最終面接でいつも落ちてしまいます。原因は何でしょうか?

最終面接でいつも落ちてしまいます。原因は何でしょうか?

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

「その会社でなければならない、決定打に欠けているから」でしょう。

書類選考、複数回の面接を経て、ようやく迎える最終面接。

いつも最終面接までは進めるのだけれど、内定には至らない....。

そんな悩みを抱える就活生は多いです。

最終面接まで進めているということは、企業からは一定の能力が見込まれています。

しかし、内定に至らないのは、決め手がないから。

「優秀だが、我が社への事業への関心が感じられなかった」 「弊社への志望度が高くないため、内定辞退の可能性と判断した」 「社風とのミスマッチがあり、合わないと感じた」 最終面接まで残る一定の能力を認められた学生。

その中から「ぜひうちに」と選ばれるのは、その企業で働くことへの熱意が高く、業界適性や社風とのマッチ度が高い学生です。

最終面接で落ちてしまう人はこれまでの原因を分析した上で、 次の面接からは「その会社でないといけない」理由をアピールすることを意識しましょう。

【関連記事】 一次・二次面接と最終面接の違いとは?面接ごとの意図と評価観点を徹底解説

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます