業界分析

2021/4/24

【広告業界】これを読めば解決!広告業界の全てがここにある!

2021/4/24

要約


広告業界は、何かの情報を多くの人に伝えるために存在すると言えるでしょう。

広告代理店を大きく分けると、総合広告代理店専門広告代理店にわかれます。

また、広告業界のビジネスモデルについても確認しておきましょう。

広告の世界には、実にたくさんの仕事があり、広告業界という一言でくくってしまうのはもったいないです。

アカウントプランナーやエンジニアや営業のような仕事もあったりします。

広告業界で一旗あげようと思っているのならば、広告業界の厳しさ広告業界の将来性についてもしっかりと確認しておきたいところです。

はじめに

みなさんは広告業界といえば、何を思い浮かべるでしょうか。

広告業界は、クライアントと消費者の間で活躍している業界になっているので、一般の人にも非常に深く関係したサービスであることがわかります。

そんな業界だからこそ興味を持っている人も多いので、広告の世界に足を踏み入れる前に、いろいろと確認しておきたいところがあるのではないでしょうか。

今回は、広告の世界はどんなところなのかをイメージさせつつ、広告業界で活躍するサービスにはどんなものがあるのかも紹介します。

広告のことをもっと知りたいと思っているのならば、事前に予備知識を把握して、いろいろと覚えておくとよいでしょう。

そうすれば、自分が進むべき道が見えてくるはずです。

広告業界とは?

広告業界とは、何かの情報をより多くの人に知ってもらうために立ち上げられた業界になっています。

企業の商品やサービスをより多くの人たちに知ってもらうために利用することが多く、テレビ広告もありますし、ネット広告もあります。

また、総合広告代理店というくくりと、専門広告代理店というくくりがあることも知っておきたいところです。

総合広告代理店

やはりこの業界を代表するような企業といえば電通や博報堂の名前は見逃すことができないと言えるでしょう。

総合広告代理店は、
さまざまなメディアを利用して、広告代理業を行うサービス
を指します。

さまざまなメディアで活躍してきた実績がある企業になりますので、経験値が高いというのもメリットです。

そのため、さまざまなメディアに関する仕事をして、自分の経験値を高めていきたいというのならば、こちらのタイプの世界を目指してみると面白いかもしれません。

さらに、豊富な経験値を持っていますので、その経験を利用して、ユーザーにレクチャーしたりするのも重要な仕事だと言えるでしょう。

専門広告代理店

専門広告代理店は、特定のメディアに特化したサービスを指しています。

具体的には、ネット広告専業だったりと、特定のメディアを生業にして、それに対する幅広い知識や技術を持っている企業のことを指しています。

広い範囲の広告を扱えるわけではありませんが、特定の広告に特化したサービスになりますので、狭く深い仕事をしていきたい人には向いています。

また、何らかの分野のスペシャリストになりたい場合にも、このジャンルに入り込み、徹底的に知識や技術を磨くのもよいです。

専門広告代理店は、特定のメディアに特化したサービスになっているので、逆に自分の興味のない分野に就職してしまわないように注意する必要があるでしょう。

この場合は、自分の興味のない分野の仕事をすることになってしまいますので、イマイチ力が入らないということも考えられるのです。

ハウスエージェンシー

ハウスエージェンシーとして有名なのは、JR東日本企画や東急エージェンシーになっています。

特定の広告に特化したサービスだと言えて、特定の企業に寄り添って、広告事業をしている存在を現しています。

特定の分野よりも、さらに狭く、特定の企業に寄り添って、その企業と運命共同体と言えるような存在です。

その企業のことが好きで、その企業をより多くの人に知ってもらいたいというような場合には、ぴったりのジャンルだと言えるでしょう。

しかし、あまりにも狭い範囲の広告を担当することになりますので、ハウスエージェンシーで培った技術の中には、応用がきかないような技術もあるでしょう。

ハウスエージェンシーについても、しっかりと自分が好きになれるような企業の広告を担当できるように考え抜いたうえで、どの企業で働くことにするかを決めていくのが重要になってくるでしょう。

広告業界のビジネスモデルとは?

広告業界に興味があるのならば、広告業界のビジネスモデルについてはしっかりと確認しておきたいでしょう。

広告業界のビジネスモデルというのは、図を想像するとわかりやすくなっています。

まず、基本的な考え方として、広告業界はクライアントと消費者の間に存在すると考えてよいでしょう。

クライアントと消費者をつなげる役目を持っているのが広告業界です。

そして、広告代理店は、広告業界のさまざまなサービスを円滑に連携させるためのものだと考えるとわかりやすいです。

クライアントと消費者の間に挟まれた広告業界には、さまざまなサービスが存在します。

そして、そのサービスの中心に位置するのが広告代理店なのです。

広告代理店は、さまざまな業者と関係を持っていて、アドネットワーク事業者とも関係を持っていますし、広告制作会社やイベント会社とも関係を持っているのです。

さらに、さまざまなマスメディアとも関係を持っており、これらの関係を円滑に保つためには広告代理店が絶対に必要になってくるのです。

広告業界の主な職種

広告業界には、さまざまなサービスがあると言いましたが、それらを把握しておくことも重要になってきます。

ここでは、ひとつひとつのサービスを紹介しますので、事前に確認してみてください。

営業系

広告業界の営業系の仕事を知りたいのならば、アカウントプランナーを把握しておくとよいでしょう。

アカウントプランナーは、これまであまり見られなかった仕事ですが、最近になって急激に需要が増加している仕事です。

アカウントプランナーは、その他の企業でいうところの企画営業と似ています。

単に広告枠を売るだけではなく、自分から企画を持ち込んで、提案をしたりすることもあるのです。

これまでも広告業界には営業系の仕事がありましたが、それが派生したのがアカウントプランナーだと言えるでしょう。

これからも重要度は高まっていくことかと思われますので、広告業界に興味があるのならば、アカウントプランナーは把握しておきたいところでしょう。

プランニング系

アカウントプランナーを紹介しましたが、広告業界にはどういった広告戦略で対応すればいいのかのマーケティングや魅力的なアプローチを考えるような企画の仕事もあります。

マーケティングの分野においては、数字やデータが重要になってきますし、企画の分野では発想力や柔軟性が重要になってきます。

特にメディアは、企画やマーケティングは、結果がダイレクトに数字として現れやすいのです。

テレビの視聴率を確認してもらえればわかるとおり、すぐにコンテンツの良し悪しがはっきりしてしまうのです。

だからこその難しさもありますので、それを踏まえたうえで取り組む必要があるでしょう。

クリエイティブ系

広告業界の仕事にはクリエイティブ系の仕事もあります。

デザイナーやコピーライターといった仕事がそれに該当するでしょう。

ある意味では、広告業界で目立つ存在になることができる仕事でもあります。

デザイナーは、広告デザインをはじめ、さまざまなデザインに携わっていく仕事です。

広告デザイナーは、サラリーマンというよりも、アーティストという存在に近く、自分の感性を最大限に活かして、デザインをします。

また、コピーライターも自身の感性を役立てることができる仕事になっているのです。

しかし、コピーライターの場合は、どういった文章が人を揺さぶることができるのかも重要になっていきますので、感性はもちろん重要になってきますが、技術や知識という部分も重要になってくるのです。

広告業界は、基本的に裏方の存在ですが、そんな中でも華々しく輝いていたいのならば、クリエイティブ系を選ぶのもよいでしょう。

エンジニア系

広告業界にもエンジニア系の仕事があります。

エンジニアだったり、プログラマーだったりが該当するでしょう。

広告業界のエンジニアは、最新の技術を学んだり、触れたりする機会も多いため、エンジニアやプログラマーとして特別な能力を身につけたいと思っているのならば、この業界で修業するのもよいでしょう。

広告業界の働き方とは?

広告業界は、とても華のある業界だと思っているかもしれません。

しかし、実際にはブラックという口コミを投稿されることも珍しくない業界なのです。

広告業界がブラックといわれがちなのは、広告業界の働き方を確認すると、かなりきつい側面を持っているからこそとも言えるでしょう。

まず、広告業界での仕事は、どのような仕事であっても過酷なスケジュールの中で働くことが多いです。

また、複数の毛色の違うプロジェクトが同時進行することも珍しくなく、リソースを著しく消費しながらの仕事になるでしょう。

仕事の振り分けが非常に難しく、効率的に働くための技術が必要です。

さらに、広告業界の仕事がきついと言われる理由には、締め切り厳守が原則であるという点も関係しているでしょう。

締め切りに間に合わなそうな場合は、寝ないで働かなければならないことも珍しくはありません。

このように過酷な環境の中で働く可能性があるのが広告業界なのです。

広告業界の将来の動向

広告業界の規模は今後も伸びていく可能性もありますし、安定して仕事のある業界だと言えるでしょう。

広告は日々進化していきますので、それにあわせて対応することができれば、仕事にありつけないということはないはずです。

ただし、新旧の交代が激しい業界でもあるので、新しい業界についていけないような企業に就職してしまった場合には注意が必要です。

広告業界の有名企業とは

広告業界の有名企業といえば電通ではないでしょうか。

広告業界全体に強力な影響を及ぼすような企業になっていますので、この企業の実態については必ず調べておいたほうがよいでしょう。

まとめ

広告業界について、かなり理解が深まったのではないでしょうか。

広告業界は、クライアントと広告主をつなげるためには必要な存在です

また、広告業界の司令塔のような役割をしていて、特に総合広告代理店などは、その色がかなり強いと言えるでしょう。

また、広告業界といっても、営業やエンジニアなど職種は多様です。

その他の企業と同じような構成になっている部分もありますので、そちらも覚えておくとよいでしょう。

また、近年になってきて台頭してきたアカウントプランナーのような仕事もあります。

さらに、広告業界は、仕事がきつい可能性も十分にありますので、それを想定したうえで、業界に飛び込むことが重要ではないでしょうか。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る