ガクチカ

2020/10/16

あなたは大丈夫?面接でのガクチカの話し方

2020/10/16

はじめに

 

面接では学生のことを知るために、いくつか質問をして自社に合うかどうかを見ています。

中でもガクチカは聞かれる頻度が高く、複数の企業を受ける方はどこに行っても聞かれるかもしれません。

ただ話し方を間違ってしまうと、伝えたいこともほとんど伝わらないまま終わってしまいます。

まずは相手に伝わることを意識して、どんな話し方をするのか考えましょう。

ここではさまざまなガクチカを話すコツやどんな風に話せば良いのか例文も挙げていますのでぜひ参考にしてみてください。

 

面接での話し方

 

伝えたいことを思うままに伝えてしまうと、ほとんどよくわからないまま面接官の印象に残らず終わってしまうかもしれません。

ガクチカを伝えるときには面接官に伝わりやすい順番があり、まず結論から話すようにします。

最初にエピソードから始まってしまうと、自分ではわかっていても面接官には何の話が始まるのかわかりません。

いくつか話し方のコツがあるので、ここからさらに詳しく説明していきます。

 

履歴書と同じことを聞かれた

 

面接まで進めるということは、履歴書を見て気になってもらったという証でもあります。

そのため履歴書に気になったことなどを、また面接でも同じように聞いてくる場合があります。

特に志望動機、自己PR、ガクチカは、履歴書だけでなく面接でも必ず聞かれる定番の質問です。

また履歴書と同じことを聞かれたと思って内容を変えなければと思ってしまうかもしれませんが、焦らずに書いたことと同じく伝えられれば問題ありません。

逆に履歴書とまったく違う話をしてしまうと、「あれ?」と思われてしまうかもしれませんので、変えようと思う必要もありません。

 

履歴書に用意していないことを聞かれた

 

質問内容によっては履歴書に書いていないようなことを、少し角度を変えて質問される場合もあります。

履歴書に書いている内容というのは作成するときにある程度じっくりと考えてから書いているので、質問されても意外にすぐ答えられるかもしれません。

逆にまったく考えていなかった履歴書に用意していないことを聞かれてしまうと、急に焦ってしまうでしょう。

このときのために、事前に自分の考えなどを明確にしておく必要があります。

そのためには自分なりに自己分析をし、あらゆる角度から見つめておきましょう。

基本はPREP法という、相手に伝わりやすい話し方があるので結論から述べてその後具体的なエピソードを話して伝えましょう。

 

注意点

 

履歴書に書くときの言葉と、実際に面接で担当者と話すときの言葉遣いにはルールがあります。

同じことを指す言葉でも、その場面場面で使い分けをしなければならないので覚えていないと恥をかくことになってしまうため気を付けましょう。

特に貴社と御社の違いは覚えておき、使い分けができるようにしておく必要があります。

履歴書などの書類作成やメールの中でも会社のことを貴社と言い、面接などで話す場合には御社を使います。

丁寧に伝えようとするあまり、貴社様や御社様と使ってしまうと二重敬語になり恥ずかしい思いをしてしまうので気を付けましょう。

銀行の場合は御行、学校の場合は御校などと、御社という場合ばかりではないので、どの企業の面接を受けるかでも使い分けが必要です。

 

PREP法

 

面接でガクチカを伝えるときには、PREP法というものを使って伝えるとだいぶ伝わりやすくなります。

まずは結論から述べ、次に理由、具体例、そしてまた結論と話す方法です。

文章は順番を変えるだけで、大変聞き取りやすいものとなります。

さらに面接官にもしっかりと言いたいことが伝わり、印象にも残りやすくなるのです。

PREP法は覚えれば簡単ですので、意識をして文章を作りましょう。

 

PREP法のP:結論

 

面接でガクチカのほかにたとえば志望動機や別の質問がきたとしても、まずは結論から話すようにしましょう。

私は○○の話を今から始めるというものをアピールしてから、その内容について次に具体的に話していくと理解が深まります。

急にエピソードの話から始まっても、何の話をするのかいまいちわかりません。

自分自身は体験者ですので、具体例から話を始めたとしてもどのような話をしているのかは理解できます。

しかし聞き手は違うので、面接では自分よりも相手がよりわかる話し方をしなければなりません。

面接で答える文章を考えたときにも、一番始めにちゃんと結論がきているのかどうかチェックしましょう。

 

PREP法のR:理由

 

面接官は結論を聞くと同時に、その話に至った経緯が知りたいと思い始めます。

ですので、結論を述べた後にどうしてそのような行動を取ったのか、理由も答えられるようにしましょう。

理由を聞くことで、普段その学生がどんなことに関心があるのかなどを見ています。

人が何かを達成したいと思って頑張る場合、その動機は違います。

新しいものを自分で作り上げていきたいと感じていたり、忍耐強く取り組んでその物事を達成させると思っていたり、さまざまな感情があり底から実際にも行動をするのです。

結論もしっかりと聞かれていますが、特に話の内容をじっくりと聞き始めるのは理由の辺りからです。

 

PREP法のE:具体例

 

そして理由に対しどのような行動を行ってきたのか、今度は具体例からもその人がどのように頑張ってきたのかを見ています。

ここでの行動の仕方にも、その人の特徴が表れてきますので、話を聞きながら今話している学生がどんなことを考えているのか、自社に合う人材かをジャッジしています。

この具体例を話すときには、リアルに何の行動をしているのかわかるように話をしましょう。

あまりわからない内容だと、具体的さに欠けて何を話しているのかわからず印象に残らなくなってしまいます。

自分だけでわかる具体例ではなく、面接官がわかるものを話せるように心がけましょう。

面接に臨む前にほかの人にも話を聞いてもらって、伝わりやすいか確認しておくと安心です。

 

PREP法のP:結論

 

ここまでで話の内容はなんとなくどういったものだったのかわかるようになるわけですが、具体例を伝えたらさらにもう一度始まりと同じ結論を話しましょう。

相手は今日はじめて聞く話になりますので、具体例まで話した頃には少し結論部分を忘れているかもしれません。

改めてもう一度結論を話ことで、「あーそういった話だった」と改めて再確認できるので話の内容が頭の中に残りやすくなります。

体力がありアルバイトを休まなかったガクチカを話し具体例まで話をした後は、「ですので体力がありアルバイトを休まず頑張りました」ともう一度結論を伝えるようにすることで、面接官の中に印象として残ります。

 

自己分析

 

面接ではもっと学生のことを知って、優秀なだけでなく自社と相性が良い学生を探したいと思っています。

そのため面接では1つの質問に対して深堀されることもありますし、あまり他の企業の面接では聞かれないようことも深堀される場合があります。

どんな質問が来ても慌てないようにするには、事前に自己分析をしておくことです。

ガクチカや志望動機をどのように話すかを考えるのと同じくらい、自己分析も大切です。

 

過去

 

改めて過去を振り返り、自分はどんなことが好きでどんなものに力を入れてきたのかを振り返りましょう。

そして自分の過去の経験を考えるときには、漠然とではなくPREP法に基づいて深堀りするとわかりやすくなります。

たとえばキャプテンになり全国大会出場まで頑張った、学業では常にトップ10に入れるように努力をしたなど、頑張ったことをひとまず考えてみます。

その後自分の中でも深堀りしていくと、なんで頑張ったのかどのように頑張ったのかが見えてくるでしょう。

ここからどのようなときに自分は力を発揮しやすいのか、頑張ろうと思いやすいのかなど傾向も知ることができます。

自分に合う企業のジャンルなども、過去を自己分析することで見えてくるでしょう。

 

なぜしたのか

 

過去について結論部分のどんなことをしたのかと考えた後は、なぜ自分はどのことを頑張ろうと思ったのか過去を振り返って考えてみましょう。

何かの行動に対しやる気が出てくるときには、必ずそこに動機がつきます。

誰かに言われてイヤイヤと感じてしている行動ではないので、自分なりの意思があるはずです。

なぜ自分はあのとき結論のような行動を取って努力をしようとしたのだろうと、自分なりに考えてみましょう。

部活動で頑張ろうと思ったのはなぜかと考え、勝負するには負けたくないと思ったなどと何かしら理由があるはずです。

過去を振り返りながら、そんなこともあったなと思い出せるでしょう。

 

何の目的でしたのか

 

なぜの部分とも少し似ているのですが、過去の体験を振り返って何の目的でしたのかも自分なりに考えてみましょう。

アルバイトでテレアポの仕事をしていたときの場合の目的であれば、皆に負けないようにアポ獲得率1位になりインセンティブもほしいなどと、何かしらの目的がそこにはあるはずです。

面接の際にはこの何の目的でそのようなことをしようと思ったのかという点は、面接官に聞かれます。

ここで自己分析を行っておけば、深堀りされたときにも伝わりやすく何の目的でしたのか話しやすくなります。

何の目的だったのかは、時間をかけてゆっくりと目的や目標を思い出し、聞かれたら話せるように準備しておきましょう。

 

どのように行ったか

 

実際に過去の頑張ったことなどを振り返ったときに、どのような行動をして頑張ったのかを考えましょう。

ここでは具体的であればあるほど良いので自分はどのような行動を取ったのか深く考えてみてください。

当時の課題が成功につながった要因はなんだったのかなども、一緒に考えて深堀りしていきます。

たとえばテレアポで頑張った具体的な行動として、マニュアルがありそれをまず忠実に読み上げるようにした、自分がペラペラ話すのではなくお客様の話に耳を傾けるようにしたなどと、具体的に行った行動を考えてみましょう。

深堀されて質問を受けたときにも一番面接官が注目して聞いているのは、この行動についてです。

自社に入ってから、どのような行動を取って貢献してくれる人材なのか見ています。

 

結果はどうだったか

 

過去にこれを頑張ろうと具体的に努力した結果、どんな風なことを得たのかも重要です。

過去の結果については、すべて成功したものでなければいけないわけではありません。

努力して頑張ったものの上手にできなかったという体験でも、そこから得られるものがあれば良いのです。

試合に出るために練習に励みレギュラーになったもののケガをして出場できなくても、選手を支える側に立って行動をして学び得られるものがある場合、立派な学びを得た体験になります。

選手として優秀な成績を収められたから評価されるのではなく、自分が思うような結果にならなくてもそこに学びや得たものがあれば面接官は評価します。

 

現在

 

自己分析をする際に就活のためと思うと、過去の出来事から分析してしまいがちですが現在の自分についても見つめることは大変重要です。

現在の自分に関することをじっくりと見つめ、言語化してみましょう。

ここでもPREP法を使って、順番に自分に関することを考えてどんなことなら頑張れるのかなどを考えてみていきましょう。

 

今何をしているか

 

今自分はいったいどんなことに力を入れているので、頑張っているのかを考えてみましょう。

現在頑張っていることも、自分にとって好きなことや力を入れて頑張れることな場合が多いです。

人はあまり興味ないものに熱意を傾けて頑張ろうとは思わないものですので、現在の自分についても自己分析をしていくと良いでしょう。

自分に理解を深めておけば、面接のときに突っ込まれたことを聞かれてしまっても考えがそこにはあるので冷静に答えられるようになります。

たとえばすでに就活をしている方であれば、就活とアルバイトの両立をいかに上手にこなせるのか考えているかもしれませんし、体力を落とさないように筋トレに励んでいるかもしれません。

PREP法の結論の部分を考えて、ここからさらに理由などについて具体的に考えていきましょう。

 

その目的は何か

 

次に現在頑張っていることはなぜ感がっているのか、その目的を考えてみましょう。

特に目的を意識して常に現在活動しているわけではないかもしれませんが、じっくりと考えていくと、今している行動の中には目的が存在します。

改めて考える機会は意外とないものですが、自己分析で自分への理解を深めるために目的を考えてみましょう。

どんなに忙しい毎日でも時間の使い方を上手にして、就活もアルバイトも両立させたかったからなど、何かした思いつくでしょう。

改めて考える、今の行動はこんな目的を自分は持っていたんだと再確認できるかもしれません。

もし面接で今のことについて深堀されたときにも、目的を考えておくと堂々と答えられるようになります。

 

現状はどうか

 

こうしたいという希望や理由を持って現状に取り組んでいると思いますが、今目標に対して実際現実はどうなのか課題は何かを考えてみましょう。

アルバイトと就活は両立させて親に迷惑をかけないようにしたいと考えながらも、現実は時間が上手に使いきれなくてアルバイトの日数も減ってしまい生活費の一部を親に払ってもらっているという場合、まだ課題が残っていると言えるでしょう。

自己分析をしながら現在の自分はどうなのか、課題はどんなところなのか考えるのも大切です。

今の生活に課題があるからこそ、次のステップのどうしたら現在の目標を叶えられるかについても考えられます。

 

今後どうするのか

 

課題が見えてきたら今度はどのように過ごして、今抱えている問題を解決していくのかを考えます。

もう少し1日の時間の使い方を上手にしたいと考えるのであれば、どのように生活をしたら良いのか具体的に考えてみましょう。

朝起きてから1日の流れの計画を立てて、その時間に基づいて行動するように心がけるなど、具体的に目標を達成する方法を考えます。

時間の両立をさせるための今後の計画を立て実行することで、実際にも近い将来には目標を達成できるようになるでしょう。

現在の行動や目標からも、自分が頑張りたいと心が燃えるもの、力を入れているものを見て価値観を知りましょう。

 

未来

 

現在の自分まで知った後は、今度は未来についても考えていましょう。

そして自己分析を行った後は、将来的にどうなっていきたいのかを言語化してみてください。

過去や現在も大切ですが、同じくらい未来はどうなりたいのか考えることは大切です。

働くときにも何も目標がなくただ言われるがままにするよりも、「こうなりたい」という希望を持っている方がやりがいもあり行動力も変わります。

5年後や10年後自分はどうなっているのか、じっくりと見つめてみましょう。

 

将来の目標(ビジョン)

 

まず働いてから自分はどんな風になっていきたいのか、将来のビジョンについて考えていきましょう。

将来についてもPREP法を使って、まずは結論の部分から考えていきます。

5年後には係長や店長になってバリバリと働きたいでも良いですし、海外の支社に行き事業を拡大していきたいでも良いので、一言目標を考えてみましょう。

自分が頑張りたいと思う目標を決めておくと、その過程で多少うまくいかないことがあったり挫折があったりしてもさらに上を目指そうと頑張れます。

逆にどんなに過去にしっぱな経験をしていても、将来が曖昧になっているとどこに向かったら良いのかわからずに上手に行動できなくなってしまうのです。

 

なぜそのビジョンを持ったか

 

今度はなぜ将来こうなりたいと思ったのかの理由を考えてみましょう。

将来についても夢があるということは、そこにはなぞの理由が必ずあるはずです。

上の役職に就けば自分がこうしたいと思ったときに意見も通りやすくなり、お給料も上がるから頑張りたいなど、何かしらビジョンが思いつくのではないでしょうか。

なぜというところからも、自分がどういったことを目標にすると頑張る気持ちが強くなるのかがわかり自己分析ができます。

お金と思うと頑張れるのか、お給料が低くてもとにかく好きな仕事をしたいと思うのか、その方によって価値観は違います。

将来の目標に対してのなぜを考えるのは、次のステップにもつながるのでしっかりと考えましょう。

 

そのために必要なことは何か

 

目標が何か決まり、なぜその目標を持ったのかがわかったら今度はそのために必要なことは何か考えてみましょう。

ボーっと将来のことを考えているだけでは、目標達成できません。

実際にお給料を上げたい、役職に就きたいと思ったらそれなりの努力をしなければなりません。

そのためには仕事は早く覚えて、たとえば営業の仕事をしている方であれば成績を社内の中でトップクラスにしなければならないなどと、必要なことが見えてくるでしょう。

そして現在の自分ができることも考え、今からアルバイトでも営業系のものを選んで売り込む練習をするなどと必要なことを実行していきましょう。

 

今どうするべきか(軸)

 

今度はじっくりと、今自分はどういったことをするべきなのかを考えていきましょう。

そして実現するために必要な要素、つまり軸はあるのかを見ていきましょう。

たとえばトップセールスマンになるためには、今はさらにトーク術を磨き、お客様に断られるようなことがあっても忍耐と継続力で乗り越えるなど、自分にとって大切な軸も考えてみます。

ほかにも出世してお給料をもらえるように、手当に関係する資格を取得するなど今どうするべきかを検討してみましょう。

自分なりに過去、現在、未来と自己分析をしていくと、自分にとって大切なことや軸が見えてきます。

 

例文

 

ここからはガクチカではどのように話せば良いのか、いくつかの例文を紹介していきます。

自分だけでガクチカを考えているときには迷ってしまうことや行き詰ってしまうこともあると思いますので、ここでの例文を見ながらどんな雰囲気で文章を作ったら良いのかぜひ参考にしてみてください。

文章のコツはPREP法を意識して、まず始めに結論を述べその後具体的な話をして相手が理解できるように話すことが大切です。

 

例文①

 

(結論)

私はバスケットボール部での活動に力を入れ頑張りました。

(理由)

なぜなら、憧れの先輩がいて強いだけでなく、皆の気持ちも一つにまとめられる方がいて、この人のようになって私の代のときにも最低でも県大会には出場したいと思ったからです。

(具体例)

まずは基礎の体力がないといけないと思い、校庭を20周し基礎体操やサーキットを毎日のように行いました。

そして体育館での練習のときには、皆にも目を配り自分だけでなくほかの人も動きやすいように先回りをして、ベストポジションに動くように意識しました。

高校3年生での最後の大会では県大会で3位になったのです。

(結論)

私はバスケットボール部での活動に力を入れ頑張ることで、チーム全体で成長していくことも大切さや基礎をおろそかにしないことで強くなれることを学びました。

 

例文②

 

(結論)

私は高校生の頃から今まで約6年近く飲食店で働いているのですが、いかにお店の売上を上げるかに力を入れてきました。

(理由)

なぜなら私がお店で働くことによって売上れば、時給も上がり稼げると感じたからです。

そして店長に気に入ってもらえれば、稼げるように多めにシフトも入れてもらえると思いました。

(具体例)

ただホールで「いらっしゃいませ」と声を掛けるだけでなく、お店の外で入るか悩んでいるお客様がいたら声掛けをしてお店に入ってもらえるようにおすすめの定食の話などもしました。

店内にお客様が少ないときには、お店の外で割引券を配りお店のメニューをアピールしたのです。

何もアクションを起こさなかったときに比べて、お店へ入ってくれるお客様が増え実際に売上も上がり時給がアップしました。

(結論)

私は高校生の頃から今まで約6年近く飲食店で働いてきましたが、いかにお店の売上を上げるかに力を入れ結果が見えることで達成感を味わいました。

売上を上げるために具体的なアイディアを考え、実際に行動に移すことが重要だと学びました。

 

例文③

 

(結論)

私が学校生活で頑張ったことは、運動音痴の克服です。

(理由)

なぜなら中学校のスポーツテストでいつもビリや後ろから何番目という順位がコンプレックスになっていて、克服をしたいと思っていたからです。

(具体例)

克服をするために、毎晩自宅に帰宅してからも、腹筋、背筋、腕立て伏せを各100回、家の周りを約3km走りました。

努力の甲斐もあって、スポーツテストでは学年の中で3位になり、体育の成績も3から5になりました。

(結論)

学校生活で運動音痴の克服を頑張ったことで、努力を継続することで運動音痴も克服できると学びました。

仕事をしてからも、粘り強く物事に取り組み結果を出し貢献したいです。

 

まとめ

 

ガクチカを面接で話すときには、まず結論から話すようにしましょう。

もし履歴書に用意していないことを聞かれてしまったときにも慌てずに、基本PREP法で答えられれば大丈夫です。

深堀されたときのためにも、自分なりに過去、現在、未来について自己分析もしておくようにしましょう。

自分の軸をわかっていて分析をしておくと、何の質問が来ても落ち着いて話せるようになります。

面接で話すガクチカについては、ぜひ例も参考にしてみてくださいね。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る