インターンシップ

2019/8/16

女子必見!インターンに参加するときの髪型まとめ

2019/8/16

女性の就活生がインターンに参加する際に悩むのが髪型です。
どのような髪型でインターンに臨めば、よい印象を与えられるのでしょうか。

この記事では、インターンの際に好ましい髪型をまとめて、解説していきます。

 

インターンの髪型、どうしてる?

 

インターンに参加するときは、訪問先の企業によい印象を与えるために、服装はもちろん、髪型も大切です。

しかし「どのような髪型でインターンに参加すればいいのかわからない」という悩みを持つ就活中の女子が多くいます。

 

そんな就活中の女子が持つ髪型の悩みを解決するために、インターンに適した髪型をまとめました。

インターンに参加する前に、どのような髪型が好ましいのかを知っておきましょう。

 

 

インターンに参加する前に髪型で注意しておきたいこと

 

インターンに参加する際に、髪型で注意しておきたいポイントは「清潔感」です。

どれだけ服装に気を使っていても、清潔感のない髪型では台無しになってしまいます。

 

清潔感に加えて「健康的で明るい印象」を出すことも大切です。

それでは、「清潔感」や「健康的で明るい印象」の髪型にするために、チェックするべき4点を紹介します。

 

髪は傷んでいないか

ボサボサな髪では、第一印象はどうしても悪くなってしまいます。

普段からケアを怠らず、健康的に見える髪型に保っておきましょう。

 

髪色は明るすぎないか

インターンに参加する際の髪色は、ナチュラルブラックやダークトーンのブラウンが好ましいです。

しかし、もともと色素が明るい場合は、無理に黒く染める必要はないです。

また、地色が黒く重い場合は、多少明るいカラーを入れても問題はありません。

 

眉が見えているか

前髪を下ろしている女子の場合は、自然に下ろしたときに眉が隠れるなど、中途半端な長さになっていないかをチェックしましょう。

しかし、眉が隠れていないとしても、前髪ぱっつんなどは印象が良くない場合もあります。

前髪をカットする場合は、自然に眉が見える長さにしておきましょう。

 

パーマをかけすぎていないか

インターンに参加する際、パーマをきつくかけているのはNGです。

パーマをかける場合は、まとめやすい自然なウェーブ、または毛先だけのパーマに抑えておきましょう。

 

 

活発に見えるポニーテール

 

インターンに参加する際にふさわしい髪型として「ポニーテール」はロングヘアの女性におすすめです。

ポニーテールとは、髪を一つに結んだ髪型で、ロングヘアやミディアムヘアの女性に向いています。

低めの位置でのポニーテールは地味な印象になってしまうため、普段よりも高めの位置で結ぶことを意識しましょう。


また、耳よりもやや高めの位置で髪を結ぶことで、顔がすっきりと見え、活発な印象を与えることができます。

加えて、ポニーテールは清楚で上品な印象も与えられることも特徴です。

サイドや後ろの短い髪が出てくることを防ぐためにピンで留め、スプレーを使って固定しておきましょう。

また、前髪が長い人は横に流して額を出すことで、健康的な印象を与えられます。

 

 

真面目な印象のシニヨン

 

次に、就活生におすすめする髪型は「シニヨン」です。

 

シニヨンとは、髪をまとめたお団子スタイルのことをいいます。

客室乗務員をはじめ、航空業界を目指している方に向いている髪型でしょう。

 

知的な印象を与えるシニヨンのポイントは、お団子を下の位置に作ることです。

上の位置にお団子を作ると、若々しく快活な印象を与えます。

シニヨンは、通常のポニーテールよりも低い位置に結び、ネットを使ってお団子を作るだけで完成するので簡単にアレンジすることが可能です。

 

インターンにシニヨンで参加することで、上品な大人っぽい女性の印象を与えることができます。

シニヨンを結うには前髪の長さが必要であるため、前髪は短くカットせずに伸ばしておきましょう。

 

 

清楚なハーフアップ

 

ポニーテールやシニヨンにするには、髪の長さが足りないミディアムヘアの女性には「ハーフアップ」がおすすめです。

 

この髪型は、肩ぐらいの髪の長さだと、清楚でフレッシュな印象を与えることができます。

一方で、髪が長すぎてしまうと清潔感がなくなり、印象が悪くなってしまう場合もあるので注意しましょう。

ハーフアップを作る際の注意点は「結ぶ髪が多く結び目の大きくなってしまうこと」と「下ろした髪で顔の輪郭を隠さないこと」の2つです。

また結ぶ高さは耳よりも少し上にすることで、顔がすっきりと見え好印象に繋がるでしょう。

ハーフアップの場合、結び目をうまく隠すために、ヘアゴムにはバレッタやシュシュを使うことをおすすめします。

 

 

ショートやボブスタイル

 

インターンに参加するにあたって、「ショート」や「ボブスタイル」もおすすめの髪型です。

ショートやボブスタイルでインターンに臨む場合、3つのポイントを押さえておきましょう。

 

まず1つめは「耳を出す」というポイントです。

耳を出すことによって、清潔感のある印象を与えることができます。

加えて、企業の担当者からの信頼感を得ることに繋がります。

 

次に「前髪を重くしない」こと。

ショートやボブスタイルでは、前髪で額が隠れてしまうと、暗くて重たい印象になってしまいます。

そのため、カーラーなどを使って、自然な内巻きにするとふんわり仕上がるよう工夫が必要です。

前髪は自然に下ろしたり、サイドに流したりして眉が見える方が印象がよくなることも、押さえておきましょう。

 

最後のポイントは「ヘアピンを目立たせない」こと。

一般的に、ショートやボブスタイルでは、前髪や耳の横の髪をヘアピンで留めます。

しかしヘアピンは本来は隠して使うものなので、なるべく周りから見えないように隠すよう心がけましょう。

 

 

女子はここもポイント!ヘアピンやヘアゴムの使い方

 

インターン参加の際に大切な「清潔感」のある髪型にするために、ヘアピンやヘアゴムを使って髪をまとめます。

ここからは、ヘアピンやヘアゴムの選び方や使い方について紹介します。

 

目立たないものを選ぶ

ヘアピンやヘアゴムを使って髪をまとめる際、一番の理想はヘアピンを使っていることがわからないことです。

ヘアピンやヘアゴムはあくまで髪型を整えるために使うものなので、 なるべく見えないように目立たないものを選びましょう。

基本的には、色は髪色と同じ黒のものを選ぶことがポイントです。

 

Uピンやシュシュを使う

髪型によっては、Uピンやシュシュを使ってアレンジする必要があります。

例えばシニヨンの髪型にする場合はUピンを、ハーフアップにする場合はシュシュを使うと便利です。

Uピンやシュシュの場合も、ブラックやブラウンなどの派手すぎず、髪色に合う色のものを選ぶようにしましょう。

 

髪を隠すように留める

ヘアピンはなるべく周りからは見えないように、髪に隠すように留めることがポイントです。

また、ヘアピンの位置も眉よりも外側のこめかみの近くになるように意識しましょう。

おでこの辺りでヘアピンを留めると、女子高生のような幼い印象を与えてしまう可能性があるため、注意が必要です。

 

ヘアピンを使う量を最小限に

最後のポイントは、ヘアピンを使う量を最小限にすることです。

ヘアピンは、あくまで髪をまとめるためのサポート役のため、大量に使うことはおすすめできません。

最小限のヘアピンで、うまく髪をまとめて、清潔感のある髪型でインターンに臨みましょう。

 

 

まとめ

 

インターン参加の際に好ましい髪型として「ポニーテール」「シニヨン」「ハーフアップ」「ショート・ボブスタイル」の4つを、紹介しました。

この記事で解説した髪型や、ヘアピンなどの使い方を参考に、清潔感のある髪型で、自信を持ってインターンへ臨みましょう。

 

 

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る