面接

2019/5/15

自己PRと何が違うの?就活に成功するために効果的な自己紹介とは?

2019/5/15

今回の記事では、就活の面接時に効果的な自己紹介の方法を紹介しています。
面接時に採用担当者の印象を良くする自己紹介のポイントが知りたい、自己紹介の内容、話し方、構成がわからない人にも役立つ情報が満載です。

 

面接のスタートで聞かれる、自己紹介

 

就活中の面接時にどのように自己紹介すればよいのか、多くの就活生が抱える悩みです。

「就活の面接で行う自己紹介って、どうしたらアピールできるの?」

面接の最初に行われる自己紹介は、あなたが どんな人間かを印象づける大切なものです。

あなたの個性を存分に発揮するためにも、自己紹介を通じて良い印象を相手に与えたいですよね。

 

今回の記事では、自己紹介と自己PRの違い、面接時での効果的な自己紹介法を中心に紹介していきます。

これを読めば、面接官にアピールできる効果的な自己紹介を知ることができます。

面接の前に少しでも不安要素は取り除いておきましょう。

これから就活の面接に臨む方には必見です。

 

 

自己紹介が大切な理由

 

なぜ就活の面接において、自己紹介は大切なのでしょうか?

「自分の個性をアピールするため」

「面接官に少しでも印象を与えるため」

自己紹介が大切なのは、 あなた自身の第一印象に大きく関わるからです。

面接担当者は、自己紹介の内容はもちろん、 伝え方・話すときの表情・口調から、あなたの印象を判断します。

 

ESや履歴書がどれだけ良かったとしても、結局は面接での受け答えで最終決定を行います。

そのため、自己紹介の時点で「何を言っているのかよくわからない」という印象を抱かれると、その後でどんなに上手く志望動機を語っても、面接担当者の胸に響きにくくなってしまいます。

 

逆に、自己紹介が上手くいけば、その後の面接での印象も良くなる可能性があります。

面接を有利に進めたければ、最初の自己紹介でどれだけ印象づけることができるかがポイントになってきます。

就活生の皆さんは、自己紹介がそれだけ大切であると認識しましょう。

 

 

自己紹介と自己PRの違い

 

就活生が混同しやすいのが、「自己紹介」と「自己PR」の違い。

面接で 「自己紹介」を求められたにも関わらず、「自己PR」を始めると面接官の意図とずれてしまうことがあります。

改めて、自己紹介と自己PRの違いを押さえておきましょう。

 

 

自己紹介

 

自己紹介の目的は、面接でお互いが話しやすい雰囲気をつくるため、 コミュニケーションのきっかけにすることです。

大学名・氏名・学部・専攻・所属団体を簡潔に30秒~1分程度で話しましょう。

 

 

自己PR

 

自己PRの目的は、 自分の経験や能力、意欲を相手にアピールすることです。

道筋を立てて話すことで相手に伝わりやすくなります。

自己PRでは、 結論から伝えることが基本です。

面接官に自己紹介を促された際には、いきなり自己PRを始めないように気をつけましょう。

 

自己PRのポイントに関しては別記事をご用意しているので、ぜひ読んでみてください。

【保存版】人事に刺さる!自己PRのポイント

 

 

面接担当者が自己紹介で知りたいこと

 

面接官は、あなたの自己紹介を聞いて「何を一番知りたいか」を意識したことはありますか?

面接で合格を勝ち取るためには、 相手の知りたい情報を提供することが最も大切です。

面接担当者が自己紹介で知りたいことは、以下の2点です。

 

 

学生がどんな人物なのか

 

文章で書かれた エントリーシートだけでは、あなたがどういう人物なのか判断することは難しいです。

自己紹介では、あなたの人柄や考え方を判断するベースとなります。

 

 

簡潔にわかりやすく伝える力があるか

 

面接担当者は「自己紹介を1分間でお願いします」と時間制限をつけることがあります。

短い時間でわかりやすく伝える力は、社会人となっても重要です。

面接でも大きく見られているポイントなので、意識して話しましょう。

 

自己紹介では2つのポイントを踏まえて端的に行うと、面接担当者から良い印象を得られるでしょう。

 

 

自己紹介で話す内容

 

ここでは、さらに自己紹介で話す内容の部分を詳しく紹介していきます。

 

自己紹介で話す内容としては、 主に下記の5つが当てはまることが多いです。

それぞれ簡潔でわかりやすく話すためにも、事前に自己紹介の練習をしておくことがおすすめです。

 

 

氏名

 

はじめに名前を聞かれることがほとんどです。

ハキハキとしゃべることを意識してみてください。

 

 

大学名・学部名・学科名

 

大学名だけでなく、 学部と学科名まで答えるようにしてください。

 

 

学校で学んできたこと、成果

 

大学内で学んできたことを 具体的に説明しましょう。

説明する際に「私が学んできたことは〇点あります」と伝えることで、より相手にわかりやすく伝わります。

 

 

学業以外の活動・特技、成果

 

学業以外で取り組んできたことに注目する面接官は多いです。

例えば、留学経験や変わったアルバイト経験を紹介すると、興味を持ってもらえることもあります。

そこから具体的に何を学んで、どう結果を出したのかもわかりやすく説明することを意識してみてください。

 

 

面接を受けるにあたってのあいさつ

 

面接官に良い印象を与えるためにも 愛想良く笑顔で話すことを意識してみましょう。

自己紹介は時間制限を設けられて話すことが多いです。

そのため、簡単にわかりやすく要点だけをまとめて伝えることが大切です。

自分の話すスピードを知るためにも、 1分間で話せる練習をしておきましょう。

 

 

よい印象を与える自己紹介づくりのポイント

 

面接官に好印象を残すためにも「自己紹介づくりのポイント」を押さえましょう。

事前に 「何を自己紹介で一番伝えたいか」を意識しておくことで、緊張せずにスムーズに話すことができます。

下記のステップを踏んで考えてみましょう。

 

 

面接担当者にどんな印象を与えたいのかを決める

 

あなたの中にも「面接官にこんな風に思われたい!」という理想状態があると思います。

「真面目」「元気」「リーダーシップ」など、人それぞれです。

「自分はこういう人間です」と強く印象づけるためにも、 あなたの中で事前に相手に与える印象を定めてぶれないようにしておきましょう。

 

 

その印象を持ってもらうためのエピソードを探す

 

あなたが面接官に持ってもらいたい印象が決まったら、その印象を強く感じてもらうエピソードが重要です。

あなたがリーダーシップがとれる人間であることをアピールしたければ、部活でのキャプテン経験やバイトリーダーなどのエピソードがいいでしょう。

どんなエピソードを話すかで、相手の印象に強く残るか決まります。

事前に準備しておくようにしましょう。

 

 

エピソードを簡潔に伝えるためのキーワードを決める

 

あなたが最も伝えたい内容のために、 軸となるキーワードを決めておく必要があります。

要点を押さえて伝えたいことを話すことが大切です。

 

 

1分間で話せるようにまとめる

 

社会人になると 限られた時間の中で話す能力が求められます。

より短い時間で伝えられる練習をしておきましょう。

 

 

事前準備で成功率を高める

 

面接本番に自信を持って臨めるように、何度も自己紹介の練習をしておくようにしましょう。

ぶっつけ本番では成功率は低くなります。

確実にアピールするためにも事前の準備は大切です。

どれだけ練習したかで成功確率も上がることでしょう。

 

また、話す内容以外にも、 表情や声の大きさを意識することも大切です。

ハキハキと聞き取りやすい声量で話すと、相手に明るい印象を残すことができます。

友達同士で面接の練習をしてみることで、本番でさらに力を発揮することができるでしょう。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る