ガクチカ

2020/12/04

【ガクチカ】ガクチカでの「学んだこと」の例をコツを抑えよう!

2020/12/04

ガクチカを作る際には、学業やアルバイトなど学生時代の経験を通して、何を学んだのかをしっかりと伝えることが大切です。
企業は選考の際に、自社が求める人物像にマッチするかどうか、頭がいい人かどうかをガクチカを問うことでチェックしようとしています。
内容が伝わりやすいようにPREP法を使うなどして、スマートな印象をもたれやすいガクチカを作るように心がけましょう。

はじめに

ガクチカを作る際のポイントは、学生時代に「学んだこと」をしっかりと伝えることです。

とはいえ、学業やアルバイトなどたくさんのエピソードの中から、一体どんなことを学んだこととして選んだらよいのか分からないという就活生も多いことでしょう。

そんな時には、企業が就活生の学んだことを把握する目的を知っておくと、いい内容が浮かびやすくなるかもしれません。

本記事でウケのいいガクチカの例文についても、いくつかご紹介いたしますので、ガクチカ作成の際の参考にしてみてください。

ガクチカの「学んだこと」って何?

ガクチカは、学生時代の数年間に自分が力を入れて取り組んだことを指します。

ゼミや研究、サークル活動、アルバイト、留学など、学生時代にさまざまな経験をしたことでしょう。

それらの経験を通して、自分が一体どんなことに気が付き、あるいは、学んだのかを企業に伝えなくてはならないのです。

ガクチカの学んだことを分かりやすく伝える方法としては、「PREP法」があります。

このPREP法は、Point(要点)、Reason (理由)、Example(事例やデータなどの具体例)、そして、締めとしてもう一度Point(要点)を述べるという文章構成となっています。

その中でも特に重要なのが最後のPointの部分であり、企業側は数年間の学生時代のエピソードの中から、要点を伝えられるかどうかをチェックしているのです。

つまり、自分の思考をまとめて要点を絞り込むことが、ガクチカを作る際の大事なポイントなります。

なぜガクチカには「学んだこと」が必要なのか

そもそも、なぜガクチカで「学んだこと」を伝える必要があるのだろうと思う気になる就活生もいるかもしれません。

その理由については、企業は求めている人物像と照らし合わせをしたいと考えているからです。

また、就活生の頭のよさを見るために、ガクチカで学んだことを問う企業もあります。

次の項目で、ガクチカで学んだことが必要となる理由についてみていきましょう。

企業が求めている人物像と照らし合わせるため

企業側がガクチカで学んだことを問う目的は、入社希望者の学生時代の生活を知りたいからではありません。

入社志望者が自社が求めている人物像かどうかをチェックするためなのです。

企業は、ガクチカを問うことで、学生時代の努力や学びからどんな価値観や考え方をもった人物なのかを把握しようとしたり、自社にマッチングするかどうかを見極めようとしています。

ですから、ガクチカを考える際には、入社志望先の企業が一体どんな人物を採用したいと思っているのかについても、事前にしっかり研究しておく必要があります。

企業が求める人物像にマッチするかどうかを考慮しながら、学生時代に学んだことを伝えるような内容を作ってみるとよいでしょう。

その人の頭のよさを見るため

その人の頭の良し悪しをチェックするために、ガクチカで学んだことが問われるケースもあります。

学生時代のさまざまな経験の中から自分にとって一番の学びになったことを選び出して、さらに簡潔に伝える作業というのは、実は思考力が必要となる難しい作業なのです。

つまり、ガクチカをうまくまとめることができれば、自分の頭のよさを企業側にアピールできるということにもなります。

反対に、ダラダラとしたまとまりのないガクチカになってしまうと、頭が悪い人という印象を耐えてしまう可能性があります。

先にご紹介したPREP法なども活用して、スマートな印象を与えるガクチカに仕上げられるようにガクチカを考えてみてください。

「個人」の学び<「組織」での学び

ガクチカで学んだことを伝えるときには、「個人」の学びよりも、「組織」での学びの方に重点をおいた方がよいでしょう。

組織というのは、学校、所属していたサークルや部活、アルバイト先の会社などのことです。

組織の学びを伝えた方がよい理由は、個人の気づきだけではガクチカとしては弱い印象となってしまい、評価されにくいからです。

在籍していた組織の中で、一体どんなことを学んだのか、そこで何を反映できたのかについて、企業は知りたいと考えています。

就職することになる会社も組織です。

ガクチカで組織での学びを伝えることことができれば、入社後も自発的に学んで活躍できる人材だと、企業側に判断してもらえるかもしれません。

ウケのいい「学んだこと」の例

最後に、ガクチカで学んだことの例文をいくつかご紹介いたします。

企業のウケがよいものとしては、学業、サークル活動、アルバイトの三つが定番です。

留学やボランティア活動などの経験からの学びなども、好印象をもたれやすいです。

学生時代のことを振り返ってみて、ウケがよさそうなエピソードがないかじっくり探してみるとよいでしょう。

例①

私は大学時代に、英語の勉強に力を入れて取り組みました。

英語を学ぼうと思った理由は、将来は海外での事業に携わりたいと思ったからです。

もともと人見知りする性格でしたが、大学の授業は毎日休まずに出席して、ネイティブの先生とも積極的にコミュニケーションを取るように心がけていました。

英語力を高めるために海外留学やスピーチコンテストなどにも参加していくうちに、行動力の大切さも学ぶことができました。

学生時代に培った語学力とチャレンジ精神を活かして、仕事に励んでいきたいと考えています。

例➁

私が学生時代に努力したことは、アルバイトです。

将来は人と接する仕事がしたいと思い、イタリアンレストラン店で3年間ホールスタッフに従事していました。

近くに観光スポットができ海外のお客様が来店されるようになったことから、英語のメニューを作ることを店長に提案したところ、売上が20%アップしたのです。

海外のお客様と接したことで、言葉が分からなくても相手の気持ちを汲み取る姿勢を身につけることができました。

アルバイト先で身につけたコミュニケーション能力を活かして、営業職の仕事に取り組んでいくつもりです。

例③

私は大学時代に熱心に取り組んだことは、ボランティア活動です。

小学校の時に被災して大学生のボランティアに助けてもらったことがきっかけで、いつか自分も恩返しがしたいと思ったからです。

大学にはボランティアサークルがなかったので、自分で一から立ち上げてリーダーとして、被災地や介護施設などを回り活動を続けました。

危険を伴う作業もありましたが、仲間と協力し合うことで、思いやりや協調性の大切さに気が付くことができました。

ボランティア活動で培ったリーダーシップを活かして、積極的に仕事に取り組みたいと考えています。

まとめ

以上、ガクチカで学んだことを伝えることの必要性、例文などをご紹介いたしました。

ガクチカでは、ただ学生時代の経験や学んだことを羅列すればよいというものではありません。

ダラダラ書き連ねるのではなくて、要点を絞って分かりやすくまとめ、企業が求めている人物像とマッチするかどうかもよく考えておく必要があります。

また、ガクチカを作る際には個人の学びよりも、学校やサークルなど組織での学びを重視することもポイントです

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る