ウェブテスト

2019/6/01

Webテストの種類で何が違うんですか?

2019/6/01

Webテストの種類ごと に問題の難易度と1問にかけられる時間が異なります。

 

選考の初期で課されるWebテスト。

Webテストにはいくつか種類がありますが、一体何が違うのでしょうか。

 

Webテストで出題されるのは、言語(国語)、非言語(算数)、性格検査が基本です。

(オプションとして構造把握、英語がつく場合もあります。)

 

しかし、テストごとに求められる力が異なります。

 

主に以下の2パターンに分かれます。

・問題は簡単だが1問にかける時間が短いテスト

 基礎的な学力、情報処理速度が求められる。

 (SPI3、玉手箱など)

 

・問題の難易度が高く、1問あたりの時間は長いテスト

 問題解決力、発想力が求められる。

 難関とされる外資コンサル、商社などで主に導入されている。

  (TG-WEB、GMATなど)

 

あなたが志望する企業はどちらのタイプのテストかを見極め、

適切な対策を行いましょう。

 

【関連記事】

【完全版】Webテストの基本を徹底解説

【保存版】Webテストの種類の解説と効果的な対策方法

【必見】Webテスト種類別導入企業まとめ

【Webテスト】性格検査で知っておくべきこと

 

 

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る