頑張った経験がある方や、集中力がある方に制作の仕事は合っています。

クリエイティブな事を楽しめる人

実際に広告のデザインやキャッチコピーなども考えて、どんな流れにしていくのか、写真や絵にしていくのか考えます。

他の人には思いつかないようなクリエイティブな発想力がある人に制作の仕事はピッタリです。

作品を作ることが好きで、何かを自分で生み出すのが楽しいと感じる人に向いています。

さらに自分としてはいい案だと思っても、あまりにも世の中と逸脱していると評価されない場合もあります。

不特定多数の方が見るものでもありますので、常識や流行なども取り入れながらオリジナルな発想が大切です。

多くの人があの言葉や絵が頭から離れない・・・と感じるようなものを作成できるクリエイティブな人は制作の仕事にチャレンジしてみましょう。

【広告業界とは】まとめ

コマーシャル広告やラジオなどの広告よりも、今はインターネット広告での募集が多くなっています。

その際にクリエイティブさやコミュニケーション能力なども大切になってきますが、同じくらいある程度のパソコンやWebの知識がないと採用されません。

よく分からないという方はパソコンやWebの知識をつけておき、資格なども取得しておくといいでしょう。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る