理系カテゴリ

2021/10/02

卒論完成までの流れや時期感を解説!卒論ってどのくらいの時間がかかるの?

2021/10/02

はじめに

卒論は、ただ書いて終わりではありません。

完成には製本化やプレゼンも必要となり、ギリギリの提出では余裕もなくなってしまいます。

まずは卒論を書き始める時期や、研究を始める時期について考え、余裕のあるスケジュールを組み立てましょう。

普段から考察するくせをつけておけば、執筆の段階で慌てることもありません。

そのため執筆に入るまでの準備が、完成の肝となります。

今回は卒論にかかる時間や時期ごとのスケジュールなどを、詳しく解説していきましょう。

ぜひともポイントを押さえて、余裕をもって卒論を仕上げてみてください。

【卒論完成までの時期感を紹介】卒論完成までにはやるべきことが2つある!

卒論を完成させるためには、卒業研究の製本化と審査員を前にしたプレゼンの2種類を、3月までに終える必要があります。

なぜ3月までに卒論を完成しなければならないのでしょうか。

それは、提出日が1月下旬から3月中旬までと決められている学校が多いからです。

また卒論の提出では製本化した卒論と、プレゼンテーションの両方に合格しないと卒業認定がされません。

そのため卒論の提出には上記の2つを、3月までにこなす必要があると覚えておきましょう。

卒業研究を製本化する

卒業研究は製本化が必要となります。

卒論は文字として書くだけではなく、20ページほどの本として提出する必要があるからです。

なぜ製本化が必要かといえば、ファイル化したときの文字のずれなどを防ぐためです。

卒論をWordなどで書く学生も多いものでしょう。

しかしファイル形式を間違えれば、文字のずれやページに収まりきらないなどの問題が生じます。

特にoffice系のソフトを使った場合は、問題が生じる可能性は高くなります。

使用しているパソコンの環境に左右されるため、文章の区切りなどがおかしくなる可能性も高いといえるでしょう。

そこで印刷をしておけば、どんな環境でも論文を読めるようになるため、卒論は製本化するように学校で決められています。

また卒論は長い文章です。

製本化するときには、レイアウトに注意が必要です。

せっかく製本化しても読みづらくなってしまえば、そもそもの意味がなくなってしまうでしょう。

審査員の前でプレゼンする

卒論を完成させるためにはスライドを作成し、審査員の前でプレゼンをする必要があります。

なぜなら製本化とプレゼンが終わってからでないと、卒業認定がされないからです。

卒論を書き始める時期は、研究所や学校によっても違います。

もし提出時期があやふやな場合は、所属する研究所の先輩に聞いてみるのがおすすめです。

自分の研究内容の進み具合によっても時期は変わりますが、論文を先生にチェックしてもらう時間も考慮しましょう。

なかには卒論の提出だけで、卒業認定される学校もあります。

しかし多くの場合、審査員を前にしたプレゼンも含まれています。

スライド作成などの作業時間も同時に考えたうえで、卒論の完成時期は3月までに終えておきましょう。

もちろん、プレゼンの内容によっては卒業認定されないので、内容も大切です。

【卒論完成までの時期感を紹介】卒論完成までの流れ

卒論完成までの理想的な流れは、4月から研究を開始し、テーマを決めましょう。

そして研究計画を立て、事前研究を経て、10月の中間発表を終えるのが前半期です。

中間発表以降の理想的な流れは10月に実験計画を立て、実験と分析を繰り返しながら11月に卒論の執筆を開始することです。

そのあとも分析や考察を経て、2月までにはプレゼン用の資料も作成しておきましょう。

2月の段階で卒論が完成していれば、スムーズに卒業できます。

ただこちらはあくまで理想像です。

以下に卒論完成までの流れを月ごとにご紹介しますので、参考にしてみてください。

4~8月

大学4年生の4月から8月ごろは、研究のやり方を覚える時期です。

6月ごろになると院試に向けた勉強を始める人もおり、あまりのんびりとはしていられません。

特に4月は研究室に配属される直後の時期でもあるので、早く環境に慣れる必要があるでしょう。

配属後すぐに研究のやり方を覚えておけば、そのあともスムーズに進行できます。

この時期の研究の進捗に関しては、5月のゴールデンウィークあたりを目安に、大体の研究の流れを把握しておけば大丈夫です。

ただ研究所によって、研究のやり方はかなり違うため、戸惑うことの多い時期でしょう。

4月から8月の間は激動の時期でもあるので、それぞれの期間でやるべきことを覚えておいてください。

9月

6月ごろから勉強を始める人も多い院試ですが、試験は7~8月に実施されます。

そのため9月は、試験勉強を頑張った人にはうれしい夏休みが始まる時期です。

なかにはお盆の時期に勉強の計画を立てる学生も多いので、9月はゆっくりと休みを取りましょう。

また卒論では、9月が参考文献収集時期となる学校も多くあります。

テーマの設定はもちろんですが、本格的に執筆を始める前に最後のテーマ修正を行いましょう。

参考文献の収集をするには有名な著者名の文献を探す、専門誌の特集を参考にする、問題として使われる課題と用語の収集などが必要です。

すでに7月から8月の間に序章などの執筆を始めている学生もいます。

卒論の課題がはっきりと見えてくるように、テーマを再度確認してみてください。

10~1月

大学4年生にとって10月から1月の間は、卒業研究に集中する時期です。

院試試験も終わり、卒論に向けた研究が本格的に始まる時期でもあります。

研究の内容次第で、卒論の出来が左右されるので注意しましょう。

卒論に本格的に取り組める時期は、実質3~4ヶ月程度しかありません。

その後のスケジュールに遅れが出ないように、研究の速度も上げてみてください。

この期間でどれだけ頑張れたかが、卒論のできに直結します。

予想どおりの結果が出るとは限りませんが、努力すべき時期ですので頑張りましょう。

書きやすい謝辞などの執筆は時間に余裕のある、年末年始には終えておくのがおすすめです。

卒論では執筆をするときに、構成の順番に書く必要はありません。

早く書き終えたいなら、まずは先に埋められる場所は埋めておきましょう。

2~3月

多くの学校で、卒論を提出する時期は2月から3月ごろです。

卒業研究をまとめたうえで、執筆やスライド作成に取り組む時期でしょう。

理系の卒論は提出期限が3月ごろなこともあり、製本化やプレゼンの準備も進んでいきます。

思うような結果が出ていない学生も多いかもしれませんが、2月から3月ごろはまとめ作業の時期です。

進捗状況を気にするよりも、まとめ作業に徹してください。

研究結果が中途半端に終わるよりも、まとめた成果を発表したほうが審査員からの印象もよくなります。

また卒論を提出後の発表も、同時期に行われるケースがほとんどです。

ただ、なかには正式に提出する前に、卒論の第一稿の提出を求められるケースがある点には注意してください。

卒論が提出されないと卒業認定もされないため、この時期にやるべきことは多くあります。

プレゼンは2月下旬ごろに行われる!

公立理系大学の多くは、2月下旬ごろにプレゼンの発表会が行われます。

プレゼン作成には、PowerPointがよく使われるものです。

以下で発表時間が15分である場合を想定した構成について確認しておきましょう。

・表紙(1ページ)
・研究の背景や動機(1~3ページ)
・研究の目的(1ページ)
・実験の調査・結果の本論(5ページ)
・考察(1~2ページ)
・結論や、残された課題(1~2ページ)
・締めの参考資料など(1ページ)

このようになるのが一般的です。

ただプレゼン資料に図や表を入れる場合はページ数も増えるので、あくまで目安としてください。

また卒論をプレゼンで発表するときには、原稿は必要ありません。

スライドを見ながら、自分の言葉で発表しましょう。

自分の1年の成果を発表する機会なので、緊張するのは仕方ないかもしれませんが、どもるなどの失敗がないようにします。

そのためしゃべる練習など、プレゼンの準備も必要です。

【卒論完成までの時期感を紹介】卒論提出まではどのくらい時間がかかるの?

卒論完成には個人差もありますが、2ヶ月ほどはかかるでしょう。

ただ日ごろから考察に慣れておけば、早く執筆を終えられます。

ほとんどの研究所では、夏休みごろにテーマが決まります。

だからといってテーマが決定するまで遊んでしまうと、いざテーマが決まっても執筆の準備に入れません。

なかには提出ギリギリまで実験をする人もいますが、そうなると2ヶ月での完成は難しいでしょう。

少しでも勉強するくせをつけ、卒論完成までの時間を有意義に使ってください。

卒論完成には2ヶ月ほどかかる!

卒論完成は、一般的に2ヶ月ほど時間がかかるといわれます。

そのためスケジュール管理を行い、卒論の執筆時間も計画に入れておくのがおすすめです。

卒論を書き始める時期の目安も、逆算すると2ヶ月ほど前からになります。

卒論の締め切りが近づくと、周りでもそわそわする人は増えますが、焦らずにしっかりと卒論を仕上げましょう。

なかには締め切りの1~1.5ヶ月前がおすすめという方もいます。

ただなんらかのアクシデントがあることを想定すれば、余裕をもって執筆を始めたほうがよいのは間違いありません。

特に理系の場合は実験が難航して、スケジュールがずれ込む可能性は高いでしょう。

実験の失敗もアクシデントの1つなので、余裕をもってスケジュールを組めば、卒論が未完成などの失敗も防げます。

日ごろの考察で効率的に書ける!

卒論を書くのには時間もかかりますが、普段から準備をおこたらなければそう難しいものではありません。

日ごろから結果をまとめるようにすれば、効率よく書けるようになります。

卒論は書式などのルールが大学によっても違います。

ただ日ごろから研究時に論文を読む、先輩の論文を読むなどして、考察するくせをつけておけば卒論を効率的に進められるでしょう。

卒論を書くうえで大切なのは、内容を自分で考えることに尽きます。

得られた実験結果からどのような考察ができるか、またどのような結論に至るのかなど常に考えておきましょう。

また必要なデータを整理しておけば、提出の1ヶ月前から始めて1週間もかからず書けるようになります。

普段から大学を学びの場と考え、準備をおこたらないようにしましょう。

【卒論完成までの時期感を紹介】まとめ

卒論を完成させるためにすべきこと、どれくらいの時間が必要か、また時期によって考えるスケジュール例などご紹介しました。

卒論は卒業するために必要ですが、卒業認定をもらうには、ただ書くだけでは不十分です。

卒論を完成させるには、本文の内容を充実させる必要があります。

同時に製本化する点や、プレゼンが必要になる点にも注意が必要です。

ギリギリに卒論を書き上げるのでは、プレゼンなどもおろそかになってしまうでしょう。

ぜひとも卒論の完成までのスケジュールも考え、より効率的に卒論を書いてみてください。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る