自己分析

2020/10/16

【最強のガクチカ】魅力的なガクチカを作ろう!ガクチカの構成、作り方をチェック!

2020/10/16

はじめに

 

今回は魅力的なガクチカの作り方を紹介します。

ガクチカの構成方法や作り方を紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

上手にガクチカを作成することができれば、企業にポジティブな自分の情報をたくさん伝えることができるのです。

 

ガクチカって何?

 

ガクチカは、就活をしていると、よく聞くようになってきました。

ひと昔前までは、あまり使われない言葉だったのですが、今では重要な言葉になっています。

ガクチカという言葉がわからない状態で就活に臨むのだけは避けたいところなので、ガクチカの意味をしっかりと確認しておきましょう。

 

「学生時代に力を入れたところ」

 

ガクチカというのは学生時代に力を入れたことになっています。

学生時代にどんなことを頑張ってきたのか、どんなことを達成したのかもガクチカと言えるでしょう。

ガクチカの定番はある程度決まっていて、サークルや部活動をガクチカとして紹介する人もいますし、ボランティアや地域の活動などをガクチカにする人もいるでしょう。

また、人によっては趣味をガクチカにするような人もいて、就活先が納得できるような説明をできるならば、ガクチカは何であっても問題ありません。

ガクチカを通じて企業は、その学生のいろいろなところを見ていますので、ガクチカで重要になってくるのは、できるだけ多くの情報をガクチカに込めるというものです。

 

なぜ聞かれるのか

 

ガクチカの意味がわかったところで、なぜこのような質問をされるのかと思った人もいるかもしれません。

また、学生時代に頑張ったことを知って、企業に何の得があるのか気になる人もいるはずです。

そして、このガクチカには、学生のレベルを知るためという意味もありますし、企業の社風と学生がマッチしているかを計っているという意味もあるのです。

実は、このガクチカは企業が就活生に求めることの情報がたくさん詰まっているものなので、侮っていると、なかなか採用されないといった状況に陥ってしまう可能性があります。

 

学生のレベルを知るため

 

ガクチカは学生のレベルを知るために利用されます。

まず重要になってくるのは、企業の意図を理解しているかというものです。

この会社はガクチカを通じて、どのようなことを知りたいのか、これを理解しているかどうか試されているのです。

そして、これすら理解できていない学生は、その時点で落とされてしまう可能性は高いでしょう。

さらに、ガクチカというのは自分が学生時代に挙げた成果の話でもあります。

成果を得るためにどんな努力をしたのか、その結果どのレベルに達することができたかなどがガクチカに含まれています。

そして、企業はそれを知ることによって、その学生のレベルを総合的に知ることができるのです。

また、その学生のレベルを把握して、将来的にどの程度まで成長することができるかを予測しているとも言えるでしょう。

こう考えれば、ガクチカはかなり重要なポイントであることがわかるのではないでしょうか。

 

企業の社風とマッチしているか確認するため

 

ガクチカには、学生のレベルを知るためのほかにも、企業の社風とマッチしているかを知る意味もあります。

どんなに優秀な学生であっても、社風とマッチしなければ、いずれ辞めてしまう可能性があるからです。

そうなってしまうと、そこまで使ったお金や労力はすべて無駄になってしまうのです。

そう考えると、社風にマッチした学生が就職してくれるというのは、非常に重要なことだと言えるのではないでしょうか。

また、企業は社風にマッチするかを見ているということは、就活生がその社風を理解して、それに合わせた人材であることをアピールすることも重要だと言えます。

このように企業が何を考えてガクチカを設定しているかを考えることによっても、就活を有利に進めるためのヒントを知ることにつながるのです。

 

ガクチカの作り方

 

ここではガクチカの作り方のポイントを紹介します。

失敗経験や挫折経験など、自分が体験したことを盛り込むのが重要です。

そして、それらを掘り下げていくことも重要です。

そして、忘れてはいけないのがガクチカで自分を伝えるということです。

これらがガクチカの柱になってきますので、このポイントを踏まえつつ、自分なりのオリジナルエピソードでガクチカを作ってみると良いでしょう。

 

失敗経験や挫折経験、成功体験を書き出そう

 

ガクチカを作る場合、いきなり作成に入るよりも、失敗経験や挫折経験、そして成功体験を書き出してからの方がやりやすいです。

これは企業が求めていることに直結する事柄でもあって、成功や失敗から何を学ぶ学生なのかということを導き出せる可能性があります。

また、挫折経験も企業にとっては重要なポイントで、挫折をある程度経験したことのある学生のほうが、ストレスに対する耐久力が高いので、長続きするという考え方の企業もあるのです。

そこで挫折経験やその挫折から立ち直ったきっかけをエピソードに盛り込むことができれば、企業から高評価を得られる可能性があります。

まずは、頭を柔軟にする意味も込めて、こういったエピソードを書き出すことから始めてみてはいかがでしょうか。

 

「なぜそれをしたのか」を分析する

 

失敗経験や挫折経験、成功体験を書き出して、それを適当にガクチカのエピソードに盛り込むだけでは、深みのない話になってしまいます。

ここで重要になってくるのが、それぞれの事柄を掘り下げるという行為で、なぜそれをしたのかを考えます。

失敗経験なら、なぜ失敗をしてしまったのか、自分には何が足りなかったのか、今の自分ならどうなのかなど多角的に考えてみましょう。

成功体験ならば、なぜ成功することができたのか、成功することによって何を得られたのか、その経験の先にはさらなる成功があったのかなどを再び多角的に考えてみます。

挫折経験の場合は、なぜ挫折をしてしまったのか、挫折を経験することによって、自分のどんな部分が傷ついてしまったのか、挫折から立ち直るために何をしたのかなども重要になってきます。

こういったエピソードの掘り下げを行うことによって、より、自分自身に向き合うことができるようになります。

 

自分の人となりがわかるようなエピソードにする

 

大切なことを忘れてはいけないのが、ガクチカというのはその学生を知るために設定されているものです。

そのため、ガクチカを通じて自分の人となりが相手に伝わる必要があります。

ガクチカは自分を語るためのものではなく、相手に自分を伝えるべきものという根本を忘れないようにすることも非常に重要になってくるのです。

自分の人となりがわかるエピソードにするためには、ガクチカの中に自分の考えを入れる必要があります。

これは他人のガクチカを参考にしていては、絶対に表現されないものになりますので、この部分は注意してください。

素敵なガクチカはインターネットを検索すればたくさん出てきます。

しかし、それではオリジナリティに欠けてしまいますので、自分だけのガクチカを完成させるようにしましょう。

 

ガクチカの構成

 

ガクチカの構成によっても相手に伝わるかどうなのかが変わってきます。

PREP法、STAR法を利用した方法は、簡潔かつ確実に相手に物事を伝える方法として知られていますので、これらを応用してガクチカを作成してみるのも良いでしょう。

 

PREP法、STAR法で書く

 

ガクチカの構成としてはPREP法、STAR法がおすすめです。

PREP法というのは、まず最初に結論を言うPoint。

ポイントの理由を述べるReason。

そして、具体例を出すExample。

最後にもう一度ポイントを強調するPoint。

このように構成の頭文字を取ったものがPREP法になっています。

こうすることによって、ガクチカで伝えたいことが相手に伝わりやすくなるのです。

STAR法は、Situationで最初に概要や状況を述べるようにします。

Target&Taskで、自分が解決しようと思った課題や取り組もうと思ったことを述べます。

Actionで具体的な解決や行動を述べ、Resultでその結果どのような結果を生み出したかを述べるのです。

このような構成にすることによって、ガクチカが相手に伝わりやすくなります。

 

魅力的にするコツ!

 

ガクチカの基礎は押さえたかと思いますので、ここではそのガクチカをさらに魅力的にする方法について考えてみたいと思います。

基本を押さえただけでは、素っ気ないガクチカになってしまいがちなので、魅力的にするコツを押さえることによって、より映えるガクチカを作成していきましょう。

気づき、仮説、実行を意識することも重要になってきますし、結論ファーストで書くことも重要になってきます。

さらに、具体的な数字を入れることによって、より信ぴょう性が出てきます。

 

気づき→仮説→実行を意識しよう

 

PREP法、STAR法をもう少しわかりやすく説明すると、気づき、仮設、実行のサイクルでガクチカは成り立っていると言えるでしょう。

この部分が満たされていれば、企業の人事が求めているような人材であることが伝わりやすいのです。

そして、気づき、仮説、実行のサイクルというのは、仕事においても非常に重要なサイクルであることがわかります。

こうしたサイクルを自然と理解している学生は、企業にとって戦力になってくれる可能性が高いので重宝されるのです。

 

結論ファーストで書こう!

 

最初に結論を書いてしまう、結論ファーストの展開は、メリットがたくさんあります。

結論ファーストで話、最後にもう一度念押しすることによって、相手に結論が印象づけられるのです。

また、結論を最初に言ってしまえば、結論を理解できない、言いたいことを理解できないといったこともないでしょう。

そのため、これはある種の保険とも言えるのです。

限られた時間で緊張してしまう人もいますので、できるだけ簡潔に伝えるというのは、相手のためにも自分のためにもなることなのです。

 

具体的な数字をできるだけ入れよう!

 

ガクチカの信ぴょう性を高めるためには、具体的な数字を入れるのもおすすめです。

具体的な数字が伴えば、あなたの言ってる内容に真実味が出てきますので、相手にも納得してもらえる可能性があります。

イベントサークルが成功に終わったのならば、売上や集客数などを伝えるのも良いでしょう。

また、前回と比べてといった比較できる内容も入れることによって、より信ぴょう性が高まるでしょう。

 

まとめ

 

魅力的なガクチカの作り方がイメージできてきたのではないでしょうか。

ガクチカは今や就活では重要なポイントになってきますので、いろいろな企業に良いガクチカでアピールするために何パターンか作成しておくのも良いかもしれません。

企業が求めていることは、それぞれの企業によって違いますので、それを踏まえたうえでガクチカを作成することが重要になってきます。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る