ガクチカ

2020/11/14

【アイデア勝負?!】ガクチカにタイトル?何を書けばいいの?

2020/11/14

はじめに

自己PRにおいてはタイトルは重要な意味を持っています。

広い視野で考えるとガクチカも自己PRの一環なので、タイトルが必要だと考える人もいるでしょう。

今回はガクチカにタイトルが必要なのかを確認していきますので、これからガクチカを作成するという人は確認してみると良いでしょう。

自己PRとガクチカに求められるそれぞれの意味を理解したうえで、ガクチカにタイトルが必要なのかどうかを考えれば、答えが見えてくるのではないでしょうか。

タイトルの必要性


ガクチカを作成するならタイトルの必要性について学ぶと良いでしょう。

そうすれば、なぜタイトルが必要になってくるかわかるはずです。

人によっては、タイトルなんて気にせずとも、内容が伴っていれば問題ないと考える人もいるでしょう。

しかし、このような考え方をしているともったいないと言えます。


自己PRおいて重要になってくるタイトルは、秀逸であればあるほど、目を惹くことになります。

タイトルが秀逸な自己PRとそうでないものでは、読み始めたときの気持ちが全然違います。

タイトルに惹きつけられた自己PRならば、集中して読もうという気持ちにさせられるのです。

しかし、そうでない自己PRなら、適当な気持ちで読み始めるかもしれません。

このように考えれば、自己PRのタイトルがいかに重要かがわかるのではないでしょうか。

自分が読み手になって、興味深いタイトルとそうでないタイトルのときを想像してみると良いでしょう。

自己PR編


自己PRの場ですが、タイトルも自己PRの一環と言えるでしょう。

こう考えれば、自己PRにおけるタイトルの重要性がわかりますが、タイトルというよりかはキャッチコピーを付けるようなイメージが良いかもしれません。

キャッチコピーが素敵ならば、相手に名前や顔をすぐに覚えてもらうことができます。


自己PRのタイトルにも同様の意味がありますので、担当に顔を覚えてもらうためにも、素敵なキャッチコピーを付けられるようになるでしょう。

また、その内容を体現したような面白いタイトルを付けられるようになると、社会人になってからも役立つ可能性があります。

商品PRにもキャッチコピーというのは重要になってきますので、秀逸なタイトルを付けられるような学生は、企業側にも注目してもらえる可能性はあるでしょう。


重要なのはわかりやすいキャッチコピーで、一目見ただけで、理解できるような単純さを持ちつつも、インパクトのあるものが望ましいです。

ガクチカ編

ガクチカも自己PRの一環ですが、
純粋な自己PRとは異なり、タイトルを考える必要はありません。

企業側でガクチカを通して知りたがっているのは、その人の考え方などなので、タイトルだけではすべてを把握することができません。

そのため、ガクチカにおいては、それほどタイトルが重要ではないのです。

過去の経験からポテンシャルを測っていますので、タイトルでその量や質をアピールするのは限界があるでしょう。

また、相手は人間性についても深く知りたいと思っていますので、
どちらかといえばタイトルのような短い文章よりも、詳細が書かれた文章のほうが求められているのです。

見てるポイント

ガクチカとタイトルについて考える場合には、ガクチカをどのようにして見ているのかについて知ると良いでしょう。

企業側がガクチカに対して求めていることを知れば、ガクチカにどのような内容を書けば良いかがわかるはずです。

まず、
ガクチカは過去の経験からポテンシャルを測ることを目的としていて、努力の内容や質から人間性も見られています。

このようなものを見極めるのにはそれなりに文章量が必要になってきますので、この場合はタイトルについてはそれほど重要ではありません。

タイトルよりも内容を重視されるのがガクチカと言えるでしょう。

基本的にガクチカにタイトルは必要ありませんが、仮に付けたとして、内容に合致していない場合は、逆にマイナスイメージになってしまう可能性すらあるのです。

タイトルは不要

企業側がガクチカに求めていることを知れば、なぜガクチカにタイトルが不要なのかを理解できるのではないでしょうか。

ガクチカにおいては、すでにその人に興味を持って、選考しています。

そのため、相手の目を過度に惹きつけるという必要がなく、無理にタイトルを設定する必要がないのです。

すでに興味を持ってくれているので、ガクチカの内容についてはしっかりと目を通してもらえるでしょう。

むしろ、
あまりにもわかりやすさを追求して、必要な部分を削ぎ落としてしまっているほうが、マイナスになってしまいます。

タイトルに求められることとガクチカでは意味が違ってきますので、その意味をしっかりと理解することによって、上手に使い分けられるようになりましょう。

まとめ

ガクチカにタイトルが必要かどうか理解したのではないでしょうか。

自己PRにおいてはタイトルは意味がありますが、ガクチカにおいてはあまり意味がありません。

すでに興味を持ってガクチカを見てもらうことができるので、必要以上に注意を引きつける意味がないのです。

また、ガクチカと自己PRの違いについてしっかりと理解しておくことは重要で、相手から投げかけられた質問をしっかりと理解できる言語能力のある人間だということをアピールできます。

逆に、ここで意味を理解していなく、必要のないタイトルをガクチカで設定してしまわないように注意しましょう。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る