業界分析

2021/1/24

【コンサルってなに??】人気のコンサルタントとはどんな職業?その魅力は?

2021/1/24

コンサルタントは企業や経営者などが抱える悩みや問題点を明らかにし、課題解決のためのアドバイスや提案を行い、実行支援などを行う仕事です。
専門性が高い職業ですが、その分野は経営コンサルタントや投資コンサルタント、ITコンサルタント、シンクタンク系と多岐にわたります。
若いうちから経営というテーマに携われ、高収入で、今後も成長が見込まれる業界であるため、就職先としての魅力も高い業種です。

【コンサルってなに??】はじめに

近年、就活生の間で人気を高めているのがコンサルタントのお仕事です。

言葉の響きがよく、専門性が高そうで、かっこいい職業に思えます。

実際のところ、コンサルタントはどんな仕事で、どのようなやりがいがあるのでしょうか。

コンサルタントの仕事内容や特徴、魅力や収入、将来性についてみていきましょう。

【コンサルってなに??】コンサルタントってなに?

コンサルタントとはコンサルティングを提供する職業または職種を指します。

コンサルティングとは悩みや抱えている課題をヒアリング、調査しし、問題を明確にしたうえで、それを解決するための方法を考え、アドバイスをして、解決のための提案を行うことです。

コンサルティングの対象は企業や職種によっても異なりますが、一般個人や会社経営者をはじめ、企業など組織として抱えている問題に対応するケースも多いです。

また、コンサルティングにとどまらず、提案した内容の実行支援までコンサルティングサービスとして提供するケースも少なくありません。

コンサルタント専門会社では通常、コンサルティングに対して報酬を得ますが、企業の営業職の中にはコンサルティングを無料サービスで提供し、商品や不動産の販売や契約を通じて利益を得ているケースもあります。

【コンサルってなに??】コンサルの分野は多岐にわたる!

コンサルタントといっても、その分野は多岐にわたっており、専門分野を設けてサービスを提供しているのが一般的です。

不動産コンサルタント、保険コンサルタント、証券コンサルタントなど多くの分野でコンサルタント職が存在していますが、ここではコンサルティングを専門的に提供する企業に多い、経営コンサルタント、投資コンサルタント、ITコンサルタント、シンクタンク系コンサルタントについてご紹介します。

経営コンサルタント

経営コンサルタントは大手企業や中小企業、個人事業主や店主に至るまで、経営を行っている人の相談に乗ります。

赤字からの脱却や企業再生をはじめ、成長戦略の立案や上場など幅広い悩みや課題について専門的な見地からアドバイスをして、実行を支援する仕事です。

投資コンサルタント

投資コンサルタントは個人客や企業の資産運用のアドバイスと行う仕事です。

株式や債券などをはじめ、不動産投資に至るまで多岐にわたります。

投資コンサルタントの中でも証券コンサルタント、不動産コンサルタントなど分野を限定したコンサルティングサービスもあります。

ITコンサルタント

ITコンサルタントは企業のIT化のプランニングや実行支援を行うほか、すでにIT化を図っている企業において機能していない点や無駄なコストがかかっている点などを分析し、より低コストで生産性の高いIT利用ができるようにプランの提案やアドバイス、実行支援を行うサービスです。

シンクタンク系コンサルタント

シンクタンク系コンサルタントはクライアントから求められた問題の調査や分析を行い、調査報告や分析結果などを報告書にまとめて提出して、説明をするのが主な仕事です。

分析を通じたアドバイス程度は行っても、実行支援までは行わないのが基本です。

【コンサルってなに??】コンサルタントの魅力

コンサルタントの仕事をする魅力はどのようなところにあるのでしょうか。

何となくイメージがかっこいい、専門的な感じがすると漠然と考えていませんか。

コンサルタントになることで得られるメリットや、やりがいなどを理解したうえで、コンサルタントの仕事にチャレンジするかどうかを検討することが大切です。

ここではコンサルタントの職業に就く魅力、収入、将来性について見ていきます。

若いうちから経営という大きなテーマに触れられる

コンサルタントとして独り立ちするためには先輩から指導を受けたり、同行してもらったりと修業や経験を積むことが欠かせませんが、入社当初からコンサルタント職として専門性の高いポジションに就けるのが魅力です。

大きな案件を担当する際や企業の方針によっては、チームを組んでコンサルティングを行うこともありますが、基本的には一人ひとりがクライアントを担当して専門性を生かしてコンサルティングを行っていきます。

個々の能力が試される、とても責任を伴う仕事であるとともに、やりがいが感じられる仕事です。

クライアントは企業や経営者、富裕層が多く、経営や多額の資産の運用など、企業の社運や顧客の人生の一部となる重要な部分に、若いうちから携わっていけるのが魅力です。

高めの年収

コンサルタント会社のターゲット層は企業や経営者、富裕層などがほとんどであり、コンサルティング料金も比較的高額に設定されています。

コンサルタント職それぞれが高い専門性を発揮するとともに、クライアント企業の社運や経営者の人生にも携わるような責任ある仕事であるため、それに見合う高い収入が得られるのが基本です。

コンサルタント会社は基本的に商品などの販売はしておらず、かかるのは事務所の運営費と人件費、広告費用くらいで、仕入れコストや在庫管理コストなどはかかりません。

コンサルティング料の多くを利益とできるので収入も高いのが一般的です。

同じ同期の就活生に比べても、他の業種や職種より高めの収入が期待できます。

これからの業界全体での市場規模拡大

コンサルタント会社に就職をするか決めるには、現在の状況だけでなく、将来的にも安定して働いていけるかや、より活躍できる場が広がるかも大きな問題になります。

業界全体での市場規模はどうなっていくのでしょうか。

この点、かつての日本では情報やアドバイスはサービスとして無料で得るものという感覚がありましたが、今では有益な情報やアドバイスを得るにはそれに見合う報酬を支払うことが必要という意識が定着してきました。

さらに企業や経営者、富裕層ではその意識が高く、ライバル企業との競争に打ち勝ち、グローバルな環境で勝ち残っていくためには専門家からのアドバイスや提案を受けることの必要性も認識しているため、今後はますます需要が見込まれ、業界全体での市場規模の拡大が見込まれます。

【コンサルってなに??】まとめ

コンサルタントは経営コンサルタントや投資コンサルタント、ITコンサルタント、シンクタンク系と多岐にわたります。

企業や経営者などの相談に乗り、抱えている課題の解決のためのアドバイスや提案内容の実行支援をするのが主な仕事です。

若いうちから経営というテーマに携われ、収入も高めで、今後も成長が見込まれる業界であるため、魅力の高い職業の一つです。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る