業界分析

2021/1/24

【不動産コンサルは何をするの?】不動産コンサルの仕事内容は?どのような資格が必要?

2021/1/24

不動産コンサルタントは世の中に必要とされている仕事で、企業に限らず個人の方からも相談を受けます。
なるには資格が必要で、宅地建物取引士、不動産鑑定士、1級建築士の中のいずれか一つの資格がないとダメです。
しかし実際に働いたらこのどれもの資格が生きますので、できればすべて持っていた方がさらにお客様のニーズに応えられるようになるでしょう。
具体的な仕事の内容としては、企業のCRE戦略や、事業継承、個人の不動産相続などがあります。

【不動産コンサルは何をするの?】はじめに

コンサルティング業にはさまざまありますが、中でも住宅や建築などに興味があり不動産などをコンサルティングしたいと考えている方もいるかもしれません。

企業は不動産管理の知識があまりなく、どのように運用したらいいのか困っている方や相続対策で不動産をどのようにしたらいいのか分からず悩んでいる方も多数います。

不動産コンサルで活躍できれば、このような方を助ける職業です。

こちらでは、不動産コンサルに関して詳しく解説していきますのでぜひ参考にしてください。

【不動産コンサルは何をするの?】不動産コンサルってなに?

不動産購入の仕事はもちろん不動産を購入する時の手助けも行いますが、他には事業継承や、個人の不動産相続などの相談にも乗ります。

さらに不動産を購入しようと思っても値段が高いですし、簡単には決められないものです。

その時に相談に乗り、安心して購入できるように背中を押してあげる存在でもあります。

不動産コンサルタントの方の中には、起業をしないで不動産会社所属で働いている人もいます。

すぐに不動産コンサルタントになりたいと思っても、まず不動産会社で業務の経験を積まないとなれません。

宅地建物取引士などの資格も必要ですので、覚えておきましょう。

【不動産コンサルは何をするの?】不動産コンサルになるには資格が必要

職業の中には資格がなくても開業できるものもありますが、不動産コンサルタントの場合は資格が必要です。

不動産コンサルティング技能試験というものがあり、こちらに合格しなければならないのです。

さらに宅地建物取引士、不動産鑑定士、1級建築士のいずれか一つの資格が必要になります。

宅地建物取引士

国家資格になっている宅地建物取引士は、宅地建物取引業法に基づき定められていて重要な資格でもあります。

これから建物を購入し、逆に売って利益が欲しい、賃貸経営をしたいなどと考えている方の話を聞きアドバイスなども行います。

噓やごまかしがないように公平でありながらも、相談者がしっかりと利益がでるようにサポートもするのです。

知識がない方が相談しても安心なアドバイスがもらえるように、この宅地建物取引士はいます。

お客様にはよく分からないまま損害を被るような建物を購入しように、事前に知っておかなければいけない重要事項なども伝えます。

資格の難易度としては難しく、合格率もそこまで高くありません。

受験する際にはしっかりと勉強をして、知識を身に付けなければなりません。

不動産鑑定士

この不動産はどのくらいの価値があるのか、と相談されるケースも多々あります。

その際にこの不動産鑑定士を持ってないと、アドバイスすることはできません。

不動産の鑑定評価に関する法律に基づいていて、試験を受け合格しないと不動産鑑定士になれません。

国家資格になり、不動産がどのくらいの価値があるのか評価するだけでなく、土地を上手に活用できないのかなども一緒に考えアドバイスします。

高度な専門家でもあり、試験内容も決して簡単なものではありません。

ある程度難しく三大文系難関国家資格の一つとしても有名なため、それなりの覚悟が必要です。

1級建築士

不動産コンサルタントをするのであれば、一級建築士の資格を持っていた方が実際にコンサル業を行う時にも有利です。

設計する建物に制限がないので、どんな依頼が来てもお客様のために設計することができます。

国家資格になり、建築や設計だけでなく工事監理も行えます。

個人の注文住宅のようなものから、街中にあるような大規模のビルや百貨店などのも設計することが可能です。

ビルを持っていて上手に建て替えたいというような相談にも応じられますし、2級建築士と違い1級建築士を持っているとさまざま対応ができます。

資格の取得しても2級まではある程度頑張れば取得しやすいのですが、1級建築士となると大変難しくなります。

【不動産コンサルは何をするの?】不動産コンサルの具体的な仕事

資格なども取得し不動産コンサルタントに無事なれたら、どんな仕事をするのかなんとなくしか分からない方もいるでしょう。

こちらでは具体的に不動産コンサルになれたらどんな仕事をしていくのか、詳しく紹介していきます。

これだけをするというよりは、不動産に関わるさまざまな仕事をします。

企業のCRE戦略

企業にとって不動産というのは持っている資産にもなりますので、上手に活用したいと考えています。

しかし多くの方は不動産に対して素人なため、どのように活用したらいいのか分からずに悩んでいる方も多くいます。

そういった方たちのためにCRE戦略を行い、効率よく中長期的に不動産投資ができるようにアドバイスも行うのです。

CRE戦略は不動産を活用しながら企業価値向上の戦略で、経営資源でもあるためどのように使っていくかは全体の売上などに置いても重要です。

企業だけでは分からないノウハウなどを不動産コンサルからアドバイスをし、効果的な方法で進めていきます。

コンサルティングするだけでなく、不動産仲介や移転先のあっせん、新築、改修、解体業務なども二人三脚で企業とともに進めていきます。

事業継承

家族間などで事業継承を行う際にも、不動産コンサルがアドバイスを行うなど活躍ができます。

とくに関係企業間や同族間での事業継承による売買は多いのですが、これを企業の中で勝手に行ってしまうと、後から税務署などに調査をされ大変な思いをしてしまうケースがあります。

そこでトラブルにならないためにも、不動産コンサルタントに相談をし適正でありながら損をしないように事業継承をしたいと相談する方も多いです。

素人だけですと追及されてしまい追徴課税されてしまう場合もあるため、そのような事態にならないためにコンサルティングをします。

事業継承の際の建物の売買価格や根拠は、不動産鑑定士による鑑定評価書があるだけでいざ税務署から調査されても証拠として有効に使えます。

個人の不動産相続

最近では少子高齢化にもなり、相続したもののアパートを売却した方がいいのか、修繕して貸した方がいいのかと悩む方も多いです。

相続税対策をするため、収益不動産を検討していても少し不安があるなどさまざまなケースの相談があります。

このようなケースでも活躍できるのが、不動産コンサルタントです。

知識や国家資格を持っているからこそ、適正なアドバイスができ相談者にとって一番良い方法を選ぶことができます。

その方に合わせて、どう有効活用すればいいのか企画や提案を行い、業務執行をし権利の調整などもします。

【不動産コンサルは何をするの?】まとめ

不動産をどのように活用していけばいいのかアドバイスを行うのですが、その他にも細かい部分をアドバイスしたり、実践したりして相談者と二人三脚で進めていきます。

企業からの相談はもちろんですが、相続関係などで個人の方からも依頼がきます。

専門知識を身に付け、客観的な立場で不動産の利用方法や処分の仕方、投資方法まで多岐にわたりアドバイスできなければなりません。

必要な資格も多く、それぞれが簡単には取れない難関な物ばかりですので相当の勉強や努力も必要です。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る