ガクチカ

2020/10/16

【体育会で無双】体育会系エピソードでガクチカを書いて無双しよう!

2020/10/16

はじめに

 

体育会系エピソードでガクチカを作成するためのコンテンツです。

体育系ガクチカを作成するメリットも紹介していますし、企業の反応についても紹介しています。

また、体育会系ガクチカを作成する場合におすすめの文章法なども紹介していますので、このコンテンツを利用して、ひとつ素敵なガクチカを作成してみてはいかがでしょうか。

注意点なども紹介していますので、企業にマイナスのイメージを抱かせてしまわないように注意してください。

 

体育会系であることを書くメリット

 

体育会系のエピソードをガクチカに書く場合のメリットを確認します。

メリットを確認することによって、自分はガクチカは体育会系のエピソードにしようと思えるはずです。

ガクチカに体育会系のエピソードを書くメリットはたくさんあります。

一つは、組織で働くことに慣れていることをアピールできます。

また、活動の目的を述べやすいというメリットもありますし、体力があることを伝えられるのです。

ちょっとしたメリットを挙げただけでも、これだけの数がありますので、体育会系のエピソードは侮れないことがわかります。

 

組織で動くことに慣れている

 

体育会系のエピソードは組織に属することに慣れているとアピールできます。

大企業などは特にそうなのですが、組織の規律を乱すことをとても嫌います。

それがたとえば、優秀な学生であっても、規律を乱すような学生は、すぐに追い出されてしまうでしょう。

そのため、なんらかの組織に属したことがあるという経験は会社によってはかなりの高いポイントになるのです。

特に体育会系の場合は、上下関係に厳しい縦社会になっていますので、そういった社会に柔軟に溶け込める学生は評価されるでしょう。

会社に入ると、多かれ少なかれ、会社に順応しなければなりません。

そのためにはコミュニケーション能力も必要で、体育会系のエピソードは、そうしたコミュニケーションのアピールにもなってくれるのです。

 

活動の目的を述べやすい

 

体育会系のエピソードは活動の目的を述べやすいと言えます。

大会に出場するような体育会系の部活に属しているなら、大会に優勝するのが目標とも言えるのです。

また、なんらかの競技に携わっているなら、その競技の技術を高めるためという理由も考えられるでしょう。

ほかにも、団体競技をすることによって、チームワークを高めることやとにかく活動の目的を述べやすいのです。

また、活動の目的を述べやすいだけではなく、活動することによって、得られるものも述べやすいと言えるでしょう。

ただし、体育会系のエピソードは、とてもガクチカとして書きやすいので、ついつい似通ってしまう傾向があります。

そのため、オリジナルエピソードという部分をしっかりと考えたうえで記載するようにしましょう。

 

体力があることを伝えられる

 

体育会系のエピソードは、体力があることを伝えられるというメリットがあります。

体力というのは仕事にはとても重要な要素で、どんなに優秀な学生であっても、体力がなければ、途中でリタイアしてしまう可能性があります。

そして、体育会系で培われる体力というのは、肉体的な体力ではなく、精神的な体力も含まれるのです。

肉体と精神はリンクしていますので、肉体的な体力が高い人は、精神力も強いです。

この精神力とは根気のことでもあり、辞めずにコツコツと働いてくれるような人材を求めている企業にとっては、大きなプラスになってくれます。

また、体育会系を求めているという企業は予想以上に多いので、体力の部分をアピールすることができれば、良い結果をもたらすのではないでしょうか。

 

書く際の注意点

 

体育会系エピソードでガクチカを作成する際の注意点を紹介します。

定番のガクチカなのですが、それだけに注意したいこともあるのでよく確認しましょう。

まず、経験ではなく、そこから何を学んだかのほうが重要になってきます。

さらに、専門用語ばかり使うのも避けるべきでしょう。

これでは相手に何を言いたいのか伝わってくれません。

また、向こう側は実績というよりも、あなたの考えを聞きたいと思っていますので、見当違いの回答をしないように注意すべきです。

 

「経験」ではなく「そこから何を学んだか」が大事

 

体育会系のエピソードでガクチカを作成する場合に経験を使ってしまうと、単なる出来事を連ねただけという状況になってしまいがちです。

エピソードを連ねるだけでは、単なる日記帳になってしまいますので、経験だけではなく、経験から何を学んだのかまで突っ込みましょう。

経験から何を学び、そして何を考えたのか、その結果、自分にどういった変化があったのかなど、経験をすることによる自分自身への影響をエピソードに盛り込むことができれば、相手にしっかりとアプローチできる可能性は高まります。

優勝経験などがあると、どうしても経験のエピソードが先行してしまいます。

しかし、それでは不十分なので、単なる自慢話になってしまわないように注意してください。

 

専門用語ばかりにならない

 

体育会系のエピソードを書いていると、ついつい専門用語ばかりになってしまう傾向があります。

普段から使用して当たり前になってしまいがちなので注意しましょう。

スポーツ系のサークルなどでは、専門用語が飛び交うのが当たり前かもしれませんが、そのスポーツを知らない人にとっては、理解できません。

相手のことを配慮せずに、専門用語を使ってしまう場合は、配慮のできない人と思われても仕方がありませんので、評価が下がってしまう可能性があるのです。

また、専門用語を知っているというアピールよりも、より簡単に相手に伝えることの方が重要になってきますので、それを忘れずにガクチカを作成するようにしましょう。

 

実績よりもそれを踏まえての「自分の考え」

 

体育会系のエピソードを書く際に注意したいのが、優秀な成績を収めていた人です。

優秀な成績を収めていた人は、ついついそれを自慢したくなってしまいます。

しかし、就職先は決して、どの大会で優勝したとか、準優勝したとかを聞きたいというわけではないのです。

重要なのは、実績よりもそれを踏まえての自分の考えになっていますので、優勝したで終わってしまってはいけません。

優勝してどんなところが変わったのか、優勝するまでにどんな努力をしてきたのか、次の目標は何なのかなど、しっかりと実績を得たことによる派生をエピソードに盛り込んでください。

こうすることによって、相手にあなたを知ってもらうことができます。

 

具体的な数字をできるだけ使う

 

ガクチカで体育会系のエピソードを書く際には、具体的な数字を使うのも良いです。

第1位、第2位といった実績を使うのも良いですし、記録を使うのも良いでしょう。

このような具体的な数字がエピソードに盛り込まれることによって、わかりやすくなります。

また、具体的な数字を使うことは、社会人でも重要なことなのです。

プレゼンテーションの際に、具体的な数字を利用するのはよくあることで、こうした心遣いがさりげなくできる学生というのは、面接官に評価される可能性が高くなります。

 

ガクチカの構成

 

ここではガクチカの構成を紹介します。

ガクチカの構成はだいたい決まっていて、どんなガクチカだからとかはあまり関係ありません。

特におすすめなのがPREP法、STAR法です。

この2つはガクチカ作成の際によく用いられる文章法になっていて、うまく利用すれば、簡潔に相手に物事を伝えることができます。

体育会系エピソードの場合は、STAR法がかなりおすすめで、まさに体育会系で成績を残した人のための文章法と言えるでしょう。

また、結論ファーストで書くことも忘れずに、あくまでも聞き手の立場に立ったガクチカ作成が重要になってきます。

 

PREP法、STAR法で書く

 

PREP法とSTAR法は、ガクチカを作成する際におすすめの方法です。

どちらも簡潔に相手に物事を伝えるための方法なので、ぜひ覚えておくと良いでしょう。

PREP法というのは、結論理由、例、結論の4段階から構成される文章のことを指しています。

とても簡潔な文章なだけではなく、最初と最後を結論で挟むことによって、相手に伝えたいことを印象づけることができます。

ガクチカというのは、限られた時間しかありませんので、結論を印象づけられるのはとても大きなポイントです。

次にSTAR法ですが、概要、目標、行動、成果(結果)という4段階で構成された文章です。

STAR法の場合は、まさに体育会系のガクチカを作成するためにあるような文章法になるので、なんらかの実績があるなら、この文章法に当てはめてみると良いでしょう。

 

結論ファーストで書く

 

ガクチカを書く際に重要なのは、体育会系エピソードに限らず、結論ファーストで書くことです。

ガクチカを使ってアピールできるのは、ごくごく短い時間です。

そのため、できるだけ相手に短時間でかつインパクトのある内容を伝えなければなりません。

そこで重要になってくるのが結論ファーストというもので、結論から先に語ることによって、相手に結論を印象づけられるのです。

また、PREP法のように最後にもう一度結論を繰り返すような文章の場合は、より結論を決定づけることができるでしょう。

どのようなガクチカを作成する際にも、まずは結論ファーストを意識してみると良いでしょう。

それだけでも、意外と良いガクチカはできるものなのです。

 

具体的なエピソードを使う

 

これは当たり前のことなのですが、具体的なエピソードを利用するようにしましょう。

どんなに素晴らしい成績や活動記録を残していても、それが相手に伝わらなければ意味がありません。

そのためには、具体性も重要ですが、エピソードを省くことも重要で、重要な部分はどこかを見極めたうえで重要な部分だけを残すようにすることも大切になってきます。

具体的なエピソードというと、ついつい余計な部分まで盛り込んでしまいがちです。

しかし、それでは余計に伝わりにくくなることもありますので、この部分は本当に必要か、そうでないのかをしっかりと見極めるようにしましょう。

 

具体的なエピソードを参考にしよう

 

具体的なエピソードを作成する際には、具体的なエピソードを参考にするのがおすすめです。

例文を1つ紹介しますので、そのほかの具体的なエピソードとともに作成の際の参考資料として利用してみてはいかがでしょうか。

 

例文

 

私は大学時代は陸上の短距離走の部活をしていました。

中学時代は、運動系の部活に入ったことがなく、一生に一度くらいは体育会系の雰囲気を感じてみたかったのです。

また、大学でスポーツをやるにあたって、一つの目標を設定しました。

それが100mで11秒台を出すというものです。

中学生時代に陸上をやっていたわけではない私にとっては高いハードルでしたが、最終的には11秒台を出すことができました。

無理をしてケガをしたくなかったので、特に注目したのがスポーツ工学のようなものです。

単純な練習だけではなく、頭を使ったトレーニングをしたのです。

たくさんの本を読みましたので理論的な思考は身につきましたし、適度という言葉を理解できました。

大学で始めた遅咲きの陸上は、私にコツコツと努力を重ねることの大切さと理論的思考を教えてくれました。

 

まとめ

 

体育会系のエピソードをガクチカに使おうとしていた人は、ずいぶん自分のガクチカが見えてきたのではないでしょうか。

また、体育会系のエピソードの書き方がわかったので、こっちに切り替えてみようという人もいるかもしれません。

企業によっては、体育会系のエピソードがかなり効果的な場合もありますので、適材適所で使い分けてみると良いでしょう。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る