インターンシップ

2021/1/15

【3種の例文あり】長期インターン経験のガクチカとしての魅力的な書き方

2021/1/15

ガクチカとは「学生時代に最も力を入れたこと」という就活用語です。
インターンシップについて書く時は参加した理由を明確に書くようにし、「活動の中で何を学び、その教訓が仕事にどう生かせるか」を積極的にアピールするようにしましょう。
成果も大切ですが、そこまでのプロセスを説明することのほうがより重要です。
また、文章を書く時はSTAR法と呼ばれるフレームワークを使うと、内容を分かりやすく、効果的に採用担当者に伝えることができるのでおすすめです。

はじめに

エントリーシートの定番質問であるガクチカですが、「どんなことを書いたら良いのだろうか」と悩んでいる学生も多いかもしれません。

そんな場合は、インターンシップでの経験をガクチカのテーマとするのもおすすめです。

しっかりとポイント押さえた文章を作成することができれば採用担当者の高評価にもつながります。

ここではインターンシップをテーマとしたガクチカの書き方と例文を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ガクチカとは?

「学生時代に力を注いできたこと」「学生時代に最も熱中したこと」を就活用語で「ガクチカ」と呼びます。

面接やエントリーシートでは必ずと言っていいほどよく聞かれる質問で、この質問に対する答えによって企業側は「この学生は自社の求める人材にマッチしているのか」を確認しています。

大企業などではエントリーシートの内容で判断するケースも少なくないので、魅力的なガクチカを考えて最大限にアピールするようにしましょう。

ガクチカの書き方

皆さんは「STAR法」というものをご存じでしょうか。

これは文章の内容を効果的に伝えるためのフレームワークの一つであり、インターンシップをテーマとしたガクチカを書くときにはSTAR法がとても便利です。

STAR法は次の4つの要素から成り立っています。

『Situation(概要や状況)』・・・冒頭では「いつ、どんなインターンシップに参加したのか」、「そこではどんなことをしていたのか」といったように「5W1H」を意識してインターンシップに関しての大まかな内容を簡潔に説明するようにします。

『Target&Task(目標と課題)』・・・次に、インターンシップの活動を行うにあたって目標としていたこと、また目標達成に向けてどのような課題があったかについて説明します。

『Action(行動)』・・・直面した課題を乗り越えるためにどのような行動を取ったのかについて、その理由も添えて具体的に書いてください。

『Result(結果)』・・・最後に、行動の結果としてどのような成果につながったのかを書いていきましょう。

数字を用いて結果を示すようにすると説得力が増します。

インターンをガクチカにする時のポイント

インターンシップのことをガクチカに書く時に「私は◯◯のインターンシップに参加して、△△の仕事に従事しました」というようにその事実だけを伝えてしまう学生が多いのですが、それはNGです。

先程も説明したように、企業はガクチカの質問によって学生の人柄や価値観などを知り、自社の求める人材とマッチしているかを見ています。

そのためには「何をやったのか」よりも「どうして」「どうやって」という部分をより重視して文章を作成しなければなりません。

なぜインターンを始めたかを明確に

最近はインターンシップを実施する企業が増えていることもあって参加する学生も増えてきました。

しかし、インターンシップへの参加がエントリーの条件となっているような企業はベンチャー企業や中小企業のごく一部だけであり、必ず参加しなければならないというわけではありません。

だからそこ、インターンシップに参加したという経験は主体性をアピールするにはとても効果的です。

なぜ参加したのか、その理由を明確に伝えるようにしましょう。

何を成し遂げたかを具体的に

ガクチカでインターンシップについて書く時は、成果を説明するだけでなく、成果を出すまでのプロセスを説明することが重要です。

社員に混じっていきなり現場で仕事をすることになるわけですから、うまく行かないないことも多いでしょう。

そのような時に「うまく行かない原因がどこにあるのか」を自分なりにどう考えたのか、そして「問題解決のためにどんな努力をしたのか」ということを説明すると成果をより効果的にアピールできます。

インターンで得たことの仕事への活かし方

インターンシップのことなら何でもガクチカとして書けるというわけではありません。

応募した企業の業務にまったく生かすことのできない経験であるならば、まったく評価につながらないでしょう。

ガクチカでは、インターンシップの経験の中で学んだ教訓や身に付けたスキルが仕事をするうえでどのように生かせるのかについても必ず触れるようにしましょう。

そうすることで、採用担当者は学生が将来どのような活躍をするのかイメージしやすくなります。

インターンのガクチカ例文

「インターンシップをテーマとしたガクチカを実際に書いてみたけれど、イマイチうまく行かない」と感じている学生もいるでしょう。

「例文を参考にして自分の文章のどこが良くないのか確認してみたい」と思っている学生もいると思います。

そのような学生のために、ここでは職種別に3つの例文を紹介しています。

書き方が分からない学生は例文を参考にして魅力的な文章を作成してみましょう。

もちろん、丸ごとコピペしてしまうのはNGです。

例文(営業)

私が学生時代に力を最も入れたことは、営業職の長期インターンシップです。

中学から大学までラグビー部に所属していて体力的に自信があったことと、成果に応じて報酬が発生するということがインターンを行うきっかけです。

最初の半年は先輩社員のサポートという形で商談の際のトークや社会人としてのマナーを学んだ他、営業サポート事務としてプレゼンテーション資料の作成などにも携わりました。

その後は単独で仕事を行うこともありましたが、なかなかそう簡単には成果を出すことができません。

そこで、先輩社員から学んだことを一度見直したところ、自分は時間の使い方が下手なことに気付いたのです。

それからは出勤する前に効率的な営業ルートを考えるようにしたところ、これまで1日5件回るのが精一杯でしたが8~9件回ることができるようになりました。

回る件数が多くなったことで現場での経験も増え、最終的には目標であった月間10件の契約も達成しました。

インターンでは、仕事をするうえで準備が大切なことを学びました。

この経験を活かして貴社でも頑張っていきたいと思います。

例文(ライター)

私が学生時代に力を入れたことはライターの長期インターンシップ活動です。

ライターという仕事に興味を持ったのはアフィリエイトの経験からです。

学生時代にお小遣い稼ぎの目的でアフィリエイトサイトを作成しましたが、報酬は1ヶ月に多くて1万円ほどでした。

そこで、自分の記事の作り方はどこが間違っているのかを知りたくてインターンに参加することにしました。

はじめのうちは私の作成した記事を社員の方が添削し、修正したものをウェブにアップするという形でしたが、その中で何度も指摘されたのは「読む人の視点に立つ」ということでした。

自分が書きたいことを書くのではなく、読み手が知りたいと思っていることを書くということを徹底した結果、最初は20ビュー/日ほどだったものが最終的には3,000ビュー/日まで伸びました。

私が広告代理店である貴社を志望したのは、インターンの経験で培った「言葉によって人の興味を惹く」という能力が仕事で発揮できると感じたからです。

例文(マーケティング)

私が学生時代に力を注いだのはマーケティングのインターンです。

大学では経営学を勉強していてマーケティング論のゼミを取っていたこともあり、もともとマーケティングというものに興味があったのがインターンに参加したいと思ったきっかけでした。

インターン先の企業ではデジタルマーケティングの仕事に携わりました。

ウェブやツイッター上で話題になりバズることが、商品の売上にどの程度影響するのかということを分析する業務です。

仕事をするうえで一番難しかったのは、話題性と売上の関係性を証明するための仮説を立てることでした。

自分なりにいろいろと仮説を立ててみましたがなかなかうまく行かず、社員の方にもアドバイスをいただきました。

その結果、比較的値段が安い商品、若者向けの商品ほど話題性が売上につながることが分析できたのです。

この経験を最大限に生かして貴社の商品の売上増大にも貢献していきたいと考えて応募しました。

まとめ

インターンシップのことをガクチカとして書く際のポイントや注意点について紹介してきましたが、いかがでしたか。

学生の中にはガクチカを書くのを苦手としている人が多いので、魅力的な文章を書くことができればライバルの就活生に大きく差をつけることも可能です。

とくにインターンシップの経験は仕事に直結することも多いので、優れたアピールポイントとなります。

ここでの内容を参考にしてもらって内定を勝ち取っていただければと思います。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る