大学教授の年収はどれくらい?教授になるまでの推移や年収の増やし方を紹

大学教授の年収はどれくらい?教授になるまでの推移や年収の増やし方を紹

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

はじめに

pixta_39421135_M

大学教授は、そのアカデミックなイメージから憧れる人も多い職業です。

しかし、人によっては身近な職業とはいえず、その実態はあまり知られていません。

年収がいくらくらいなのか、大学によって年収は変わってくるのかなど詳しくご存知の方はあまりいないでしょう。

今回は、大学教授を目指そうとしている方に向けて、大学教授になるまでの年収の推移とその増やし方を紹介します。

また、年功序列の世界でどうやって年収を増やせばよいのかについてもまとめました。

大学教授の年収はどれくらい?

大学教授を目指すのであれば、当然気になるのは年収です。

その年収で、自分や家族がある程度の生活水準で生活をすることは可能なのでしょうか。

大学教授の平均月収は60万円程度です。

そこに年間ボーナス250万程度が加わり、年収にすると1,000万円程度が相場となっています。

大学教授は、研究室にこもって研究だけしていればよいわけではありません。

大学は研究機関であると同時に教育機関でもあります。

学生を指導しなければなりません。

また、将来的には大学の経営に参画することも考えられます。

そう考えると、年収1000万円は妥当な金額といってよいでしょう。

一般企業と比較すると、一部を除いて大学は経営が安定しているため、安心できる就職先といえます。

大学教授の年収は大学で変わるの?

大学と一口に言っても、国公立大学と私立大学があります。

そして、大学教授といっても経験に大きな差が出るでしょう。

教授になりたての新米教授と、ベテランだと年収は大きく変わってくるのでしょうか。

大学の規模も、いくつかの学部や学科が集まった総合大学から1つの学部しかない単科大学までいろいろあります。

以上のように、大学教授といっても全員が同じ立場というわけではありません。

ここからは、立場によって年収がどう変わってくるのかを説明します。

国公立と私立の違いは?

国公立大学と私立大学では、大学教授の平均年収に数百万円の差があります。

国立大学の教授の平均年収は800万円から1,200万円です。

一方、首都圏の私立大学では1,000万円から1,300万円です。

こういった差が出る理由は、大学の主な収入源は学生から徴収した授業料であることに起因します。

私立大学のなかでも、学生の数が多く、授業料が高額になりがちな大学であれば、大学教授の給料も高くなる傾向にあるのです。

また、国公立大学はあくまでも国や地方自治体の教育機関となります。

その結果、教授の待遇も公務員とあまり変わりません。

しかし、国公立大学の教授も公務員と同じような扱いであるため、私立大学より安定しているというメリットがあります。

経験による違いは?

大学教授といっても、一般企業と同じように教授になりたての若手とベテランでは、収入が異なります。

初年度であれば月収58万円、10年ほど経験を積めば月収は65万円ほどとなり、年間ボーナス額も増えていくはずです。

しかし、大学教授になるには20年ほどかかると一般的にいわれています。

どんなに出世が早い人でも、教授になるのは30代になってからになるでしょう。

40代もしくは50代になってから、ようやく教授になる人もいます。

また、勤めている大学にポストの空きが出るかどうかも重要なポイントです。

そして、昇給は能力というよりは年功序列で、執筆した論文の数に影響されます。

そのため、いつ教授になれるかで大学教授の生涯年収は大きく変わってくるでしょう。

規模による違いは?

大学教授は勤務する大学の学生数によって、年収は左右されます。

年収が一番高いのは学生数が1000人を超える大学で、平均年収は約813万円、平均年間ボーナス額は約309万円になります。

学生数が100人から999人の大学だと、平均年収、平均年間ボーナス額が少し下がり、それぞれ約738円と約239万円です。

一番年収が低いのは学生数が100人に満たない大学です。

平均年収は約620万円、平均年間ボーナス額は約125万円と、大規模な大学と比べると大幅に下がります。

このように、大学教授の平均年収は勤務している大学の規模に比例するのです。

学生数が多い大規模な大学は財政基盤が安定しているため、おのずと給料も高くなるのでしょう。

大学教授の仕事内容は?

ここまでで大学教授の年収について、大まかに把握してもらえたのではないでしょうか。

次に、大学教授はどんな仕事をやってその収入を得ているのか、仕事内容について紹介します。

大学教授の主な仕事内容は学生への講義や指導、専門分野における研究、大学運営に参加の3つです。

「研究をしているだけなのでは」と思われがちですが、決してそんなことはありません。

大学に雇われている以上授業をしたり、大学での人間関係を保ったりすることも仕事の一部です。

学生への講義や指導

大学教授の仕事として代表的なものは、授業における学生への講義や、ゼミや研究室での学生への指導です。

一般的な大学教授は1コマ90〜100分の授業や講義を平均週7〜8コマ担当しており、その準備に追われています。

また授業をするだけでなく、中間・期末試験などのテスト問題の作成や、学生に課題として提出してもらったレポートの評価も仕事です。

このため、日中は講義のためにいろいろな教室に行き来することもあって、十分な研究時間が取れない日もあるでしょう。

また、自分のゼミや研究室に所属している学生に対しては、研究の進め方やアドバイス、卒業論文の書き方を指導する必要もあります。

学生が研究で優秀な成績を収め、きちんと卒業できるように計らうことは、思い通りに研究を進めるためにも重要だからです。

専門分野における研究

大学教授は授業を行うだけでなく、自身の専門分野における研究も行わなくてはいけません。

大学は研究機関の側面もあり、大学教授が在籍するためには研究で実績を残す必要があるからです。

このため、自身の専門分野の論文を読んで調査・分析を行ったり、検証のために実験や観察を行ったりします。

研究結果は論文にまとめ、所属する学会の研究発表会や、学術雑誌などで発表することもあるでしょう。

基本的に日中は大学の講義や大学運営の活動が入ることも多いため、研究はその前後に片手間で行わなくてはいけません。

大学教授の業務は普通の人が想像するよりも多く、仕事とプライベートを分けにくいと言えるでしょう。

このため、研究分野が好きで、趣味レベルで取り組めるような人でないと難しいのかもしれません。

大学運営に参加

授業や研究活動以外に大学運営の業務を任されることもあり、これも仕事の1つです。

大学の運営業務は意外と多く、大学内における学術系イベント・大学紀要の編集と発行・年間予算・広報に関わる業務などがあります。

大学教授はあくまでも大学に雇われている立場のため、大学を運営する活動へ参加しないわけにはいきません。

オープンキャンパスやオープンラボなどの学術系イベントは、自身の研究を専門外の人に知ってもらうチャンスでもあります。

また、大学入試における入試問題作成や、試験官などとして試験の運営、採点や配点基準設定なども大学教授の大事な仕事です。

優秀な学生に自分の研究室やゼミに入ってもらうためには、質の高い入試問題や試験運営が欠かせないでしょう。

大学教授になるまでの年収の推移は?

大学教授の年収は同年代の平均と比較すれば高額です。

ここだけ見れば恵まれた職業といってもよいでしょう。

しかし、高校までの教師と異なり、就職したらすぐ大学教授になれるわけではありません。

特別研究員、講師、准教授と昇級を続けて、ようやく晴れて教授になれるのです。

教授に昇級するまでに、自身の研究のほかに、研究室の学生を指導し、学部生向けの講義も担当しなければなりません。

給料を上げるためには、多忙な日々に耐える必要があります。

特別研究員

大学教授になりたいのであれば、博士課程の後期で特別研究員として採用されることを目指しましょう。

特別研究員は、将来有望な若手研究者に研究に専念するチャンスを与え、優秀な研究者の育成を目的とした制度です。

採用されれば、研究奨励金が支給されます。

月収としては20万円ほどで、「贅沢をしなければなんとか食べていける」といった生活になるでしょう。

しかし、特別研究員としての採用が、大学教授への最初の一歩なのです。

講師

特別研究員であるうちは、まだ授業は受け持てない場合がほとんどです。

しかし、講師に昇格すれば月収50万程度に上がり、学生向けの講義も担当するようになります。

そのため、スキルとしては大学教授と同等のものを求められるでしょう。

自身の研究以外に学生向けの講義を担当するため、より多忙な日々になると予想されます。

月収や年間ボーナス額自体は同年代の平均額より高額になりますが、研究の世界ではまだ駆け出しといえるでしょう。

准教授

准教授まで昇級すれば、平均月収は55万円ほどとなり、教授と同程度の立ち位置となります。

自分の研究室を持て、研究室の学生の指導にも携わることが可能です。

しかし、准教授の平均年齢は47歳くらいです。

そのため、准教授になるためにはかなりの狭き門を突破しなければなりません。

若いときにポストの空きがなければ、なかなか准教授になれないこともあります。

自分の実力だけでは、どうしようもできない実情もあるのです。

教授

教授まで上りつめた時点で、やっと月収は約60万円となります。

しかし、教授になった時点ですでに50代になっている場合も多いでしょう。

その場合、あっという間に定年退官を迎えることになります。

そのあとは教授や非常勤講師として再就職するという方法はありますが、収入は減るはずです。

また、教授であった人の再就職も、年々難易度は増しています。

そう考えると、大学教授はほかの職業と比べても、必ずしも恵まれているとは言い切れません。

どうやったら大学教授の年収を増やせる?

大学教授への昇級は年功序列の傾向にあり、能力主義というよりは空きポストと執筆した論文の数で決まることが大多数です。

そのため、一旦教授になったあとも、給料を大幅に上げるのはかなりきびしいといえます。

では、どういった形で年収を増やせばよいのでしょうか。

まずは、勤務先を国公立大学ではなく、給料のよい私立大学にすることがあげられます。

そして、コメンテーターとしての副業もかなりの収入を期待できるため、おすすめします。

首都圏の私立大学は年収が上がりやすい

大学教授としての年収を上げたいのであれば、首都圏の私立大学を勤務先に選ぶことをおすすめします。

前述したように、公務員と同じ給与水準である国公立大学と比べると、規模の大きい私立大学のほうが年収は高いはずです。

そのため、勤務先は規模が大きい首都圏の私立大学を選ぶとよいでしょう。

大規模な私立大学は、学生が支払った授業料という財源が豊富にあります。

国公立大学ほどの安定性は望めませんが、大規模な私立大学であれば近いうちに経営破たんするおそれはないといってもよいでしょう。

特に首都圏の有名大学であれば、定員割れになって財源の確保がきびしくなる可能性はかなり低いといえます。

そういう大学へ就職すれば年収アップを望めるでしょう。

テレビやコメンテーターとしても活躍する

テレビのコメンテーターとして大学教授が出演し、ニュースなどについて、専門的な解説をしている場面を見たことがある方は多いでしょう。

視聴者の疑問にわかりやすく答えれば、コメンテーターとしての人気が出るかもしれません。

番組のレギュラー出演者になっている大学教授も見受けられます。

このように、大学教授としての専門知識を武器にしてコメンテーターとしてテレビ出演すれば、年収を増やせるでしょう。

さらに、自身の冠番組などが作られれば、コメンテーターとしてかなりの報酬をもらえるはずです。

ただし、そこまで収入を増やせるのは一部の大学教授で、コメンテーターとして出演しても、大した収入にならないこともあります。

あくまでも単なる副収入として考えましょう。

著書を出版する

研究である程度の実績を残せたら、著書としてまとめて出版するのも、年収アップには重要なことです。

著書を書くのは出版による収入を得るだけでなく、研究の実績を評価してもらい、キャリアアップをねらう目的もあります。

自身の研究成果をまとめたものになるため、自分の授業などでも使うことができ、販売数を伸ばせるからです。

また普段の論文や研究発表は、その分野の専門家が読むことは多いですが、書籍となれば一般の人の目に留まる可能性もあります。

そうすれば自分自身をより多くの人に知ってもらえ、知名度アップも期待できるでしょう。

知名度が上がれば助教授や講師から教授に昇格できたり、より給与や研究費のもらえる大学から声を掛けてもらえたりすることも考えられます。

大学教授に向いている人の特徴とは?

ここまでの説明で、大学教授の仕事内容や給与の推移について、大まかに理解してもらえたのではないでしょうか。

そこで、大学教授になるにはどのような人が向いているのか、特徴を3つ紹介します。

大学教授に向いている人の特徴は、専門分野に対する強い関心と忍耐力がある・指導力がある・コミュニケーション能力があるの3つです。

いくら給料をもらえたとしても、楽しいと感じられない仕事をするのは、つらいと感じてしまうでしょう。

大学教授に興味がある人は次の説明を読んで、自分に合っているか考えてみてください。

専門分野に対する強い関心と忍耐力がある

まず大学教授に求められるのは、専門分野を探究したいという強い関心と、成果が出るまで研究を継続できる忍耐力でしょう。

大学教授の本業である研究は、分野にもよりますが、すぐに成果が出るものではないケースが多いからです。

理系ならば試行錯誤しながら実験を繰り返さなくてはいけませんし、文系ならば過去の資料を読みこなさなくてはいけません。

ときには、他の研究者と成果を競い合って、研究資金を獲得しなくてはいけないこともあるでしょう。

このような状況で研究を続けるには、まだ見ぬ真理を探究したいという学問への情熱が求められます。

また研究成果が出ないときでも、自分の取り組みは必ず実を結ぶと信じて、粘り強く研究を続ける忍耐力も必要でしょう。

指導力がある

大学教授には研究へ対する情熱以外に、学生に対する指導力も求められるでしょう。

大学では自身の研究を進めながらも、学生に向けて講義やゼミなどで指導を行う必要があるからです。

大学は研究機関でありながらも、学生に高等教育を施す教育機関としての役割もあるのです。

近年では日本においても、大学の授業の質をシビアに判定するシステムが取り入れられつつあります。

このため大学教授は研究者でありながらも、自分の知識をわかりやすく教えられる指導力が必要でしょう。

また、大学教授は研究をすべて自分で行うわけでなく、ゼミや研究室の学生に一部を任せることもあります。

このため指導力が高いことは学生からの評価を得られやすいだけでなく、思い通りに研究を進めるためにも重要でしょう。

コミュニケーション能力がある

大学教授は研究や教育に必要な能力以外に、人間関係を円滑にするコミュニケーション能力も求められます。

教授とはいえ、大学という組織に所属している立場上、人間関係は良いほうが仕事をしやすくなるからです。

ときには大学の会議に出席する必要もあり、ほかの教授や学生、教職員などとのコミュニケーションが求められます。

加えて、外部への研究会や研究発表会に出席するときにも、自分の研究成果をしっかりアピールする必要があるでしょう。

なぜなら、専門・専門外問わず、研究者同士のつながりから研究のヒントや、共同研究のチャンスが舞い込むこともあるからです。

このように大学教授だからこそ、研究を思い通りに進める環境を整備するためにコミュニケーション能力は欠かせません。

まとめ

大学教授の平均年収は、ほかの職業と比較すれば高額です。

ただし、就職してすぐに大学教授になれるわけではなく、50代になってからようやく教授に昇進することもあります。

また、大学教授の世界はいまだに年功序の傾向が残っていて、大幅な給料アップは見込めません。

しかし、大規模な私立大学の教授になったり、テレビのコメンテーターとして活躍したりすれば、年収を上げることも可能です。

大学教授を目指す方は、ぜひ本記事を参考にしてください

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます