お役立ち

2019/8/05

就活生がTwitterでの発信に注意すべき理由とは?必見のSNS対策

2019/8/05

就職活動を始めたら、SNSでの発信には注意が必要です。

ツイッターやフェイスブックなど、SNSを利用している学生は多くいます。情報収集や新たな繋がりなどメリットも多いSNSですが、何気ない発言が就活に影響することもあります。

この記事では就活生がSNSでの発言に注意するべき理由とその対策について解説していきます。

 

就活生がSNSの投稿で注意が必要なのはなぜ?

 

就職活動を行う学生の多くは、ツイッターやフェイスブックなどのSNSを利用しています。

SNSは様々な情報収集ができたり、知り合いとコミュニケーションを取れたりと非常に便利なツール。
しかし、就職活動中の学生がSNSを利用する際には注意が必要です。

実は企業の採用担当者は、面接などを行った就活生のSNSをチェックしていることが多いのです。
何気なくSNSへ投稿している内容も、採用担当者に確認されていると思うと、気が引ける内容もあるのではないでしょうか。

例えば、他者への誹謗中傷や差別的な発言などは言うまでもなく就活に不利になる投稿です。
また、企業の説明会や面接などの情報漏えい、企業の批判の有無も確認されています。

企業の人事が就活生のSNSをチェックする理由は、 履歴書や面接では把握することが困難な人柄や行動などをチェックするためです。
採用担当者は、採用した人物に問題があることが採用後に発覚するのを避けたいと考えています。

SNSの投稿には日々の行動や友人関係、物事の考え方などが現れます。
多くの学生がSNSを利用している時代に、採用担当者がその人の素性を知るためにSNSをチェックするのは当然なのかもしれません。

匿名のSNSもありますが、フェイスブックのように実名で登録しているSNSは本人の特定がしやすいです。就職活動を始めてからの投稿はもちろん、就活前の投稿もチェックされる可能性もあるので注意しましょう。

 

 

ツイッターを利用するメリットと注意点

 

ツイッターは、多くの学生が利用するSNSの一つ。
ツイッターには日々の生活や何気ないつぶやきを投稿するため、 その人の本質が現れやすいのが特徴です。

そのため採用担当者は、その人の人柄や普段の行動を知るためにツイッターをチェックすることがあります。

企業の採用担当者がツイッターをチェックしていると聞くと、利用しない方がいいように思えるかもしれません。
しかし、ツイッターにも利用することで得られるメリットがあります。
それでは、うまくメリットだけを得るためのツイッターの利用方法と注意点をご紹介します。

 

ツイッター使用のメリット

ツイッターを利用するメリットは 「就活の情報源」になること。
ツイッターの公式アカウントを有する企業の場合、説明会の開催などの情報をツイッターを通して就活生に発信することがあります。
関心のある企業のツイッターアカウントをフォローしておくことで、いち早く情報収集を行えるでしょう。

また、ツイッターでは 就活生同士のコミュニケーションを取ることができます。
志望する企業の面接や説明会などの情報を就活仲間と共有し、協力して就活を行うことが可能です。
このように、ツイッターは利用する方法によっては大きなメリットを得ることもできます。

 

ツイッターの注意点

しかし、一方でデメリットがあるのも事実です。
思わぬ発言で採用担当者に個人特定されることもあるため、投稿を制限するなど注意しましょう。
また、匿名アカウントにするなど特定されない工夫をしていても、他のSNSとの連動で特定されてしまうこともあるので注意が必要です。

 

 

意外な方法で個人を特定されることも

 

SNSを利用している就活生の中には「匿名アカウントだから大丈夫」と考えている人も多くいますが、匿名であっても注意が必要です。
企業の採用担当者は、 匿名アカウントであっても個人を特定するための工夫をしているためです。

 

面接での配布物

まず一つ目は、面接でのお土産です。
企業の採用担当者との面接が終わり、お土産などの配布物が渡されることがあります。この配布物を、ツイッターなどのSNSで発信することで、匿名アカウントであっても面接を行った人物であると個人特定されてしまうのです。

そのため、 配布物をもらった場合はSNSへ投稿しないことが無難です。または、投稿する場合であっても特定されない工夫が必要になるでしょう。

 

面接中の質問

採用担当者との面接の際に、「あなたを食べ物に例えるなら?」などの特殊な質問をされることがあります。そのような質問を受けると、 面接終了後に「面接で不可解な質問をされた」と質問内容と一緒にSNSに投稿してしまいたくなるものです。
しかし、その投稿が採用担当者の検索に引っかかり、アカウントが特定されることがあるので注意しましょう。

また、面接中の特殊な質問だけではなく、グループディスカッションのテーマなどを工夫している場合もあります。 グループディスカッションの内容についても、SNSに投稿するのは控えた方が無難でしょう。

 

このように、面接での配布物や質問によって、企業の採用担当者はSNSを特定することもあります。そのため、最終面接の後には採用担当者がSNSをチェックする場合が多いので、特に注意する必要があるでしょう。

 

 

個人を特定されても問題のないSNSの使い方

 

SNSに問題のあるコメントを投稿したことによって面接後に不採用になった事例もあるため、SNSアカウントの個人特定されないように注意する必要があります。
しかし、特定されないように工夫するのみではなく、 特定されても問題のないSNSの使い方をすることが最も重要です。

 

企業の採用担当者がSNSの個人特定をするのは、その人の人柄や行動を知りたいと考えていることが理由にあります。
つまり利用方法によっては、 採用に有利になるようなSNSでの発信があるということです。

 

ここからは、多くの学生が利用しているツイッターとフェイスブックの2つを例に、個人を特定されても問題ないSNSの使い方について解説します。

 

ツイッターの使い方

ツイッターは常に最新の情報が流れてくるため、就活の情報収集のために利用しましょう。ツイッターでは企業のWebサイトなどに公開されていない情報も得ることができます。そのため、ツイッターでは就活用のアカウントを作成し、 情報収集やメモに使用することが望ましいです。

また、企業が社内イベントや日々の仕事について投稿した際に、コメントをすることで、興味を持っていることを企業に伝えることも可能です。このように、ツイッターの利用は情報収集をメインとして、不用意な発信をしないよう心がけましょう。

 

フェイスブックの使い方

フェイスブックは実名登録のSNSのため、個人特定を避けることは難しいでしょう。さらに社会人も多く利用していることが特徴のフェイスブックでは、 誰が読んでも問題のない趣味の話題などの発信のみに留めておくのが無難です。

一方で、個人特定されても好印象を与えられるように、フェイスブックを活用することも可能です。うまく活用することができれば、個人特定されることで、逆に就活に有利に働くことがあります。大学時代の活動や趣味の内容などで、計画性や積極性などをアピールできる投稿するように心がけてみましょう。

 

 

まとめ

 

SNSでの投稿に問題があれば、就職に不利になります。
一方で、投稿の内容を考えてSNSをうまく活用することができれば、就職に有利に働くこともあります。
そのため、今回の記事で解説した通り、企業の採用担当者にSNSをチェックされていることを理解しておくことが重要です。

ツイッターやフェイスブックなどのSNSを有効活用し、就活を成功させましょう。

 

就活では今回のSNSの利用方法以外にも、ESや面接などの場面でも思いもしない注意点が多くあります。
先輩に相談したり就活に関するサイトで情報収集をしたりして、万全の態勢で就活に挑みましょう。

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

カテゴリー -目的に合わせて記事を探す-

CATEGORY -カテゴリーから探す-

digmediaLINE@

line

ページのトップへ戻る