【例文あり】エントリーシートの自由記入欄の正しい書き方とは?

【例文あり】エントリーシートの自由記入欄の正しい書き方とは?

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録
伊東美奈
Digmedia編集長
伊東美奈

HRteamに新卒入社。 キャリアアドバイザーの経験を経てマーケティング事業へ異動。 アドバイザー時代にサービス立ち上げや人材開発、人事の業務に携わり、現在では「Digmedia」のメディア運営責任者を担っている。

エントリーシートの中にある、自由記入欄について何を書いていいか分からない就活生へ、エントリーシートにある自由記入欄の正しい書き方・気をつけるポイントをお伝えします。

自由記入欄は評価される?

エントリーシートにある「自由記入欄」って何を書いていいのかわからないですよね。

自身の趣味や好きなことを書けばいいのか。

はたまた自己PRになるようなエピソード、想いを書けばいいのかはっきりしないと思います。

ここでは自由記入欄の正しい書き方を紹介していきます。

具体的に正しい書き方とは何か?どんなことを書けば正しいのか?自由記入欄における、あなたの悩みを解決します。

読んだ後には、 自由記入欄の正しい書き方がわかるようになります。

また、どんなことを書けば面接を有利に進めることができるか解説していきますので、エントリーシートを通過するためのコツもつかむことができます。

企業が自由記入欄を設ける意図

企業は自由記入欄を設けることで、

・学生の人間性・その人らしさを知る ・自社の企業風土とマッチするか ・自社で活躍できるか

以上の3点を確かめようと考えています。

自由記入欄で、 周りとは違ったあなた自身の人間性・特徴を書くと採用担当者に興味を持ってもらいやすくなります。

企業がなぜ自由記入欄を設けているか、意図を考えて記入することが大切です。

自由記入欄を書く前にすること

自由記入欄を書く前にその企業のことを徹底的に調べましょう。

会社説明会、OB訪問でその企業の詳しい特徴や社風を知っておく必要もあります。

具体的にあなたが、その会社に入社したイメージを思い浮かべることで書く内容も異なってきます。

いくら自由とはいえ、就活から外れたことを書きすぎてしまうと、採用担当者もあなたに興味を示さなくなります。

自由記入欄はあくまで、自己PRの場でもあると捉えてください。

具体的には下記の3つをしておくとおすすめです。

・その企業で働いている人に話を聞く ・会社説明会へ訪れる ・OB訪問を行う

これらをしておくことで、あなたが会社へどんなことを伝えれば良いのかがわかるようになります。

以上のように、自由記入欄を書く前にすることを理解し準備しておくことで、面接やエントリーシートで焦ることはありません。

自由記入欄に書くおすすめ内容と例文

自由記入欄に書く内容として「キャリアプランを書く」ことをおすすめします。

キャリアプランとは、 あなたがその会社に入ってどのような思い・環境で仕事をしたいのか、どんな業務に携わりたいのかを明確に提示することです。

キャリアプランは、 志望する企業に入った前提で説明しましょう。

企業分析をきちんとしていることのアピールにもなるので一石二鳥です。

また、キャリアプランを明確に説明できる学生は就職意欲が高い学生として高評価につながります。

【IT企業への入社を考えている場合の自由記入欄例】 私はS社のECサービスをゆくゆくは担当したいと考えています。

私はファッションを扱ったECサイトを運営する会社でのインターン経験があり、他の学生よりもノウハウを持っており、1年目から即戦力で貢献できると自負しております。

また、3年目の間までに役職につき、リーダーとしてマネジメントできるような存在を目指しております。

そのためには、まず1年目で新人賞を獲得し社内での私の認知を高めます。

新卒の間に社内での立ち回りやルールを徐々に体へと覚えさせていきます。

2年目時点では新卒の教育も先頭に立って行います。

役職や上に立つポジンションでは「マネジメント能力が必要不可欠」とも考えているので、私が担当についた新卒は新人賞を受賞してもらえるような存在へと育て上げます。

3年目では、役職&新規事業の立案を行い、事業化までしていきます。

御社にとって欠かせない人材になると同時に、戦力としても十分な活躍を約束します。

その会社でのキャリアプランをより明確にすることで、企業の採用担当者は「就活に真剣に取り組んでいる」と判断することが多いです。

自由記入欄を活かして、企業へとアピールしましょう。

自由記入欄で注意すべき3つのポイント

自由記入欄は、言葉の通り自由です。

絵を書いたりしても構いません。

しかし、 一般的な企業では絵を描く、色を使うことはおすすめできません。

通常、絵や色を使用した、独創性の高い自由記入は好まれません。

ただし、デザイン会社などデザイン性を重視している会社、自由な雰囲気を売りにしている会社であればむしろ高評価を得られる場合もあります。

大切なのは企業がどうして自由記入欄を設けているのか、本当に知りたいことは何かを見極めて、企業の社風に合わせて記入することです。

自由記入欄で注意すべきことをまとめました。

・基本的に色、絵は使わない ・長文になりすぎてもNG ・文章は分かりやすくまとめる

上記3点を意識して自由記入欄を埋めてみてください。

自由記入欄は、 エントリーシートであなたをアピールする大切なポイントです。

その中で注意するべきポイントがわかっていないまま記入すると、何を伝えたいのか分からなくなってしまいます。

分かりやすく、まとまりある文章を意識することが大切です。

自由記入欄を生かしてアピール

エントリーシートの質問以外の部分でアピールができるチャンスなので、他の就活生とは違うポイントをアピールしてみましょう。

自由記述も何回も書くことでブラッシュアップされます。

トライアンドエラーを繰り返して、人事の目に留まる自由記述欄を作成しましょう。

おすすめの記事 エントリーシートで確認すべき5つのチェックリスト エントリーシートでよく聞かれる質問一覧 ESも書かずGDもせずWebテストも受けず本選考を進める裏ワザ5選!

この記事を友達におしえる!

LINEで送る ツイートする シェアする URLをコピーする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます