インターンシップ

2019/6/12

就活生必見!インターンを有効に過ごすための持ち物をチェックしよう!

2019/6/12

初めてのインターンシップへの参加。
せっかくの機会、有意義に過ごしたいのではないでしょうか。

ここで大切なのが、持ち物の確認です。
指定されている持ち物だけでなく、持っておくと便利な持ち物もあるのです。
この記事では、持っていきたい持ち物や、忘れ物をしない方法、万が一忘れたときの対処法までお伝えします。

 

インターンに必要な持ち物とは

 

インターンが決まったら、持ち物リストを作成しましょう。

絶対に持っていくべきものは、インターン先の企業からメール・電話で連絡があります。

指定された持ち物をノートや手帳に書き写して、ひと目で確認できるようにしておくと便利です。

持っているものであればよいのですが、インターンのために購入しなくてはいけない物もあるかもしれません。

わからないところがあれば、遠慮せず担当者に確認しておくと安心ですね。

そうはいっても、企業側も常識的な持ち物については書いていないことも。この記事では、持ってくるように指示されないような基本的な持ち物や、持っておくと便利な持ち物をご紹介します。

持ち物をリストにして、忘れ物をしないように準備しておきましょう。

 

 

インターンで持ち物チェックが大切な理由

 

インターン当日に、忘れ物をしては大変です。

忘れ物が原因で、インターンを有意義に過ごせない可能性があります。

また、忘れ物がマイナスの印象をあたえてしまうことも……。

インターンの進行に影響があるなど、参加先の企業に迷惑をかけることになるかもしれません。

インターンに参加させてもらうのですから、忘れ物をしないのは最低限のマナーです。

 

有意義なインターンを過ごすためにも、持ち物チェックリストを作っておきましょう。

チェックリストを作っておけば、インターン当日に慌てることはありません。

落ち着いて行動するためにも、事前の準備が大切です。

 

 

インターンで必要な持ち物を紹介

 

それでは、インターンで必要な持ち物を紹介しましょう。

 

・履歴書

インターン先によっては、履歴書の提出を求められることがあります。

記入済の履歴書はクリアファイルに入れ、きれいな状態をキープするようにしましょう。

 

・受付票

企業への入館証として、受付票が必要なこともあります。

事前にメールでもらっている場合は、忘れずに印刷しておきましょう。

 

・筆記用具

筆記用具は、指示がなくても必ず持参します。

ボールペンやシャープペンを持っていきましょう。

企業からサインを求められた場合はボールペンを、下書きなどにはシャープペンを使います。

ボールペンとシャープペン、どちらも持っておくと安心です。

 

・スケジュール帳

次回のインターン日や面接日程の調整で、予定の確認をすることがあります。

スマートフォンが持込禁止のオフィスもあるので、紙のスケジュール帳を用意しておきましょう。

 

・メモ帳

インターンではメモを取る機会が多いです。

立っている状態でメモを取ることもあります。

柔らかい表紙のものはメモが取りづらいので、固い表紙のものがおすすめです。

 

・学生証

企業への入館証の代わりとして、学生証を使うことがあります。

また、本人確認用としても使われることもあるので、指示されていなくても持っておきましょう。

 

・腕時計

時間の確認は、いろいろな場面で必要です。

スマートフォンでの時間確認は、印象がよくありません。

派手過ぎず、見やすい腕時計を用意しましょう。

 

・ハンカチ、ティッシュ

お手洗いのあと後、手に残った水分で書類を汚してしまわないように気をつけてください。

夏はペットボトルにつく水滴にも注意が必要です。

 

・予備のストッキング(女性の場合)

女性は予備のストッキングを持っておきましょう。

万が一、破けたり伝線したりした場合に、コンビニへ買いに行くことができないかもしれません。

あらかじめ用意しておくと安心です。

 

・財布

遅刻しそうだったり、場所がわからなかったりして、タクシーに乗ることもあるかもしれません。

普段より少し多めにお金を入れておき、千円札を入れておくと安心です。

 

・スマホ

ほとんどの人がスマートフォンを持っていますよね。

便利な半面、使い方には注意が必要です。

インターン中にSNSやLINE等でのやり取りは厳禁。

必要がなければ、企業に入る前に電源を切っておきましょう。

 

・スマホの予備バッテリー

電話やメール、インターネットでの検索もできる便利なスマホですが、電池がなくなると使えません。

電池がなくなる心配をしなくて済むように用意しておくと安心です。

 

・折り畳み傘

雨で大事な書類を濡らしてしまっては、企業に迷惑をかけてしまいます。

体を濡らして体調を崩すこともあるかもしれません。

突然の雨にも困らないよう、折り畳み傘を持っておきましょう。

 

・メイク用具(女性の場合)

身だしなみはマナーです。

朝はしっかりとメイクしていても、時間がたつと崩れてくることもあるでしょう。

最低限のメイク道具は持参し、お昼休みなどにメイク崩れをチェックしてくださいね。

 

・通帳やキャッシュカード(有給の場合)

お給料が出るインターンや、交通費が支給される場合は、銀行振り込みのこともあります。

スマートに手続きするために、支店名や口座番号など振込情報がわかるものを用意しておきましょう。

 

 

インターンで便利な持ち物を紹介

 

続いて、必須ではありませんが、インターンに持っていくと便利な持ち物を紹介しましょう。

 

・保険証や免許証

インターンの途中で、急な体調不良になるかもしれません。

その時に慌てないよう、保険証は持っておくと安心です。

免許証は身分証明書としても使うことができるので、念のため持っておきましょう。

 

・印鑑

日本は「印鑑社会」です。

事あるごとに押印を求められるので、持っておきましょう。

交通費の支給や、秘密保持誓約書など、押印の機会は意外に多いです。

 

・交通費の領収書(交通費支給の場合)

交通費を支給してもらえるインターンの場合、交通費を証明するものが必要になります。

遠方から参加する場合は、新幹線や飛行機代の領収書を取っておきましょう。

電車やバスの運賃はICカードの履歴を印刷して領収書の代わりにするか、都度切符を購入すると領収書が発行されます。

ICカードの履歴で良いのか、領収書が必要かは企業の規定によりますので、事前に確認しておきましょう。

 

・常備薬

普段とは違う環境が原因で、体調を崩すことがあるかもしれません。

飲みなれている薬があれば用意しておきましょう。

いざというときに、自分で対処することができますよ。

 

・名刺入れ

インターン中には名刺をもらうことがあります。

自分の名刺を発行してもらえることもあり、裸のまま持ち歩くのは社会人としてNGです。

取引先の名刺を汚したり、自分の名刺が折れたりといった失礼のないように、名刺入れに入れるようにしましょう。

 

 

忘れ物をしてしまった場合の対処法

 

ここまで、忘れ物をしないための準備方法をお伝えしました。

しかし、どんなに準備をしても忘れ物をすることはあります。

そんなときこそ、落ち着いて対処しましょう。

この章では、忘れ物をしてしまった場合の対処法をご紹介します。

 

・コンビニなどで調達できるものは、出社前に購入する

・企業の担当者に忘れものがあることを伝えて、対処について相談する

・他のインターン生が予備を持っている可能性があるものならば、相談して予備があれば借りる

 

◆コンビニなどで調達できるものは、出社前に購入する 忘れた物がコンビニで購入できないか、探してみましょう。

コンビニはビジネスマン向けに、仕事で使える商品を数多く取り揃えています。

名刺入れや履歴書、お店によっては腕時計が置いてあるところも。

時間がないときには、店員さんに商品の有無を確認すると時短になります。

 

◆企業の担当者に忘れものがあることを伝えて、対処について相談する

印鑑や免許証など、コンビニで購入することができない物を忘れることもあります。

代わりの利かない物を忘れた場合は、すぐに担当者に相談しましょう。

数日間あるインターンであれば、翌日持ってくれば問題ないかもしれません。

一方で、1日だけのインターンであれば、遅れてもいいから持ってくるように指示されることもあります。

忘れ物が何であったとしても、すぐに報告することが最善の行動です。

必要になったときに忘れたことを報告するのでは、遅いことを覚えておいてくださいね。

 

◆他のインターン生が予備を持っている可能性があるものならば、相談して予備があれば借りる

忘れ物によっては、他のインターン生に貸してもらえるかもしれません。

筆記用具のように予備を持っている物であれば、貸してもらえることがあります。

ストッキングのように消費してしまうものは、後で購入して返すと約束してお願いしてみましょう。

インターン生同士はライバルではありますが、同期の仲間になる可能性もあります。

相談するときには、失礼のないようにマナーを守って頼みましょう。

 

 

インターンに向けて万全な準備を

 

インターンで存分に能力を発揮するためには、しっかりとした準備が大切です。

持ち物を事前に準備することを、おろそかにしてはいけません。

忘れ物をしてしまうことで、インターンを有意義に過ごせない可能性があります。

そうなれば実力を出し切ることができず、インターンで得られるはずだった情報を手に入れることも難しくなるでしょう。

インターンに参加するために、さまざまな努力や準備をしてきたはず。

せっかくつかんだインターンですから、しっかりと実力を発揮して活躍しましょう。

準備が万全であれば、自信をもって行動することができます。

持ち物を準備することろから、インターンが始まっていると思ってくださいね。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る