面接

2020/10/17

【面接必勝法】面接でのガクチカなどの回答時間目安は?臨機応変に対応できるようになるコツ

2020/10/17

はじめに

 

今回は面接でガクチカなどを答える際の回答時間の目安を紹介します。

目安を紹介するといっても、1分とか2分とか変に決めつけないほうが良いです。

変に決めつけてしまうと、回答の幅を狭めてしまい、なかなかスムーズに回答しにくくなってしまうからです。

なるべく臨機応変に対応できるような回答方法を紹介していきますので、ぜひ今一度面接の方法を見直してみてはいかがでしょうか。

 

面接ではどれくらいの時間で答えるのがいい?

 

まずは面接ではどれくらいの時間で答えるのが良いかを考えてみます。

大前提として、時間はこれくらいと決めつけてしまわないほうが良いです。

決めつけてしまうと、窮屈な回答になってしまい、相手に気持ちが伝わらない可能性があるのです。

時間が決まっている回答ほど、パターン化しやすいので、熟練の面接官には見抜かれてしまう可能性があるでしょう。

また、集団面接の場合や個人面接の場合によっても違ってくるのです。

 

場合によって変わる

 

ガクチカなどの回答時間の目安は1分程度と言われています。

しかし、必ず1分で終えなければならないわけではなく、それよりも短い場合もありますし、長くなることもあるでしょう。

このように臨機応変な対応が求められるのが面接の場なのです。

また、ある程度、面接官から聞かれることは予測できますが、完全に聞かれることは予測できません。

特定の答えに対して、なんらかの問いで切り返される可能性もあるので、問答のパターンは無限にあると言えるでしょう。

そのため、1分でこれを説明するというように固定観念を持ってしまうと、思わぬ質問に焦ってしまう可能性もあります。

その結果、どんどん崩れていってしまう可能性もありますので、臨機応変な対応を心がけるようにしましょう。

 

集団面接の場合

 

面接の回答時間がどのくらいかについては、集団面接の場合によっても違います。

集団面接でのポイントは、わかりやすく伝えたいことを適切に答えることが重要になってきます。

集団面接の場合は、面接官もたくさんの人を審査しなければならないので、余裕がありません。

そのため、個人面接よりもより要点を押さえて、相手にわかりやすいように答える必要があるでしょう。

ただし、できる限り簡潔に伝える必要はありますが、個性はしっかりと発揮したいところです。

集団面接で目立つことができなければ、集団に埋もれてしまう程度の才能と思われてしまう可能性があります。

簡潔かつ目立つというのはなかなか難しいことですが、集団面接では重要になってくるので、覚えておきましょう。

また、集団面接で相手の質問の意図を瞬時に理解する対応力も求められるでしょう。

 

個人面接の場合

 

個人面接の回答時間ですが、長さよりも自分のアピールという点に重点を置いてはいかがでしょうか。

個人面接では、目的がしっかりとしていなければ、どうしても冗長的になってしまいます。

しかし、とにかく自分をしっかりと伝えるという目的を持って臨めば、相手の意図を理解して、自分をしっかりと伝えられるはずです。

面接で重要なのは、きれいに整った面接をすることではなく、自分の良さや人間性を正確に相手に伝えることなのです。

また、そういった伝え方をするほうが相手に熱意も伝わりやすくなっています。

また、あまりに長くしてしまうと、最初の方にいったことが相手に伝わらない可能性があります。

そのため、個人面接とはいえ、1番自分が伝えたいことを強調して、しっかりと伝わるようにしましょう。

 

長すぎ、短すぎはなぜダメなのか

 

長い分には言いたいことが伝わるので良いのではないかと思っている人もいるのではないでしょうか。

しかし、長いから伝わるというのは間違いで、簡潔な内容のほうが圧倒的に伝わりやすくなっています。

また、長い場合は面接官が飽きてしまう可能性もあります。

さらに、物事を簡潔に伝える能力がないと思われてしまう可能性があり、コミュニケーション能力不足のレッテルを貼られてしまう可能性もあるのです。

このように長すぎだったり、極端に短すぎだったりする場合にはリスクがあるのです。

 

長すぎの場合

 

回答が長すぎる場合の問題点を考えてみたいと思います。

長すぎる場合は、やはり面接官が飽きてしまうか、言語能力不足と思われてしまう可能性があります。

 

面接官が飽きる

 

長すぎる場合は、面接官が飽きる可能性があります。

特に危険なのが、面接官の意図を理解しない回答を長く続けてしまうことです。

これでは面接官は得るものがないと早々に真剣に聞くのをやめてしまう可能性があるのです。

意図が合っていれば、長いと思いながらも、聞いてくれる可能性は高いですが、くれぐれも意図を理解しない長い回答は避けるようにしましょう。

意図を理解できなければ、合格するのはかなり難しくなってしまうでしょう。

 

簡潔に述べる能力がないと判断される

 

面接の回答が長すぎる場合は、コミュニケーション能力が不足していると思われてしまう可能性があります。

簡潔にまとめる能力がないということは、相手とコミュニケーションを取る力がないということになってしまうので、チームワークや接客が重視される業界においては、致命的になってしまう可能性があります。

 

短すぎの場合

 

回答が長すぎるのはいけませんが、短すぎるのもいけません。

短すぎることによっても、別の悪い評価を下されてしまう可能性がありますので注意してください。

 

印象に残らない

 

面接においては面接官の印象値は重要です。

そして、短すぎる回答は面接官の印象に残らない可能性があります。

短い回答よりも、長い回答の方が、面接官の感性に引っかかる可能性は増えるのです。

逆に、短すぎる回答では、そういったことも難しいでしょう。

そのため、長すぎるのはいけませんが、適度な長さは必要になってくると言えます。

最低限、興味を持つタイミングを与えるくらいの長さは必要になってくるのです。

 

能力が低いと思われる

 

長すぎる場合もコミュニケーション能力を疑われてしまう可能性がありますが、短い場合も同様です。

また、短すぎる場合はコミュニケーション能力不足だけではなく、思考能力に問題があると思われてしまう可能性があります。

特定の質問に対する回答が短すぎると、質問の意図を理解して、それを広げる能力が低いと思われてしまいやすいのです。

そう思われてしまわないためにも、質問の意図を理解するとともに、適度な長さで答えるようにしましょう。

また、場合によってはそもそもやる気がないと思われてしまう可能性もあります。

これでは受かるものも受からなくなってしまうでしょう。

 

まとめ

 

面接での回答の際の目安がわかったのではないでしょうか。

1分程度という目安はあるものの、あまりこれにとらわれないようにしましょう。

また、長すぎても、短すぎても悪い評価になってしまう可能性があり、最悪の場合はコミュニケーションのできない人、能力の低い人と思われてしまう可能性があります。

このように思われてしまったら、合格は難しくなってしまいますので、数少ないチャンスを逃さないためにも、自分なりの面接必勝法を組み立てておく必要があります。

まずは簡潔に自分の良さを伝える工夫をしてみましょう。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る