業界分析

2021/5/04

【広告業界】広告志望者必見!広告業界の魅力って?

2021/5/04

要約

広告業界は、就活生にとって人気業界の1つです。

なぜ人気が高いのか、広告志望者必見の広告業界の魅力について紹介しています。

広告業界のビジネスモデルを一言で表現すれば、クライアントの課題を解決するビジネスです。

広告媒体の取引のフローを職種でわけると、営業系、プランナー系、クリエイティブ系にわけられ、それぞれ仕事をしていく上での魅力があります。

営業系はクライアントと信頼関係を構築し、プランナー系はクライアントの課題解決案を提案して生活者に伝わるように表現すること、クリエイティブ系は作品が生活者に届けて行動のきっかけを作ることができる点にやりがいが見出せます。

もっとも、どの業界も魅力だけはありません。

広告業界志望者への注意点として、イメージだけで広告業界を志望せず、入念な情報収集をオススメします。

はじめに

広告業界に憧れている就活生は多いのではないでしょうか。

広告志望者が感じている広告業界の魅力は、どんな点でしょうか。

有名企業の広告を手がけられる、人気のタレントを起用できるといったミーハーな理由から、自分が手がけた広告が日本全国、さらには世界へと発信できるといった自己実現的な魅力を抱いている方もいるかもしれません。

もっとも、本当に自分が思い描いている魅力がある業界なのでしょうか。

広告志望者は、イメージだけで広告業界を目指してしまう方も多いのが実情です。

思ったとおりの世界であればいいのですが、思っていたイメージと異なれば、とたんにやる気をなくしたり、つまらない仕事になったりしてしまいます。

しっかり情報収集をするためにも、広告業界の魅力について理解を深めていきましょう。

【広告業界の魅力】広告業界のビジネスモデルとは?

広告業界のビジネスモデルは、端的にいえば、クライアントの課題を解決するビジネスです。

広告志望者なら、そのくらいわかっていると言われるかもしれません。

もっとも、初めて広告業界がいいなと思った時、クライアントの課題解決が目的とイメージしたことはあるでしょうか。

特定の商品やサービスを売り込むためのビジネスモデル、と思っていた方が多いことでしょう。

たしかにそれも大きな課題の1つですが、クライアントの課題は、それだけではありません。

企業やブランドの浸透を図りたいだけの時もあります。

近年は政府をはじめ、公的機関が国民全体をはじめ、若者や高齢者、子育て世代など、一定の層に向けてメッセージを伝える広告も増えてきました。

クライアントがターゲットに伝えたいことを、広告という形で伝えるのが、広告業界のビジネスモデルです。

広告媒体取引のフロー

広告媒体取引のフローは、テレビCM、雑誌広告、Web広告など、媒体によっても異なりますが、基本の流れは次のようなものです。

営業や問い合わせを出発点に、相談やコンサルティングを通じて、クライアントの課題を解決するための企画を立てて提案を行います。

プレゼンを通じて提案が採用されれば、制作準備に入ります。

広告を出すメディアとの交渉をはじめ、制作チームのメンバーを集め、タレントの起用などの手配や撮影場所の手配など、幅広い業務をこなさなくてはなりません。

しかも、あらかじめ決めたスケジュールで、クライアントと約束した予算の範囲という条件もつきます。

制作して広告がリリースされて、それで目的達成ではありません。

クライアントの課題が解決されたか、成果検証が必要です。

検証結果を次回以降に反映させるなどし、クライアントとの継続的な信頼関係を築いていくことも、大切なフローの1つです。

クライアントの課題を解決するビジネス

広告業界のビジネスモデルは一言でいうと、クライアントの課題を解決することです。

日本企業の広告では新商品をはじめ、特定の商品やサービスの販促が課題のケースが多いですが、何をしている会社か知ってほしいとか、企業やブランドの認知度を高めたいという課題も少なくありません。

海外ブランドの広告では、特定の商品を出さずに歴史やコンセプトを伝えることで、そのブランド品が欲しくなったり、高級車が買いたくなったりするようにしたいという課題がつきつけられます。

さらに広告業界に入れば、民間企業だけでなく、政府や自治体、公的機関などから重要な情報を伝えたり、注意喚起をするための広告を依頼されたりすることもあります。

クライアントが伝えたいことを、クライアントに代わり、広告という形で伝えるのが、クライアントの課題を解決する手段です。

【広告業界の魅力】広告業界で働く魅力

広告業界の魅力は、クライアントの代わりにメッセージを伝えて、メッセージを届けたい人々の心に響かせ、実際にアクションにつなげて成果を出す点にあります。

クライアントの課題を解決することで信頼関係を築いていくことも、広告業界の魅力です。

広告業界においてもさまざまな職種があり、職種によっても働く魅力が異なります。

小さな広告会社や近年増えているWeb系の広告会社では、あらゆる業務を担うケースもありますが、一般的には担当業務が異なります。

職種ごとにクライアントとの関わり方も異なり、担う役割や責任も異なるので、やりがいなども違ってくるのです。

ここでは、営業系、プランナー系、クリエイティブ系の3つにわけて、広告業界で働く魅力をご紹介します。

営業系

広告業界の営業職は、広告を出したい、制作してほしいといった相談や依頼を受けて営業に出向くケースもありますが、広告を出しませんかと営業に歩くケースも多いです。

相談を受けたからといって、すぐに契約に結び付くわけではありません。

予算の関係から断念することもあれば、思うような課題の解決につながらないと、ほかの広告会社の乗り換えられることもあります。

自ら営業をかける場合には、まずは広告を出すニーズを引き出すことが必要です。

抱えている課題を明確化して、それを解決するための手段として、どんな広告ができるか提案していくのです。

いずれにしても、クライアントと信頼関係を構築することが大切になります。

まったくゼロの状態から関係を築き上げ、信頼を得て、企業やブランドのイメージを大きく左右することになる広告を任され、高額な契約を依頼されることに魅力があります。

プランナー系

営業から引き継ぎ、具体的にどうすればクライアントの課題が解決するか、広告案をプランニングするのがプランナーの仕事です。

広告を通じてクライアントの課題を解決し、生活者をはじめとする、クライアントが伝えたいターゲット層に伝わるように表現するのが役割です。

そのためには、クライアントや商品、サービスをしっかりと理解し、市場のマーケットリサーチをはじめ、調査する実行力や分析力なども求められます。

クライアントが届けたいことを伝えるためにはどうすればいいか、アイディアを絞って企画を立て、キャラクターの選定なども行っていきます。

クライアントに託された課題を解決する責任ある役割を担うやりがい、クライアントにOKをもらえた際の喜び、それを実際に形へつなげていく使命感などが、プランナー職の魅力です。

クリエイティブ系

クリエイティブ系の職種は、プランナーから制作を任されたり、プランナーとタッグを組んで広告作品を作り上げたりしていくのが役割です。

作品が生活者などのターゲットへと届き、行動のきっかけを作ることができるのがやりがいです。

もちろん、自分や自分たちの側では納得のいく作品であっても、受け入れられないことや心に響かないこともあります。

メッセージが伝わらない、行動のきっかけにつなげられないことも少なくありません。

そうした失敗を乗り越え、どうやったら伝わるのか試行錯誤をし、技術を磨き、経験を重ねながら、認められるクリエイティブ職へと成長していくのです。

実際に行動のきっかけを作ってクライアントの課題を解決できる魅力とともに、日々勉強を重ねながら多彩なノウハウを蓄積できるのも魅力の1つです。

【広告業界の魅力】広告業界志望者への注意点

広告業界志望者の中には、クライアントの課題を解決するという広告業界の本質を理解せず、テレビや雑誌など華やかな世界を舞台に仕事ができる、タレントと会える、収入が高いなどと、表面的なイメージだけで志望している人も少なからずいるはずです。

バブルの時期などは広告マンは花形職種で、リッチなエリートビジネスマンの代名詞にもなっていました。

ですが、今はそうした時代ではありません。

Web広告やデジタルサイネージをはじめ、SNSやインフルエンサー、消費者発信型の広告など、さまざまな広告媒体が生まれ、四大メディアも低迷している時代です。

競争が激しくなり、常にアンテナを張り巡らせて、新しい情報を先読みでキャッチし、アイディアを出せないと生き残っていけません。

イメージだけで広告業界を志望するのではなく、就活前に入念な情報収集を行い、自分にマッチした業界なのか、魅力を体現しながら仕事をしていけるのか、よく検討を重ねましょう。

まとめ

広告業界の魅力は、クライアントが抱える課題を解決できる達成感や、クライアントと信頼関係を築いて頼られる喜び、自分が企画したり手がけたりした広告が生活者に届いて成果がもたらせる喜びや、広告作品として多くの人に表現を見てもらえるなどが挙げられます。

広告業界のビジネスモデルを一言で表現すれば、クライアントの課題を解決するビジネスであり、広告媒体の取引のフローを職種でわけると営業系、プランナー系、クリエイティブ系にわけられます。

それぞれ仕事をしていく上での魅力があり、営業系はクライアントと信頼関係を構築、プランナー系はクライアントの課題解決案を提案して生活者に伝わるように表現する、クリエイティブ系は作品が生活者に届けて行動のきっかけを作ることができる点が魅力であり、やりがいです。

イメージだけで広告業界を志望するのではなく、就活前の入念な情報収集が必要です。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る