面接

2020/10/17

超簡単!コピペするだけ!!新卒の志望動機【例文5選】

2020/10/17

【新卒の志望動機の例文集】はじめに

 

志望動機は、就職の採否を左右すると言われていて、面接でも必ずと言って良いほど質問されます。

その会社を志望する理由を伝えるのが志望動機、と言うことは簡単ですが、実際にどうやって伝えたら良いのかわからないと、頭を抱える人も多いのではないでしょうか。

ここでは、新卒向けの志望動機についてご紹介します。

コピペするだけで使える例文も交えていますので、面接対策に役立ててください。

 

【新卒の志望動機の例文集】PREP法で話す

 

PREP法は、ビジネスシーンでよく使われる表現方法で、志望動機作成のベースとしても知られています。

PREP法の意味は、「Point(結論)」「Reason(理由)」「Example(具体例)」「Point(結論)」の頭文字を取った造語で、この流れで情報を伝えていくのです。

PREP法は、口頭で伝えるときだけでなく、レポートなど文章で表現する際も利用されます。

社会人になってから利用する機会が増えると考えられますので、この機会に身につけておくことを、おすすめします。

 

例文

 

PREP法について、説明してもいまいちピンとないかもしれませんので、例文をベースに解説します。

結論:御社を志望した理由は、地域の都市開発積極的に取り組む姿に感動したからです。

理由:私は高校生の頃から都市開発に興味を持ち、暇があれば散歩に出掛けて、新興住宅地や駅周辺が活性化していく変化を楽しんでいました。

具体例:私は大学時代経済学部で学び、地域の経済活性化について研究を続けています。

結論:以上の理由により御社を志望しております。

御社に入社できましたら、これまで身につけた知識とスキルを活かして、地域の活性化に貢献していく所存です。

 

PREP最初のP

 

PREP法の中で、はじめの結論(Point)にあたる部分です。

「御社を志望した理由は……」という風に始めます。

ここでは、その企業を志望することをメインに伝えるのです。

入社を志望する企業は通常、数ある企業の中から選ばれますが、選んだ結果ということで、「結論」になります。

結論をはじめに持ってくることで、企業の採用担当者は、志願者の志望度を知り、興味を抱くでしょう。

 

PREPのR

 

その志願者に興味を抱いた採用担当者は、「なぜ我社なのだろうか」と、選択した理由を知りたくなります。

その疑問に答えるのが、結論の次に来る理由(Reason)の部分になるのです。

理由になるので、「なぜなら……」という文章が続きます。

通常理由は、その業界や業種に興味を持ったきっかけが用いられるのです。

 

PREPのE

 

志望理由を聞いた採用担当者は、結論に理解を示すようになりますが、その理由に補足説明を加えると、説得力が増して、さらに納得してもらえることが期待できます。

理由に補足説明を加える役割を果たしているのが、具体例(Example)です。

志望動機では、エピソードや体験談が多く用いられるので、”Example”の代わりに、”Episode”(エピソード)としても問題ありません。

用いるエピソードは、理由や結論に関係しているものであることが絶対で、それを無視してしまうと説得力が弱まってしまいます。

 

PREP最後のP

 

PREP法の締めの部分にあたる結論(Point)です。

「以上の……より御社を志望しております」と、もう一度結論を述べて、入社を志望していることをアピールします。

通常志望動機は、入社志望を伝えるだけでなく、「入社することでどうなりたいか」「どのように活躍したいか」など将来のビジョンを盛り込みます。

 

【新卒の志望動機の例文集】実際の例文

 

面接で好印象を与える志望動機を作成したいなら、PREP法で作成することが無難です。

志望動機の作成方法について、いろいろな方法がネット上で紹介されていて、どの方法を選んだらわからない、と迷う人も少なくありません。

また、PREP法で作ると、どうしてもぎこちなくなってしまって使いづらいと感じる人もいるかもしれませんが、慣れてしまえば簡単で、違和感を覚えることもなくなるでしょう。

日本ではPREP法よりも、結論を最後に述べる「起承転結」が主流なので、結論を先に述べるPREP法は、居心地の悪いものと感じるのもしかたありません。

しかし、結論を後回しにしてしまうと、企業の採用担当者は、知りたいことにすぐ答えてくれないとストレスを感じ、その後の話を集中して聞いてもらえない可能性が高くなります。

ビジネスでは、結論を先に述べることが当たり前になっていますので、志望動機の作成は、起承転結よりもPREP法の法が無難です。

慣れてしまえば、盛り込みたい情報を、PREP法の手順に従って当てはめていくだけですので簡単です。

PREP法を使用した例文を5つほど挙げますので、参考にしてください。

 

例文①

 

私が御社を志望した理由は、商品の価値を伝え、販売者と購買者の両方が喜びを感じられるような広告を手掛けたいと考えたからです。

私は昔から広告に興味を持ち、限られたスペースで見た人の心を動かすような広告を作ってみたと思うようになりました。

ある日、とても興味深い広告が目にとまり、宣伝している商品がほしくなってしまったため、つい買ってしまったことがあります。

その広告を作成したのが御社で、調べてみると、気になる広告のほとんどは、御社のものでした。

御社の広告は、商品の利点やそれを使うことによってどんなベネフィットが得られるかが、視覚化・メッセージ化されて伝わってきます。

広告を見ながら新しい発見があり、御社で広告作成に携わりたいと強く思うようになりました。

私は経済学部で学び、メディア広告については独学で勉強中です。

御社に入社できましたら、持ち前の情熱と学んだ知識を活かして、購買行動につながりやすい広告を数多く手掛ける広告営業マンとして会社に貢献したいと考えております。

 

例文②

 

私は不動産業を幅広く展開している御社に営業事務を志望します。

御社を志望した理由は2点あります。

1つ目は、御社が掲げる経営理念です。

御社は「お客様に寄り添った住まいの提案」を掲げていらっしゃいます。

これは私が不動産業に対する思いと同じで、仕事をするなら御社しかないと思うようになりました。

2つ目は、お客様に寄り添ったサービスを展開しているという点です。

大学入学で一人暮らしをするときに、アパートを探していました。

複数の不動産会社に接触してみましたが、一番親切に対応してくれたのが御社でした。

はじめての一人暮らしで心細く、不安になっている私に対して、スタッフの方は、納得のいく物件を根気強く探してくれました。

親切な対応に感激して、大学を卒業したら、今度は自分が親切にする立場に立ちたいと思うようになりました。

私は学生時代レストランで2年間アルバイトを続けました。

お客様の要望に対して臨機応変に対応したり、座席に案内したりと、接客スキルを身につけました。

不動産業に対する情熱や学生時代に身につけたスキルを活かして、お客様に喜ばれる物件の仲介に全力を注いでいきたいと考えております。

 

例文③

 

私は、社員一人ひとりに役割を分担し、業務に取り組むことを社風としている理由から、事務員として御社を志望します。

御社の説明会に参加したとき、担当された方が、「事務員から社長まで、それぞれ役割を果たすことで会社は成り立っている」と説明されたことに深い感銘を受けました。

御社のインターンシップに参加したとき、その意味がよくわかりました。

アットホームな環境の中、イキイキと働いているスタッフの方々を見て、私も一人ひとりが活躍できるような職場で働きたいと強く思いました。

私は学生時代、野球部のマネージャーでした。

雑用が多く、裏方的な存在でしたが、部員をまとめたり、監督や部員との橋渡しの役を果たしたりするなど、コミュニケーションスキルも身につけました。

独学ですが、パソコンのスキルも取得して、エクセルもある程度使いこなせます。

御社では事務員として社員を支え、会社の発展に貢献していきたいと考えております。

 

例文④

 

私は、システムエンジニアとして御社を志望します。

学生時代からシステム開発に興味を持ち、独学でプログラミング言語を学びました。

システムエンジニアを目指すのは、プログラミングだけでなく、システム設計書の作成も含め、システム開発全体に興味があるからです。

大学時代は情報工学で学び、基本情報技術者試験・応用情報技術者試験に向けて勉強も始めています。

システム開発会社を調べたところ、私の価値観と共有する部分が多かったのが御社でした。

特に「システム開発を通して業務の効率化を実現し、会社の発展ひいては社会全体の発展に貢献する」という御社の経営理念に深く感動しました。

御社に入社できましたら、必要な知識やスキルをできるだけ素早く身につけて、お客様に喜ばれるシステム開発に貢献していきたいと考えております。

 

例文⑤

 

私はグローバルな事業展開に積極的に取り組んでいる御社を志望します。

私は父の仕事の関係で、子どもの頃複数の国で生活した経験があり、異なる文化や言語、価値観の違いに興味を持っています。

日本語のほかに英語や中国も話せ、このスキルを活かしたいと探していたときに、御社の説明会に参加しました。

そこで、御社が海外進出を通して日本だけでなく、現地の経済活性化も視野に入れていることを知り、深い感銘を受けたのです。

私は学生時代、国際交流のサークルに所属していて、異なる国の学生たちと積極的に交流を続けてきました。

お互い文化や習慣、価値観を交換し合うことで、理解を深められることを、活動を通して学びました。

入社後は語学力を活かして、異なる国での市場開拓に貢献していきたいと思います。

 

【新卒の志望動機の例文集】まとめ

 

新卒の志望動について、例文を交えてご紹介しました。

志望動機で大切なことは、その会社を選んだ理由を明確に伝えるということです。

そのためには、PREP法を活用するなど、伝わりやすさを工夫する必要があります。

もう一つ大切なのは、志望動機に盛り込む情報です。

その会社を志望する本気度を伝えるためには、なぜその会社を選んだのか、その理由を明確にすることがポイントになります。

例文集を参考にして、採用を勝ち取りましょう。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る