お役立ち

2019/9/12

就活にお金はいくらかかるの?就活での出費をまとめました!

2019/9/12

これから就活が始まる皆さん。就活にかかる費用を把握できていますか?
この記事では就活にかかるお金について解説します。
「お金が足りない!」ということがないよう、今のうちから備えておきましょう。

 

「お金がない。」で後悔しない就活に

 

これから就活を始める人にとって、お金の準備は欠かせないもの。

「就活ってどのぐらいお金がかかるの?」と不安に思っている方は多いのではないでしょうか。

 

就活中は交通費や衣類など、さまざまなことにお金がかかります。

また、就活は忙しくアルバイトなどもできなくなるため、金銭的に苦しい状況になることが考えられます。

 

「両親には迷惑をかけたくない。」
「余裕をもって就活に臨みたい。」

就活中に「金欠で辛い…」とならないためにも、就活で用意するものに必要なお金の目安をついて知っておくことが大切です。

金銭面に悩むことなく就活に専念できるよう、今のうちから準備しておきましょう。

 

 

就活費用まとめ

 

就活にかかる金額の大きさは人によって違いますが、一つひとつが積み重なることで高額になってしまいます。

 

スーツなどの衣類や小物

リクルートスーツやバッグ、靴などは就活において必須のアイテムです。
面接や説明会が続いたり、雨で洗濯が乾きづらかったりする場合を考慮し、Yシャツやブラウスは3~4枚は購入しておくことをおすすめします。
また、夏場の就活で気になる「匂い」や「汚れ」のために、スーツ本体も数着用意しておくと安心です。
就活に必要なリクルートスーツやバッグを一式揃えると、 男女ともに最低でもおよそ3万円程度の出費が考えられます。

 

交通費や宿泊費

就活先への交通費はネックになる出費です。
特に就活で地方から都心に足を運ぶ場合は、より出費がかさんでしまいます。
例えば、東京・大阪間の新幹線(指定席)の料金は、往復でおよそ1万5千円。
選考会が夜までの場合は、宿泊費も考慮しなければならず、1回の選考会に交通費と宿泊費だけで2万円以上かかることもあります。

 

飲食代

一回の出費は安いものの、何度も払っているうちに高額な出費となってしまうのが飲食代です。
就活中は説明会や面接などで早めに会場近くに到着した際、時間潰しとしてカフェを利用する機会があるでしょう。
他にも、就活生同士の情報交換のために外食する機会が増えることも考えられます。

 

証明写真や身だしなみに関わる出費

就活の応募書類には証明写真の添付が必要です。
証明写真機であればおよそ700円程度で撮影することが可能です。
しかし 写真機では写りが悪かったり、服装の乱れが出てしまう場合があるため、写真スタジオで撮ってもらうことをおすすめします。
スタジオで証明写真を撮影すると、スタジオや写真の枚数によって異なりますが、およそ5千円から1万円程度が必要となります。

 

また、 髪を染めている人は就活でも問題ない暗さの髪色にする必要があります。
ブリーチなどで髪色を明るくしている場合、たとえ暗いトーンの髪色に変えてもすぐに色落ちしてしまうため、金銭面を考えて黒染めすることをおすすめします。

 

「自分で黒染めをしたら色ムラができて失敗した」という経験がある人は少なくありません。
色ムラなどが心配な方は美容室で染髪してもらいましょう。
しかし美容室で染髪する場合はおよそ5千円程度かかるため、こちらも出費が気になるところです。

 

このように、就活は費用がかさみます。
上記のほかにも提出書類の郵送代など、お金が必要となってくるでしょう。

 

 

ここにお金をかけよう! 就活で必要なもの

 

就活にはお金がかかるため、少しでも節約をしておきたいところ。
しかし「お金をかけるべき」ものには積極的にお金をかける必要があります。

 

証明写真

見た目は第一印象を大きく左右します。
そのため髪型やメイク、服装などに不備があったり、写真写りが悪いとマイナスにとられる可能性があります。
少しでも良い印象の写真に仕上がるように、証明写真は機械ではなくスタジオで撮ってもらいましょう。

 

服装

スーツやYシャツ、ブラウス等の服装にはお金がかかってしまいます。
しかし、前述の通りお金がかかるからといってYシャツやブラウスの枚数を少なく見積もると、雨や汚れなどのトラブルに対応できないリスクがあります。
汚れや臭いで悪い印象を与えないよう、Yシャツやブラウスは数枚持っておくと安心です。

また、靴下やストッキングも数枚用意しておきましょう。
女性の場合、ストッキングが伝線してしまう恐れがあるため、鞄の中にストッキングの予備を入れておくことをおすすめします。

 

身だしなみ

見た目同様、身だしなみは第一印象を左右するポイントの一つ。
身だしなみが整っていないとマイナスイメージを持たれる恐れがあります。
面接時などの服装・身だしなみの指定がない企業もありますが、就活は黒髪にスーツが一般的です。
染髪している方は黒染めをし、寝ぐせ等が気になる方はスタイリング剤を用意しておきましょう。

 

 

お金の支出を抑えるための節約術

 

お金をかけようと思えばキリがない就活ですが、工夫次第では出費をせずに済むものもあります。

 

リクルートスーツはセット買いがお得!

リクルートスーツを販売しているショップの中には、就活生向けのセット販売を行っているお店があります。単体で購入するよりも割安な場合がほとんどなので、リクルートスーツを購入する際はセット販売を利用することをおすすめします。

 

交通費は早割サービスでお得にゲット

新幹線や航空券には「早割」というサービスがあり、出発日よりも1ヵ月ほど前にチケットを予約することで通常より割安で購入することが可能です。
チケットを購入する際は選考会やイベント日程を事前に把握しておきましょう。

 

就活支援サービスで賢く節約

就活支援サービスとは、就活生と企業との間に入り、就活をサポートしてくれるサービスのことを指します。
サービス内容は企業ごとに異なりますが、交通費を一部支給してもらえたりオンラインによる個別面談を検討してもらえたりする、心強いサービスです。
就活による出費を少しでも抑えたい学生は、ぜひ就活支援サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

就活費用は事前に準備しておこう

 

就活には出費がつきものです。
特に交通費やスーツ代は必須の出費になるため、金欠には十分な注意が必要です。
就活にかかる予算をあらかじめ予想して、就活前に用意しておきましょう。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る