【業界研究】精密機器メーカーを分析して、選考対策をしよう!

【業界研究】精密機器メーカーを分析して、選考対策をしよう!

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

高い技術力を武器に世界を相手に活躍する、精密機器業界。

「精密機器業界」といえば、主に医療機器・光学機器・計測機器を扱う業界です。

B2B企業(企業との取引)が中心です。

精密機器は、世界的にみても日本が先進している分野です。

精密機器業界の業界構造や、主要なキーワード、今後の将来性などを分析していきます。

精密機器業界の仕組みを把握しよう

「精密機器業界」とは一体どのような業界なのでしょうか。

ビジネスモデルや業界構造を解説していきます。

精密機器業界は、あらゆる業界と関連する業界となっています。

自動車や家電、医療機器、航空機、ロボットなど高い技術力が必要とされる業界であれば、精密機器は必ず求められます。

<一般的な精密機器業界の構造>

基本的に精密機器メーカーはありとあらゆる業界向けに製品を作っているため、クライアントの業界は非常に幅広いことが特徴です。

一方で、近年ではクライアント業界ごとに独自の製品を開発していく例が多くなっています。

そのため、精密機器メーカーも社内の体制を顧客の業界ごとにセグメント化している例が増えています。

例えば、「モーター」に特化している大手の「日本電産」の場合、自動車向けのモーターは独自に開発しており、他の家電などのモーターとは区別して研究開発を行なっています。

<精密機器のビジネスモデルの変革>

精密機器メーカーが設計、開発を行い、完成品メーカーへ収めているパターンが一般的となっています。

従来はその精密機器の設計も精密機器メーカーが単独で行っており、研究開発なども自社で行っていました。

そして、生産された部品などは、様々な会社が共通して使っていました。

このような共通の製品を「汎用品」と言います。

汎用品の最大のメリットはコストにあります。

多くの完成品メーカーが同じ汎用品を使うことで量産効果が得られますので、性能の良いものが安くで完成品メーカーは手に入るようになります。

しかし、ものづくりの業界の競争が激化していく中で完成品メーカーは差別化が求められるようになります。

そのため、汎用品では競合企業との差別化がうまくいかないため、少々コストが高くなっても高機能であったり、デザイン性に優れた専用品を作成していくニーズが高まっていきます。

それがまさに、今の精密機器のトレンドとなっています。

実際に現在では、精密機器メーカーと完成品メーカーが共同で研究を行うなどが増えてきています。

しかしこのような場合、完成品メーカー1社でかなりのボリュームの精密機器や部品を購入しないといけなくなるため、このような手法を取れるのは一部の企業のみのとなっています。

そして、その一部の企業が専用設計を行うことで、商品がますます魅力的になり差別化に成功していくのです。

精密機器メーカーの代表的な企業のポイント!

精密機器業界は部品の原価が低いことから、比較的参入障壁が低いとされており、数多くの企業がひしめいています。

しかし、高い技術力が求められる精密機器や安定した生産量が必要な精密機器もあり、ニーズに合う形で製品を供給できる精密機器メーカーは非常に限られています。

以下で、代表的な精密機器メーカーの概要を紹介します。

キーエンス

国内最大手、高年収企業ランキングの最上位企業であるキーエンス。

製品の7割が世界初の技術もしくは世界一の精度を誇る、精密機器メーカーです。

特徴としては、研究開発力と営業力が高いことが有名。

キーエンスとしては対外的には研究開発に力を入れていると説明していますが、外部の証券アナリストなどの専門家からは営業力が評価されています。

村田製作所

京都に本社を置く、精密機器メーカー。

部品メーカーのトップ企業です。

電子部品の中でも最も大きな分野の一つである「コンデンサ」において世界トップシェアの企業となっています。

基本的には個人向けのビジネスは行なっていないものの、知名度向上のため、CMを行うことが増えてきています。

また、海外売上の比率が9割を超えるなど、海外展開に力を入れています。

ニコン

1917年の設立された精密機器メーカー。

デジタルカメラなど個人向けの製品開発も行う会社となっています。

高性能なスマートフォンの台頭によって、デジタルカメラの市場規模は縮小していますが、顕微鏡・医療機械・半導体・計測機器部門は順調に売上を確保しています。

精密機器業界のトレンドのキーワードをチェック

それでは、最後に精密機器業界注目のキーワードを解説します。

自動化〜工場の自動化、自動車の自動運転

工場における自動化(FA=ファクトリーオートメーション)や自動車の自動運転が精密機器メーカーの業界でもホットなトレンドとなっています。

自動運転の技術は、精密機器メーカーが研究・開発するセンサーや部品によって左右されます。

自動運転の分野で差別化できるかどうかが、今後の部品メーカーの生き残りにおいて重要とされています。

〜具体例〜

・自動運転に不可欠とされる、高周波インダクタ(無線通信技術)は国内外問わず、多くの自動車メーカーから採用されている。

(村田製作所 高周波インダクタの事例)

・FAや自動運転などで用いられるカメラ画像認識のセンサー(CMOS センサ)ではソニーのCMOSセンサが世界シェア1位となっている。

(ソニーセミコンダクタソリューションズの事例)

ロボット・IoT

ロボットやIoT技術への応用は、精密機器メーカーの重要なポイントとなります。

ロボットに用いられるセンサー類や制御する部品の多くは精密機器メーカーが研究開発した製品です。

ロボットやIoTの技術革新のベースが精密機器分野の重要なトレンドとなっています。

〜具体例〜

工場の自動化において必要不可欠な産業用ロボットは日本の精密機器メーカーが世界シェアに上位にランクインしています。

今後も世界的には人口が増加に伴って製品の需要は高まっていき、さらなる効率化を求めて工場の自動化が進められています。

(世界シェア1位安川電機、世界シェア3位ファナック)

この他にも新しい技術分野は、その多くが精密機器メーカーによって実現されるものが増えてきています。

まとめ

今回の記事では、精密機器業界の解説を行いました。

各社それぞれのポイントがありますので、それぞれの個別企業の分析もしていますので、どちらの記事もチェックして、業界研究を行なっていきましょう。

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます