ガクチカ

2021/1/15

【例文あり】研究室の活動を魅力的なガクチカにする方法

2021/1/15

この記事の要約は以下の通りです。
・ガクチカは、学生時代に頑張ったことを意味する。
研究室の活動もガクチカのエピソードに向いている。
・ガクチカを書く時は結論からはじめ、その理由というふうに、決まった書き方に沿って書くことがポイント。
・研究活動をガクチカに利用する際は、専門用語を使わないなど分かりやすく伝えられるように気をつける。

はじめに

学生時代に取り組んだサークル活動やボランティア、アルバイトなどは、ガクチカの王道とも言われています。

しかし、研究に追われ、学生時代のほとんどの時間を研究室に費やした学生にとって、ガクチカを書くことは、悩みのタネとなるのではないでしょうか。

しかし、研究室の活動も立派なガクチカです。

ここでは、魅力的な伝え方についてコツをご紹介します。

ガクチカとは?

「ガクチカ」とは、「学生時代に頑張ったこと・力を入れたこと」の略で、エントリーシートには、必ずと言って良いほど記入する欄があります。

面接でもガクチカは、定番の質問になっています。

なぜ企業は、学生時代に頑張ったエピソードを聞こうとするのでしょうか。

質問を通して、企業は学生がどんなことに興味を示して、どんなふうに力を入れたのかを知ることによって、その人の人柄や嗜好などを知ろうとします。

さらに、ガクチカを通して、どう行動して何を学んだかということも、質問の意図に含まれているのです。

そして、学生の答えを参考に、企業が求めている人材かどうかを見極めようとします。

つまり、ガクチカは採否に影響を与える、重要な質問であることが分かります。

ガクチカの書き方

ガクチカには定番の書き方があります。

まずはじめに結論から述べて、その理由と、根拠となる話しを続けます。

その後、再び結論でまとめてもかまいませんが、取り組んだ活動を通して、トラブルを解決したエピソードを付け加えるのが理想的です。

つまり、結論・理由・根拠・直面した問題・問題を解決するために起こした行動・行動による結果・経験を通して学んだこと・結論(まとめ)というふうに、書き進めていくのが伝わりやすいガクチカになります。

書く前に、盛り込むべき情報を整理しておくと、よりスムーズに書けるようになります。

研究室の活動をガクチカにするなら、研究を通して壁にぶつかったことや予想外の結果など、解決するのが困難な問題が発生し、見事に乗り切ったことをエピソードにすると効果的です。

研究室の活動をガクチカにする時のポイント

研究室の活動をガクチカに使う際、いくつかポイントがあります。

それは「専門用語を使わない」「結果よりも過程を大切に」「活動と志望理由をつなげる」の三つです。

各ポイントについて詳しく説明します。

専門用語を使わない

研究室の活動には、専門用語の使用は不可欠です。

研究室では当たり前のように使われている専門用語ですが、一般の人からすると馴染みがなく、理解するのが難しいこともあります。

就職を志望する企業が同じ専門分野であれば問題ありませんが、そうでない場合は、思うように理解されない事も考えられます。

ガクチカを書く時は、誰が読んでも理解できるように、専門用語を使わないのが無難です。

専門用語の代わりに、一般の人が読んでも分かるような表現に書き換えられないかどうか考えてみましょう。

一度ガクチカを書いたら、専門用語を使用していないかどうか見直すことをおすすめします。

結果よりも過程を大切に

研究活動に失敗はつきもので、予想とまったく異なる結果が出ることも珍しくありません。

結果を重視してしまうと、ほとんどの研究活動は「失敗に終わる」ことになるのではないでしょうか。

むしろ、望んだ通りの結果を出したエピソードを探すほうが難しいかもしれません。

そうすると、研究活動はエピソードに向いていないことばかりではないか、と考えるかもしれませんが、結果が出せたことと、ガクチカに向いているエピソードは異なります。

大きな結果が出て、実績となることがあれば、もちろんガクチカに盛り込むことで採用担当者の興味を引くことになるでしょう。

しかし、思うように結果が出なかったエピソードも、魅力的になることもあるのです。

それは、問題解決能力やチームワークなど、異なった視点から見ると分かります。

そして、ガクチカで伝えるエピソードは、結果にこだわらなくても良い、ということに気付くでしょう。

研究をガクチカに使う際は、結果よりも試行錯誤した過程を強調することがポイントです。

試行錯誤を説明することで、結果に関係なく、経験を通して学んだことや得られたこと、気付いたことなどを説明できるからです。

企業の採用担当者は、結果よりも結果に至るまでのプロセスの中で、どのように行動して問題に取り組み、何を得たかという点に注目します。

そのことを念頭に置きながら、どのように試行錯誤したか、エピソードを盛り込むようにしましょう。

活動と志望理由をつなげる

ガクチカの締めの部分には、研究活動の経験を、入社後どのように生かしていきたいか、将来のビジョンを語ることが大切です。

企業の採用担当者は、将来企業に貢献してくれる人物を探していて、将来のビジョンを語ることで、相手は入社後の姿をイメージしやすくなります。

具体的に伝えれば伝えるほど、イメージしやすくなりますので、書く時は具体的な言葉を使うことがポイントです。

将来のビジョンを語る時は、研究活動と志望理由を絡めてアピールします。

「こうした活動をしてきたので、それを貴社で生かし、会社の発展に貢献したい」というふうに、志望理由につなげていきましょう。

研究室のガクチカ例文

ガクチカの書き方や、研究活動をガクチカに書く際のポイントは理解できますが、実際にどうやって書けばいいのか、分からない人も多いのではないでしょうか。

研究室のガクチカについて、例文を二つご紹介します。

どちらの例文も、ご紹介した書く際のポイントを考慮していますので、参考にしてください。

例文①

私が学生時代に頑張ったことは、研究室の活動を1日も休まず続けたことです。

私は子どものころから興味のあることに没頭する性格で、大学時代も研究に興味を持ち、ほとんどの時間を研究室で過ごしました。

私が取り組んだ研究は、これまで人がやらないようなものがテーマで、専攻している分野以外の知識も必要でした。

自分の専門分野で分からないことは、他の学部の教授に聞いたり、関連書籍を見つけ出したりして、理解を深めました。

研究室には自分の研究を続けるのに必要な設備が不足していて、中断を余儀なくされたことがあります。

私は担当教授にかけあい、自分が進めている研究がいかに重要であるか、そしてその研究を続けるために設備が必要であることを訴えました。

担当教授は私の提案を取り入れて、研究室に新たな設備が導入されました。

私は研究を続け、その成果は大学内で表彰されるという結果をもたらしたのです。

私はこの経験を生かし、貴社に入社後もコツコツと努力を続けていきたいと考えています。

例文②

私は大学時代研究活動に没頭し、分析力とコミュニケーション力を培いました。

私の研究は、人々の日常生活に関係するテーマで、現地調査や人々のインタビューなどが必要になります。

現地調査はなんとかなりましたが、協力してくれる人をどうやって集めたら良いかが課題です。

研究を他のテーマに変えようかと考えたこともありましたが、やると決めたからにはとことん追求して成果を出そうと思い、担当教授や知り合いに相談し、解決策を模索することに決めたのです。

ある日、私の研究テーマに関連することに興味を示している企業があることを知り、連絡を取りました。

研究テーマを説明すると、協力を提案していただき、インタビューの対象となる人たちを集めてくれるなど、研究を進めることができるようになったのです。

無事に研究は終わりましたが、何よりも良かったのが、自分から行動して道を開いたという達成感でした。

研究を通して得た体験を貴社でも生かし、どんなことがあっても諦めずに自分の仕事をしていきたいと考えています。

まとめ

研究室の活動をガクチカに書くコツや書く際の注意点について解説しました。

研究活動をガクチカに盛り込むことは、サークル活動で頑張ったことを伝えることと変わりありません。

自分の思いや人柄、問題解決能力が分かるエピソードを選び、魅力的なガクチカに仕上げましょう。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る