電気回路

2021/3/08

【電気回路って需要あるの?】電気回路に関して学んだ学生におすすめの業界!

2021/3/08

はじめに

今回は、電気回路に関して学んだ学生におすすめの業界を紹介します。

そのまま電気回路に深く関連した業界に進むという方法もありますが、
中にはまったくの違った業界に入りたい
という人もいるのではないでしょうか。

関連性の深い業界を紹介することやまったくの違った業界に行くのならば、どういった業界がおすすめか、さらにピンとこない場合の対処法などについても紹介していきますので、ぜひ確認してみてください。

電気回路に関する研究が活きる仕事とは

電気回路は、とても専門的な知識になります。

そのため、電気回路の研究をしても、あまり役立つ業界は少ないと考える人もいるのではないでしょうか。

しかし、電気回路の研究は、
いろいろなメーカーで役立つ可能性があります
ので、積極的に学びたいところでしょう。

というのも、電気回路はいろいろなものに使われていて、私たちの生活の中でも、電気回路が使われているものはとても多くなっているのです。

そう考えると、電気回路というものはとても身近なものであることがわかります。

基本的にメーカーならどこでも活かせる

電気回路に関する研究については、基本的にメーカーならどこでも活かすことができるでしょう。

なぜならば、電気回路はどんな商品にも含まれていますので、その際に電気回路の知識があればいろいろと役立ってくれるはずです。

また、電気回路の研究を継続的に行っているということは、それだけものの仕組みに興味があるということです。

メーカーに就職する際に、
ものの仕組みに興味があるというのは非常に重要な部分
で、仕事を意欲的にこなすためには役立ってくれるでしょう。

このものづくりへの興味や探求心という部分については、メーカーだけではなく、さまざまな仕事に活かせるものになりますので、仮に電気回路とはあまり関係のないメーカーに進んだとしても役立ってくれる可能性は高いのではないでしょうか。

特におすすめする業界

電気回路を学んだ学生におすすめの業界の中でも、特におすすめな業界を厳選して紹介します。

通信機器メーカーは、生活の中で身近なものに関するものづくりをすることができるため、やりがいを感じやすいです。

同じような意味合いで自動車部品メーカーもおすすめの業界と言えるでしょう。

また、電機メーカーも電気回路との相性が良いのでおすすめです。

この3つの業界は、
これからも安定した仕事にありつける業界
とも言えますので、電気回路を学んでいる、学ぶつもりならば、早いうちからこれらの業界を視野に入れてみるのも面白いかもしれません。

通信機器メーカー

電気回路の研究が活きる業界の中で、特におすすめするのが通信機器メーカーと言えるでしょう。

スマートフォンなどの身近なものづくりに関わることができるため、とても想像しやすい業界だと言えるでしょう。

たとえば、自分が開発したスマートフォンが一般人を使っているのを確認できれば、とてもやりがいを感じることができるのではないでしょうか。

これが一部の機関しか使っていないような専門的な機器になってくると、なかなか自分が役立っているという部分を実感しにくくなっているのです。

特に入社して間もなくの頃は、こういった働いている感ややりがいを感じることができるという点は非常に重要になってきます。

長く仕事を続けるモチベーションにもなってきますので、そんな意味でも通信機器メーカーはおすすめの業界と言えるでしょう。

また、私たちの身近から通信機器が消えることは考えられないので、これからも安定した業界だと言えます。


将来性についてもおすすめできる業界
です。

自動車部品メーカー

自動車部品メーカーもおすすめの業界です。

こちらも通信機器メーカーと同様に、車に関連する業界になりますので、やりがいを実感しやすいです。

自分たちの部品を利用して、街中を車が走っているのを見れば、ダイレクトにやりがいを感じることができるのではないでしょうか。

また、自動運転など最新の技術のサポートをすることも多いため、
最新の技術を身につけられ、技術という観点からも未来が明るい業界
だと言えるでしょう。

また、自動車産業というのは、日本が誇る一大産業になりますので、そういった意味での追い風があるというのも見逃せません。

電機メーカー

電気回路を学んだならば、電機メーカーもおすすめです。

ICTなどの最新の技術が身につけられるため、安定した収入を得るための技術を身につけるという意味でも、おすすめの業界です。

また、電機メーカーは、これからもどんどん進歩していくので、業界全体で見れば、衰退するということはないでしょう。

また、電気回路を学んでいるということで、電機メーカーはとても親和性の高い業界になりますので、
積極的に学ぶ気持ちになれるというのも大きなポイント
になってくるでしょう。

電気回路から別ジャンルへの就職

大学で電気回路を学んだ学生の選択肢としては、
あえて電気回路から別ジャンルへの就職
というものもあるでしょう。

大学で電気回路を学んでいたものの、自分には合わないと感じている人もいるかと思いますし、すでにやり切った感が出てしまっている場合もこういった選択肢がおすすめです。

このように思っている学生におすすめの業界をいくつかピックアップしていますので、ぜひ確認してみてください。

半導体メーカー

電気回路とは違った業界で、新鮮さを感じながら働きたいというのならば、半導体メーカーはいかがでしょうか。

電気回路には半導体がたくさん使われていますので、
関連した業界で学んだことを活かしながら働くことができます。

大学で学んだことを間接的に活かすことができるので、大学での学びが完全に無駄にならないというのはポイントが高いです。

せっかく、大学で専門的な学びをしたのですから、その学びをまったくの活かさないというのはとてももったいないです。

IT業界

授業で電気回路を作成した後に、実機に反映させたりする際などにはIT技術を活用することがあります。

そのため、まったくの無関係の業界というわけではなく、
理系という特性を活かすことができる
でしょう。

ただし、プログラムをゴリゴリ触っているということはあまり考えられないので、あくまでも一つの選択肢として考えておくのがおすすめです。

決して、声を大にしておすすめと言えるわけではないので、しっかりとどのような業界かを把握したうえで、選ぶ必要があるのではないでしょうか。

文系就職も視野に入れる

大学で理系を学んでいた学生が、いきなり文系の業界に飛び込む場合もあります。

そして、これも意外におすすめだと言えるでしょう。

理系は文系に憧れ、文系は理系に憧れるという特徴があります。

そのため、1度くらいは大学とはまったくの関係のない業界に触れてみるのも良いでしょう。

また、理系だからといって文系就職でまったくの技術が役立たないというわけではありません。

どんな会社であっても、論理的な思考や数字は重要視される社会なので、
理系で学んだことを意外な場所で活かせる可能性は十分にある
と言えるでしょう。

また、理系で学ぶことに疲れてしまった学生は、文系就職をすることによって、とても癒されるかもしれません。

職種を文系職に

業界を文系にするのではなく、職種をやや文系寄りにする方法もあります。

いきなり文系の業界に飛び込んでしまうと、新鮮さはあるかもしれませんが、違和感を感じてしまうこともあります。

そのため、
職種のみ文系寄りにして
、同じような研究をしていた人が多い業界で働いてみるのも良いでしょう。

同じような研究をしてきた仲間たちと働くことによって、わかり合える部分も多いので、スムーズに職場に溶け込める可能性があります。

技術営業

理系の人は営業に憧れを抱くこともあります。

しかし、営業は理系とはまったくの違った世界になっていますので、思っていたのと違う状況にすぐに辞めてしまう人もいるのです。

そこで、ただ、製品を売るだけではなく、技術などを売る職種を選んでみてはいかがでしょうか。

技術営業は、その道に関する豊富な知識が求められますので、
電気回路を学んだものが活きる可能性が高い
です。

こうなってくると、文系と理系の要素をバランス良く含んだ職場ということになってきますので、働きやすい可能性があります。

将来に目を向けた領域

電気回路を学んでいた学生が、あまり自分が学んでいたこととは関係のない業界に行こうと思っている場合、職場探しをしてもあまりピンとこないこともあるかもしれません。

まったくの見ず知らずの業界なので、想像できないというのは当然のことでしょう。

この場合に重要になってくるのが、
将来性を広げられるような選択肢
です。

今ではなく未来を見据えることによって、最終的には良い選択肢を選んだと思えるようになるかもしれません。

企業×業界×職種

企業や業界の将来性を考える場合には、考え方があって、まずはその企業に将来性があるのかを見極めてください。

業界に将来性があっても、企業に将来性がなければ、途中で苦境に立たされるかもしれません。

次に、業界の将来性を考えましょう。

業界の将来性というのは、より大きな目線での将来性になってきますので、この部分に将来性がなければ、かなり厳しいことになるかもしれません。

わざわざ、これからすたれていくような業界に入っていくのは、無謀とも言えますので、十分に注意しましょう。

さらに、より狭い目線での職種の将来性について確認すると良いでしょう。

いくら業界や会社に将来性があってもその職種が将来必要とされないものであれば、なかなか生き残っていくのは難しくなってしまうのです。

このように
いくつかの目線からの将来性を考えることによって
、本当にその会社で、その業界で良いのかというものが理解できるようになります。

むしろ、単純に憧れで業界を選ぶよりも、このような作戦を練って、就職したほうが有利に立ち回れる可能性は高いです。

まとめ

電気回路を学んでいた学生が、どのような業界を目指せば良いのかわかったのではないでしょうか。

電気回路というのは意外にも汎用性のある物事になりますので、学んだことが役立つことも珍しくはありません。

それは決して電気回路に関連した業界だけではありませんので、
せっかく学んだ専門技術を無駄にしないためにも
、十分に考えて取り組むようにしましょう。

 

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る