ガクチカ

2020/10/16

「英語ができる」を強みに!ガクチカのコツと例文

2020/10/16

はじめに

 

就活の面接では「学生時代に頑張ったこと」を聞かれる機会が多いです。

学生時代頑張ったことを略して「ガクチカ」、その中でも「英語ができる」を強みにして自分をアピールしませんか。

頑張った結果と過程を整理することで改めて自分の強みに気づけることと思います。

企業はあなたがやる気のある人間か、どんな能力があるのかをガクチカで見極めようとするでしょう。

いろいろな角度から効果的な英語力のアピール方法をご紹介します。

 

英語を強みにできるエピソードを探そう

 

まずはエピソード探しです。

海外留学・TOEIC・海外居住経験などはあるでしょうか。

何もないという学生の方でも、短期で挑戦することを計画すればエピソードを作ることができます。

あなたが英語を頑張った結果が大事なので「英語圏での文化や生活を知った」「TOEICの点数が何点上がった」「外国人とコミュニケーションを取ることができた」などとアピール点を定めておきましょう。

結果を定めると、どのような行動を取るべきか迷わずに済みます。

 

「英語ができる」という強みに帰結しなければいけない

 

世界で英語を話す人口は約17億5,000万人と言われています。

日本の人口と比べて10倍以上です。

それだけビジネスでもエンターテイメントでも英語の圧倒的な情報量があるということです。

特にビジネスでは海外の動向を知るために英語力が必要となります。

同業の海外企業のホームページを読んだり、海外に展開している企業ではやり取りが英語だったりと英語を活用するシーンが多いのです。

英語ができるという強みがあるからこそ、ビジネスで活躍できるチャンスが広がります。

ホテル業界、観光業、航空業界、グローバル企業など多くの業界が英語が必要としているのです。

またシステムエンジニアや事務などで英語力を活用できる方はより収入を上げることができます。

「英語ができる」という強みを文章でも口頭でも説明できるように準備をしましょう。

 

海外留学

 

留学する国を選んだとき、あなたは「どんなきっかけ」で「どんな目的」でその国にしたのでしょうか。

面接で聞かれる可能性があります。

「好きだから」というシンプルな答えでも良いのですが、「なぜそうなのか」を3回ほど繰り返して理由を深堀りしておきましょう。

海外留学は語学の習得だけでなく、文化や国民性に触れる経験ができることが「強み」です。

入社後にどんな仕事をしたいかという希望と結びつけて海外留学をアピールしましょう。

 

TOEIC

 

TOEICでは高得点、もしくは点数アップの努力の過程が「強み」です。

面接官はTOEICだけで評価するのではありませんが、英語が必要な業種ではTOEICの高得点が良い人材と言えるでしょう。

最高得点は999点です。

900点以上であればかなり英語ができると認識されます。

「3ヶ月で400点が800点になった」というような努力のアピールも有効です。

企業にもよりますが、500点以上を取ればガクチカとしてTOEICをアピールできるでしょう。

 

海外居住経験

 

海外の居住は、旅行だけでは味わえない苦労や大変さの経験が「強み」となります。

同じ英語圏でもテーブルマナーや人付き合いの仕方が違いますし、日本とのギャップも加わって苦労も多いのが居住です。

この大変さをどうやって解決したかをアピールすれば英語力だけでなく「あなたの前向きさ」が評価されます。

英語を使ってビジネスをすることは海外の方とコミュニケーションを取るということです。

居住経験が外国人とのコミュニケーションの基礎となり活用できることと思います。

 

英語を強みにするために

 

英語の習得には3,000時間が必要という定説があります。

英語を強みにするためにはまず3,000時間の英語の勉強時間を確保しましょう。

中学・高校での英語の学習時間を1,500時間として残りの1,500時間、1年365日で考えると1日に約4時間の勉強時間になります。

2年かけるなら1日約2時間です。

現代は動画コンテンツやゲーム・映画やアニメなど、意識すれば英語に触れる機会を得ることができます。

英語を強みにするために自分の好きなジャンルから英語に触れ、TOEICや留学などにチャレンジしてはいかがでしょうか。

 

海外志向の強い企業で有利

 

海外志向が強く海外勤務者が多い企業はトヨタ自動車、ソニー、デンソー、三菱商事、三井物産など自動車業界や商社が主です。

それぞれ1,000人以上が海外勤務をしています。

大手ではなくても海外勤務者の比率の高い業種や企業を選べば英語を使った仕事が望めるでしょう。

また海運業界は海外との取引が多く海外勤務が望めるかもしれません。

東洋経済新報社が発行する最新の「就職四季報」を参考にすれば、企業がどの地域に力を入れているのがわかります。

ぜひ勤務地と人数を確認してみてください。

企業研究にもなります。

自分の希望する地域があれば企業にエントリーしてみてはいかがでしょうか。

海外志向の強い会社で働くことを目標にすれば、英語の勉強に力が入れやすいと思います。

 

ガクチカは企業によって変えよう

 

企業のホームページを読み込む・社員の方に聞く・インターン経験をするなど、企業をよく調べておきましょう。

企業の求めている人材はそれぞれ違います。

調べておくことでどんな人材が必要か予想することができるのです。

英語の難易度も業種や企業によって違います。

簡単な英語で大丈夫な企業から専門性のいる企業まで幅広いのです。

せっかく採用されても「簡単な英語でやりがいがない」また「難しすぎる」などと早期退職という残念な結果になっては双方が損してしまいます。

企業の仕事内容によってアピールポイントを変える工夫をしましょう。

詳しく企業研究をすることで対策が見えるはずです。

 

英語を強みにした例文

 

英語を強みにしたガクチカの例文をご紹介します。

コツは最初に「何を頑張ったか」の結論を述べることです。

次に「動機」「目標」「困難」「取り組み」「結果」と述べると伝わりやすいでしょう。

企業の求める人材は「課題を解決する意欲と能力と熱意のある人材」です。

準備しておけば面接で聞かれても上手に応えることができます。

企業の求める人材像と英語を強みにしたガクチカエピソードで魅力的なアピールをしましょう。

 

例①

 

私が学生時代に頑張ったことはアメリカへの語学留学です。

動機は将来英語を使った仕事をしたいと思ったからです。

現地の方と問題なくコミュニケーションを取り、文化をよく知ることを目標としました。

ボランティアに取り組み、募金活動などいろいろな活動を現地の友達と一緒に頑張りました。

この活動を通して単にコミュニケーションを取るだけではなく、相手の立場を思いやって英語を使いこなすということを学びました。

アメリカの慈善精神と明るい性格を理解できとても良い経験になりました。

アメリカでボランティアが重要視されているのは開拓の歴史で助け合ってきたからです。

そのような歴史的背景からもボランティア精神を学び、笑顔で対応するということが自然にできるようになりました。

アメリカで身につけた自然なコミュニケーションは御社でも活かせると思います。

語学が難しく感じて帰りたいと思ったこともありましたが、アメリカの語学留学の経験をやり遂げて良かったと思います。

 

例②

 

私が学生時代に頑張ったことはTOEICで800点を取るという目標を達成したことです。

動機は英語初心者レベルからビジネス英語を話せるレベルに成長したかったからです。

もともとの点数が400点でした。

ビジネスで活かせるレベルはおよそ800点と言われており、私の場合400点も足りませんでした。

計画を立て英語学習に打ち込む必要がありました。

TOEICの勉強法を自分なりにリサーチし、独学とオンライン学習を併用して毎日2時間英語の勉強をしたのです。

2年間勉強を続けてやっと800点に到達することができました。

学校の勉強やアルバイトもありながら学習時間を確保することは思ったより大変でしたが「英語を使った仕事につきたい」という一心で頑張ることができました。

御社では海外事業を展開しており海外勤務者も多くいらっしゃいます。

勤めることができましたら、困難にあってもTOEICを勉強したときのようにコツコツ課題に取り組みたいと思います。

 

まとめ

 

英語ができれば収入アップや仕事へのやりがいを感じるなど人生が豊かになります。

学生時代に英語の勉強を頑張れば、その分だけ未来を切り開くことができるのです。

ぜひガクチカで英語を強みにすることをチャレンジしてみてください。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る