ガクチカ

2020/10/16

【ガクチカ】いいガクチカの締め方とは?企業がガクチカに求めているものか考えよう

2020/10/16

はじめに

 

ガクチカは面接で定番の質問となっており、学生時代に力を注いできたこと、頑張ったことを尋ねられるものです。

内容は勉強でも部活やサークルでも、アルバイトやボランティア活動などジャンルは問いません。

問題は最後をどう締めるかです。

選考を突破するために評価を得るためには、経験したことを話して終わりにしてはいけません。

企業がガクチカに求めていることを理解したうえで、それを踏まえて締めることがポイントです。

 

ガクチカはどのように締めればいい?

 

では、ガクチカはどのように締めれば良いのでしょうか。

締めを考える前提として、面接における回答の仕方の基本をマスターしましょう。

それはPREP法です。

Point(結論)→Reason(理由)→Example(具体例)→Point(まとめの結論)という順序で構成するもので、初対面の面接官にも内容がわかりやすく伝えられます。

ということは、ガクチカの締めは紹介したエピソードに基づき、「その経験を通じて学んだことで締める、その経験を活かして〇〇したい。」という締め方にするのがおすすめです。

 

エピソードからの自分の分析

 

ガクチカを尋ねられたら、PREP法に基づき、まずは、学生時代に力を入れたことを一言で伝えます。

部活動でもサークルでも、アルバイトでも良いので、一番力を入れた一つを結論づけます。

次になぜ、それに力を入れたのか理由を述べましょう。

そして、力を入れて取り組んだ具体的なエピソードを紹介します。

エピソードは一生懸命取り組んだ中で、問題や苦難に直面した経験やアクシデントが起こり、それを乗り越えてでも頑張ったという経験が紹介できるのがベストです。

問題をどう乗り越えられる人かがイメージしやすく、それほどまでしても頑張りぬいたことがあったと印象づけることができます。

そのためのエピソードを選んでいく過程や、エピソードを思い返す中で、そこから何を学び、何を得られたのか、じっくりと自己分析を行ってみましょう。

 

例①

 

ガクチカの締めの例として、「~でした。これは~であったからだと考えています。」というパターンが挙げられます。

たとえば、「私が学生時代に力を入れて取り組んだのは、小学校2年生から続けているサッカーです。

中学時代には県大会優勝、高校時代には県代表、大学では主将を務め、トーナメント戦で準優勝を果たしました。

主将に選ばれ、チームを引っ張ってこられたのは、人一倍練習をしてきたことをチームメンバーに認められ信頼を得たからだと考えています。」といった形です。

 

例②

 

ガクチカの締めの例として、「~でした。そこから~であることが大事だと感じました。」というパターンが挙げられます。

たとえば、「私が学生時代に力を入れたのは家庭教師のアルバイトです。

なぜかといえば、ひとり親家庭に育ち、経済的な余裕がないため、生活費を自分で稼ぐ必要があるからです。

感染症拡大の影響により、家庭教師に行くことができず、収入がストップする問題に直面しました。

そこで、私はスマホを使ったオンライン授業を提案したところ、生徒にも好評で保護者からも、休校中もしっかり学べたと喜んでもらえたのです。

想定外の事態が生じたときも、それであきらめてしまうのではなく、アイディア力と柔軟性が発揮することが大切だと感じました。」といった形です。

 

なぜそのようにすることがいいのか

 

ガクチカは学生時代に頑張ったことを自慢話や美談として話すことや単に思い出話をすれば良いわけではありません。

企業の就職面接を受けている以上、常に選考を通ること、内定を得ることを意識して話すことが必要になります。

そのためには企業がなぜ、ガクチカを尋ねるのかを考えてみましょう。

学生時代に何かに打ち込んだ姿勢や取り組み方は、仕事への向き合い方や辛いことを乗り越えられるかにもつながります。

それゆえに企業はあなたの頑張りについて質問するのです。

 

企業がガクチカに求めているもの

 

三つ子の魂百までと言いますが、人の性格や行動パターンは育った環境や考え方などによって形成され、さまざまな場面で同じように出るものです。

学生時代に取り組んだことへの取り組み方や姿勢、考え方は、就職後の仕事への取り組み方や気持ちの持ち方などにも反映されます。

そのため、企業はガクチカから、どのように物事に向き合う人なのか、何をモチベーションにして、どれだけ頑張れる人かを知りたいと考えています。

そして、学生時代の経験を通じて学んだこと、自分がどう変わったかの分析力があるかもチェックしているのです。

 

思考力・分析力のレベル

 

学生時代に頑張ったことは、人それぞれ、何かしらあるはずです。

1つのことに集中できたのはなぜなのか、なぜ困難に直面しても頑張り続けることができたのか、そこから何を得られたのかなども、企業としてはガクチカの話を通じて確認したいと考えています。

もっとも、学生時代に取り組んでいるときは、とにかく楽しいから、好きだから、必要にせまられて没頭する人も少なくありません。

ガクチカを考える際に、改めて経験を振り返り、どうして頑張る原動力が生まれたのか、困難を乗り越えられたのはなぜか、モチベーションを保てたのはなぜか自己分析を行う必要があります。

いかに深く客観的な分析ができるかで、企業は学生の思考力・分析力のレベルの高さを推し量る指標としています。

 

どのような学びをしてきたのか

 

企業はガクチカから、学生生活において、どのような学びをしてきたのかを知ろうとしています。

学んだ内容に限らず、学び方の姿勢などもチェックしたいと考えています。

学生が力を入れたことから興味を持つ分野や傾向を知り、何をモチベーションに頑張れる人物かや人柄なども学び方から推し量ることが可能です。

また、学んだことを、今後の生活や就職後に活かすことができるのかもチェックしています。

学びの姿勢は、入社後に仕事を学ぶ姿勢や習得の速さなどにもつながるためです。

自己分析がしっかりできていないと、せっかく頑張っても何を学んだかも自分が理解できていない場合や就職後に活かすことができません。

思考力と分析力のレベルとも関連してきます。

 

まとめ

 

面接でガクチカを問われた際、最後をどう締めるべきかは、企業がガクチカを通じて何を求めているかを理解することがポイントになります。

頑張った内容や頑張り方はもとより、そのエピソードから、あなたが自分をどう分析したか、その経験から何を学んだかを知りたいと考えています。

そのため、「~でした。これは~であったからだと考えています。」、「~でした。そこから~であることが大事だと感じました。」というように思考力・分析力のレベルやどのような学びをしてきたのかで締めるのがおすすめです。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る