面接

2019/5/11

一次・二次面接と最終面接の違いとは?面接ごとの意図と評価観点を徹底解説

2019/5/11

就活で避けて通れない、面接。
今回の記事では、面接ステップごとの企業の意図を説明。
一次面接・二次面接・最終面接ごとの評価観点について徹底解説を行います。

 

一次・二次面接と最終面接の違いとは?

 

就職活動で内定に至るためには、面接という関門を越えなければなりません。エントリーシート、Webテスト、グループディスカッション選考を突破した後に待っているのが面接。

最終的に内定を獲得するためには、面接の対策が必須です。

今回の記事では、一次面接、二次面接、最終面接といったステップごとの面接について、採用担当者の意図・目的、評価観点の違いを解説していきます。

この記事を参考に、面接の違いを把握し、本番に臨みましょう。

 

 

就活で行われる面接とは

 

面接とは企業が採用する学生を判断する目的で、企業の採用担当者と応募者である学生が面と向かって話すことです。

 

面接が行われるのは、企業の選考フローの中でも中盤以降に差し掛かります。企業にエントリーを済ませた後、エントリーシート・Webテストを含む書類選考、時にはグループディスカッションが行われます。それらを突破した後、企業の社員と直接話をする面接選考が実施されて、内定に至ります。

本採用の選考では、1社につき通常3~5回の面接が実施されます。

一次面接は、人事担当者・現場の社員、

二次面接は、管理職の社員、

三次面接以降には、会社の役員、

最終面接では社長・取締役などが面接官を務めることが一般的です。

 

面接は企業が採用を判断する場であり、学生が企業への理解を深める場として非常に重要です。

 

次に各面接ごとに違いを見ていきましょう。

 

 

一次・二次面接の流れ

 

一次面接・二次面接では、面接の流れは基本的に同じです。

「学生時代に頑張ったこと」「志望動機」「自己PR」など基本的な質問がなされ、それについてさらに深く問われるパターンが多いでしょう。

そのため、エントリーシートの質問項目は必ず押さえて、関連した質問を受けた場合に答えるための準備をしましょう。

 

初期選考の段階では個人面接ではなく、複数の学生が一度に面接を受ける集団面接が行われることもあります。一人当たりの回答時間が短いため、端的に分かりやすく答えることを心がけましょう。

 

また、会話のキャッチボールを意識して自然な対話を心がけてください。

面接官は一次面接では現場の社員、人事担当者の場合が多いです。

二次面接では、部長・課長など現場の管理職が担当する場合もあります。

 

続いて、一次面接、二次面接それぞれの評価観点について、紹介します。

 

 

一次面接での評価観点

 

一次面接での評価観点は、以下の3点になります。

・最低限の対人関係能力があるか

・質問に対して的確に答えが返ってくるか

・質問の回答に一貫性があるか

 

・最低限の対人関係における好印象が与えられるか

ビジネスにおいて第一印象の良さは重要です。

・ビジネスマナーが守れているか

・TPOにふさわしい服装であるか

・笑顔で会話ができているか

など、相手を不快にさせないコミュニケーションが最低限可能かどうかを評価されています。

 

総合職の場合、どの仕事においても最低限のチームワークは求められます。

仕事をする以上、仕事をする上で支障がない程度のコミュニケーション能力は必要です。

 

・質問に対して的確に答えが返ってくるか

一次面接の段階では「面接官の質問に対して、的確に答えが返ってくるか」

が見られています。

 

ポイントとしては、以下の2点に注意してください。

・結論から話すことを癖づけること

・自分の伝えたいことをアピールしすぎない

基本的なことですが、質問に対する答えになってない回答をしてしまう学生も多いです。あらかじめ想定される質問には答えを用意しておき、落ち着いて答えましょう。

 

・受け答えに一貫性があるか

受け答えに一貫性を持たせることも重要です。

質問に対する回答がちぐはぐだと、回答への信頼性が低くなり、「一貫した芯が感じられない」という印象を与えてしまいます。

例えば、将来のキャリアについて「専門性を身につけたい」と話していたのに、志望動機を尋ねると「御社では幅広い業務に携われることが魅力だから」と明らかに矛盾した回答をしてしまう学生がいます。

 

自分の中で最も大切にしていることをいくつか文言化した上で、面接ではそれらに沿った一貫した回答を心がけましょう。

 

二次面接の評価観点

 

二次面接での評価観点は、以下の3点になります。

・前提となる業界・企業知識があるか

・企業が求める資質・能力を有しているか

・物事に取り組み、成果を出す姿勢があるか

 

・前提となる業界・企業知識があるか

一次面接をクリアした後の二次面接では、質問や知識を深堀される傾向が強くなります。その際、志望業界・企業の前提となる知識を持っているかが大切になります。

例えば「企業に入ってやりたいこと」を語る際に、企業の手がける事業、ビジネスモデルへの理解、業界全体の動向を理解していることは前提にあります。知っていて当然の前提知識が抜けていると「今話していることは本心か」と信頼感が削がれる形に繋がるため、面接前にきちんと確認をしておきましょう。

 

・企業が求める資質・能力を有しているか

志望する学生が企業が求める資質・能力を有しているか、という点も二次面接では評価されます。

業界・企業ごとに求める人材像を掲げています。面接官は、学生の資質・能力を見極めて、「自社で採用した際に活躍できるか、自社の業績を上げることができるか」を判断しています。

そのため、選考を受ける際には企業ごとに「求める人材像」を把握した上で、最も適したエピソードを選ぶのがおすすめです。自分こそ企業にとって必要な人材であるとアピールを行いましょう。

 

・物事に取り組み、成果を出す姿勢があるか

ビジネスで結果を出す際に必要なのは、「物事に集中して取り組み、成果を出すことにこだわる姿勢」。どの企業においても共通して求められます。

面接では「学生時代に頑張ったこと」という質問で、物事に打ち込む姿勢を問われます。

・学生時代に掲げた定量的かつ具体的な目標は何か

・それを達成するために何をしたのか

上記2点を整理して臨みましょう。

 

 

最終面接の流れ

 

一次・二次面接、それ以降の選考を突破して迎える最後の関門、最終面接。

ここを突破すれば見事、内定獲得です。

 

最終面接では、社長、取締役など企業のトップ層が面接官を務めます。

 

最終面接に進む学生は、複数回の面接を重ねた上で、ある程度企業が求める能力、資質を持ち、企業風土との相性がよいと判断されているといえるでしょう。

 

最終面接は、学生の入社の意思を最終確認する場としての意味が大きいです。

従来の面接で問われてきた今までの実績、能力よりも、「これから先会社で何をしたいのか」という将来のキャリアビジョンを中心に問われることになります。

 

続いて、最終面接の評価観点を紹介します。

 

 

最終面接での評価観点

 

最終面接での評価観点は、以下の2点になります。

・高い入社意欲が感じられ、会社への貢献ができるか

・将来のキャリアビジョンが会社の経営方針と沿っているか

・高い入社意欲が感じられ、会社への貢献ができるか

最終面接では、学生の入社意欲を確かめることが大きな目的のひとつです。

企業は毎年経営方針に基づく採用計画を立て、採用人数を定めています。

内定を出したにも関わらず学生側から辞退されると、採用人数が不足し、企業の業績に響きます。

そのため、企業は高い入社意欲をもち、会社へ貢献する意思を重視します。

「なぜ同業他社ではなく当社なのか」という質問で入社意欲を問われるため、志望企業を深く理解し、自分なりの言葉で語れるようにしておきましょう。

 

・将来のキャリアビジョンが会社の経営方針と沿っているか

企業の経営を担う立場である面接官は、その人の将来のキャリアビジョンと会社の経営方針とマッチしているかという点も評価します。中長期的に企業へ貢献してくれる人材であるかを確認するためです。

「将来のキャリアビジョン」や「入社後やりたいこと」を問われた際には、自分なりの目標を掲げ、会社や事業の成長にどのように結びつくのかを説明しましょう。また、大手企業の場合は異動・体制の変更にとらわれない抽象的なビジョンを語るように意識してください。

 

 

まとめ

 

今回の記事では、面接でよく聞かれる質問をタイプ別に一挙に紹介しました。面接は企業理解を深めた上で、事前に質問に対する対策をしておくことで、マッチ度の高い企業からの内定にぐっと近づくことができます。

面接では、エントリーシートで書いた内容に関して詳しく深掘りされる、アイスブレイクで話した話題から徐々に人間性を深く探るといった形で行われることが多いです。

面接に臨む前に、自分のエントリーシートを改めて見直して、面接で問われそうな部分に関しては準備をしておきましょう。

入念な準備を行なった後、面接本番では面接官の意図を汲み取って的確に答えることを意識してください。

就活の要である面接の出題傾向を押さえて、自信を持って面接に臨みましょう。

 

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る