その他選考

2019/5/07

就活失敗と内定獲得の分かれ目は?決め手は就活時期のタイミング!

2019/5/07

今回の記事では、旧帝大の就活生にも関わらずなかなか就活が上手くいっていないA君と、同じ大学の同級生で日系メーカーや大手ベンチャー企業など内定を5社獲得しているBさんの二人の間で、一体何が異なっているのかに迫ります。

 

就職活動は進め方で分かれる

 

同じ大学・学部で、同じ業界を志望していても、就活の進め方で結果は大きく異なるため、就活の進め方の違いは把握しておきましょう。

 

<就活に失敗したA君と内定5社獲得したBさん>

A君とBさんは同じ旧帝大の経済学部です。

A君とBさん、両者とも明るい人柄で、コミュニケーションも問題なく取れるタイプ。しかし、就活の結果は大きく異なりました。

A君の場合は日系大手製造業のメーカーを数多く受けたものの、ESの通過率も悪く、面接でもなかなか合格できませんでした。

結果として、大学4年生の6月になっても内定ゼロ。

一方で、

Bさんは日系大手製造業のメーカーを中心に人気のベンチャー企業からも内定を獲得しており、5社から内定を獲得しました。

同じ大学の二人にどんな違いがあったのでしょうか。

まずは、二人の就活のスケジュールを見てみましょう。

 

 

A君の就職活動スケジュール

大学3年生3月:説明会応募

 

さて、今日から就活解禁だな!
とりあえず大手の就活サイトから説明会を申し込もう!

まだ志望業界も決まってないから、幅広い業界を見て行きたいな。

あれ、今週・来週の説明会の日程は、だいぶ埋まっているぞ…。まあ、エントリー締め切りにはまだ余裕があるし、大丈夫かな。

 

 

大学4年生4月:企業エントリー・ES記入

 

説明会を終えて、そろそろ志望業界が絞れてきた。

志望する企業のエントリーシートを書こう!

質問は、志望動機、今までに頑張ってきたこと、自分の長所・短所か。こんなこと、今まであまり深く考えてこなかったよ。

企業の選考に通るためには、どうやって書けばいいんだろう?

 

 

大学4年生5月:面接

 

いよいよ面接の時期だ。

GD(グループディスカッション)や個人面接が続くぞ。

今までESを書くのに必死で、あまり対策ができてないな。

1日に数社面接を受けることもあるから、準備が追いつかないよ。

 

 

大学4年生6月

 

内定解禁されたけど、今まで受けた企業は全滅だった。

2次選考や最終選考で落とされてしまう。

このままじゃダメだから、新しいエントリーも増やさないと。

3月から就活はそれなりに頑張ってたつもりだけど、どうすれば良かったんだ?

 

 

A君の失敗ポイントとは?

・自己分析・企業分析が足りてない状態で就活期に突入

・説明会の参加が遅れて、タイムラインが遅れている

・ES・面接対策が十分でないまま、本番を受けている

就活解禁の3月から動き始めたA君。

しかし、十分な対策ができないまま選考本番を迎えた結果、上手く行かなかったようです。

 

一方、5社から内定を獲得したB君の就職活動はどうだったのでしょうか。

 

 

Bさんの就職活動スケジュール

 

大学3年生7月:サマーインターン参加・自己分析

 

サマーインターンに参加しよう。

新規事業立案や実際の業務に近い経験をさせてもらって、ビジネスのことを知りつつ、自分が働くイメージがついてきた!

 

 

大学3年生9月:業界研究・企業分析

 

そろそろ業界研究や企業分析に入ろう!

今までは名の知れた企業しか目に入っていなかったけれど、意外と知らないところに面白そうな業界や会社があるんだなあ。

 

 

大学3年生12月:冬期インターン参加

 

企業分析もおおかた出来て、志望度の高い企業の冬期インターンに参加してみよう。ここでしっかり自分の力をアピールしておこう!

 

 

大学3年生1~2月:ES・GD対策・ベンチャー企業選考

 

いよいよ就活本番!志望企業に特化した対策をしっかり準備しておこう。志望業界でトップのベンチャー企業にもエントリーして、選考慣れしよう。

 

 

Bさんの成功ポイントは?

・インターンに参加することで、企業の社員や人事と話すことに慣れ、面接で実力を発揮できる

・本格的に就活が始まる時期までに、自己分析・業界研究を終えている

過ごしてきた学生生活に大きな差はないA君とBさん。

しかし、就職活動においては、A君とBさんには大きな差がついていました。

成功と失敗の分かれ目となったのは、 就活開始のタイミングです。

就活解禁と言われる3月に開始したA君は、対策を十分に行うことができないまま、選考に突入し、失敗してしまいました。

一方、就活解禁半年前からインターン参加や自己分析・企業研究を進めてきたBさんは、アドバンテージを活かして、複数内定をゲットできています。

 

 

成功の決め手は、就活開始のタイミング

 

就職活動は、いかに準備に時間をかけるかが重要です。

しっかりと対策を行い、納得のいく企業へ進みたいなら、 就活解禁前年の夏にはすでに動き始めることが理想です。

特にサマーインターン、冬期インターンの参加は働くイメージをつけ、志望企業の選考を有利に進めるために必須といえます。就活のスタートダッシュを決めて、志望企業の内定をゲットしましょう。

 

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る